fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

ヴィーガン女性は注意! ~鉄不足だと有害金属を吸収しやすい

鉄不足だと有害金属を吸収しやすい


  ここ数日、ネットでは、完全菜食主義者が陥りやすい
  「ビタミンB12(コバラミン)欠乏症」についての情報が出回っておりますが。
  その関連で、鉄不足が招く貧血と、有害金属の吸収について解説させて頂きます。



先ずは貧血
過激なダイエットにチャレンジしていなくても、
女性は全般に陥りやすいですね。月のバイオリズムがありますから。
そして、それを解消しようと、サプリメント等で補おうとするワケですが、
鉄だけいくら補給しても、タンパク質が不足していれば意味がないんです。


赤血球中のヘモグロビンは、
ヘム鉄と云う鉄分と、グロビンと云うタンパク質から作られます。

そして、この「ヘム鉄」は、動物性食品から得られます。
一方、植物性の食品から得られるのは、「非ヘム鉄」。

非ヘム鉄であっても、段階を経ることで、
ヘム鉄として利用できる状態になりますが、
そもそも、吸収率がヘム鉄の4分の1以下です。



次、有害金属の吸収。
上の説明から、人体がどれほど鉄を欲しているか解ると思いますが。
鉄不足だと、それだけ他の金属(ミネラル)が吸収されやすくなります。

マンガンやカドミウムがそれです。
鉄だけでなく、亜鉛不足も同時に関係しているのですけれど。

イタイイタイ病の原因となったカドミウム。煙草の煙にも含まれますが、
日常の食品から摂取するケースが圧倒的。生物の体内に蓄積されています。
畜産物だろうが農産物だろうが、そこは一緒。 むしろ海産物に少ない。


そして、マンガン
人体に必須で、血糖値のコントロールにも欠かせませんが、
一方で、過剰は暴力を引き起こします。鉄不足だと陥りやすい。

怖いのは、お腹の赤ちゃんにまで影響が出ることです。
子宮でどれだけマンガンに曝露されたかは、歯を調べれば判ります。
生まれた時はまだ生えていなくても、ちゃんと準備されていますからね。
胎児期にマンガンレベルが高いと、将来、反社会的行動に走りやすくなる。


何よりも、母乳の原料って、お母さんの血液なんですよ。
乳腺で漉されて赤血球は取り除かれますが、白血球は含まれていて。
つまり、赤ちゃんは生まれてからもお母さんの免疫で護られているワケです。

単純に栄養を貰っているだけじゃない。でも肝心のお母さんが貧血だったら???



赤ちゃんやお母さんの害になる食事法を、
「環境に良いから」と奨められても、納得できません。

「地球に優しい」って、何ですか???




2019/06/01  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/06/01 10:29 ] 保守活動 -2.医療(障害・疾患) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。