FC2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌ協会の機嫌を損ねたら、野田サトル先生の作家生命は終わる

中川裕著、アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ、集英社新書 国立スコットランド博物館所蔵、イザベラが持ち帰ったアイヌのマキリ

前記事:アイヌの伝統工芸なんて個人作家からのパクリ (2019/04/24)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1913.html



……誤解されたくないので、蛇足ながら前記事の補足を。
私は皆様に対し、金カムを読むなとは申しません。そんな権限もない。
単に、エンターテイメントとして楽しんでいらっしゃるだけなのですし。

ただ、アイヌ聖地巡礼や、協会が主催するイベントには、
出向かない方が賢明かと。犯罪組織とは関わらないのが一番です。

 アイヌ聖地巡り、行っても良いけど食中毒に注意して! (2018/10/19)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1845.html



野田先生は完全に取り込まれてしまったようですが、
作品自体を違法性には問えない。日本は法治国家ですからね。

善意から、これだけの宣伝をして下さる作家先生です。
アイヌ協会側も、滅多な扱いはしないでしょう。



***



以前にいらしたんですが、 文化人類学者の河野本道先生。
近隣の図書館を駆けずり回って、やっと一冊、著書を見付けました。
アイヌと、シベリア少数民の生活用具を比較研究した内容でしたけれど。

河野先生が、どれだけアイヌを愛して下さっていたか。
伝わって来るんです。有り難くて、涙が零れて来ました。

そんな先生を、アイヌ協会は裏切ったんです。
人権商売の邪魔になる人間は、誰でも差別主義者ですから。


※抜粋
 河野本道は、昭和58年から平成5年までアイヌ協会(当時はウタリ協会)で『アイヌ史』の編集委員を務めていた。これには私の姉のチニタも関わっていた。しかし、『アイヌ史』の編集作業に際し、原稿をまったく入れないどころか、協会に都合の悪い記述の訂正ばかり求めるアイヌ協会の体質に苦労しながらも、客観的な編集姿勢を貫かれた。
 それを気に入らなかったアイヌ協会は、彼に『アイヌ史』の編集作業を一任しながらも、出版されるや、アイヌ差別であると、河野に対してなんと損害賠償請求を起こしたのだ。
※砂澤陣著、「北海道が危ない!」p71-72/育鵬社2016.09



一度関わってしまった以上、野田先生は協会に逆らわない方が安全です。
打ち切りなんてことになったら、ファンの皆様にとっても悲しいでしょうし。

ヘタに動けば、作家生命を絶たれますよ。
失礼ながら、人権ヤクザの攻勢に堪えられるとも思えない。


それに、私が好む人類学の本も、軒並み、
アイヌ先住民族信仰に毒されていますしね(^▽^;

一部の保守活動家の間では、
国立科学博物館の篠田謙一先生に対し、
不可思議な信仰が生まれているようですが。

「アイヌの先住性を否定する研究をする国士ダー!」、とか?


思いっっっ切り、信じていらっしゃいますけど???(゜。゜;
「先住民族アイヌ」と云うフィクションを。

年代から言っても、教科書的に日本国憲法を信じていますしね。
あの世代は仕方ないんです。真面目な優等生ほどそうなってしまう。



科学者は、科学者の仕事さえ
きっちりやってくれれば、文句はありません。

何処にも違法性はないのですし。

イデオローグと学問、あるいはエンターテイメントは、
別の基準で語られるべきものでしょう。




2019/04/28  不破 慈(曾祖母はアイヌ)   ※タイトル変更、5/20

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


違法性云々の判断に関し、解り易い事例を。
今年2月に、CITY HUNTERの劇場版最新作が公開されました。
そこに、「御国真司」と云う武器商人が登場します。

コレ、私達を皮肉っているんですよ。「御国信じ」って。
左巻きからすれば、我々保守活動家など、戦前回帰のカルト信者ですから。

しかし、この手法は「アリ」なんです。
スタッフはきちんと、創作のルールを守っています。


以前のTVアニメ版では、「3」において、
オウム真理教・サブリミナル事件を起こしました。
コレは絶対にやってはいけない事です。ルール違反です。

勿論、この一件はアニメ製作側(あるいは局)が起こした問題であって、
原作者の北条司先生には関係のない話です。 ※政治思想は存じませんが

関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/04/28 16:33 ] アイヌ問題 -2.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)
勉強になります。
はじめまして。生々しいコンテンツ拝見し、勉強になりますし、感動しました。新法と協会の問題は、胡散臭いと思い、調べておりましたところ、ふわふわさんのサイトに行き当たりました。少しづつですが、勉強していきたいと思います。友人の歴史好きと一緒に、史料、史実に、少しでも多く触れたいと思います。また、身近なところの口コミでも、この問題については語りたいと思います。河野本道先生が、北の縄文論に関する疑問を語られる動画も、最近拝見したところです。いずれにしても、嘘は良くないですね。お天道様は見ておりますので、生かされている限りは、正直が一番です。史実に少しづつ近づくことが、最終的には、皆の幸せにつながると思います。御縁に感謝です。多忙につき休止中の拙ブログですが、再開しましたらリンクさせて頂きます。昨日、トップページから入り、署名もさせて頂きました。ありがとうございます。これからも色付きの文字宜しくお願い致します。
[ 2020/07/31 08:30 ] [ 編集 ]
Re: 勉強になります。
田中 宏 様

はじめまして。丁寧なコメントをありがとうございます。
署名にも参加して頂けたとのこと、重ね重ね御礼申し上げます。

ブログも先程、拝見しました。とっても綺麗ですね。
トップ画像には溜息が出ました。田中様の撮影でしょうか?
野の花や自然を愛でる、お優しい人柄が伝わって参ります。


やはり新法の成立を切欠に、協会に疑問を抱く方が増えて来たんですね。
ただ、ご無理はなされませんようお願い申し上げます。
「アイヌ警察」とやらに目を付けられると厄介です。

河野先生にしても、あれだけアイヌを愛して下さった方なのに、
協会は裏切りましたから。彼等にとっては、自分達の
ビジネスの邪魔になれば、全員「レイシスト」です。


和人とアイヌの歴史は、協会が語るものとは程遠いです。

どころか彼等は、縄文時代を通り越し、
旧石器時代からの列島史を捩じ曲げようとしています。

私は先史時代(自然人類学の範疇)の方が好きなので、
内容は偏るかと思いますが。今後とも宜しくお願いします。

[ 2020/07/31 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[1]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[4]


ブログランキング・にほんブログ村へ


 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。