fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

反戦運動と反温暖化闘争

CO2女子を中心に盛り上がっていますね。
「二酸化炭素排出削減」と、若者のデモが。


一頃隆盛した、学生運動を思い出しました。
戦争反対と叫び、火炎瓶を投げていた人達。




香港の学生運動を見て、勘違いした感もありますよね。
香港の人々は、生命の危険に曝されて立ち上がったのです。
それに対し、反温暖化闘争には中身がない。バブルみたいですよ。
主張の土台としている「科学的事実」とやらに、根拠がないんですから。

中世温暖期はグリーンランドで農耕が行われた (2019/09/25)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1956.html



学校にも行かず、就職活動も放棄して、連日のように騒ぐのみ。
お子さんがいる方も紛れているでしょうが。何せ、掲げたテーマが
子どもや孫の世代、すべての地球上の生物のために闘います」、ですから。

とは言え、彼等は敗北します。かつての「学生運動の闘士達」と同じように。
蛇蝎の如く忌み嫌ってきた、CO2排出企業に就職し、生活費を稼ぎ。
「How Dare You!」と罵ってきた行政府に、頭を垂れる。


ああ、国連で暴言を吐いた女の子は大丈夫だと思いますよ。
彼女は「聖女」として、彼の信仰の中で生き続けるでしょう。

篤信教徒に支えられてね(^^)
要求すれば、冷暖房完備のヨットでも何でも用意して貰える。

どんなに無計画に行動しようとも、
必ず誰かが尻拭いをしてくれるのです。

問題行動も、社会性も是正されることはないでしょう。
知的障害域の子達でさえ、支援学校に通い社会適応を学ぶのに。



つまり、反温暖化闘争とは、宗教戦争なのです。
ヨーロピアンの伝統。彼等の歴史自体は尊重しますが、
彼等は同時に、近代科学をも生み出した人々である筈です。

実際、「科学的な思考」を以って、「教義」に抗する人々がいる。
それこそが「文明的」であり、前近代的な妄信とは全く違います。

……大気中に0.04%(400ppm)しか存在しない二酸化炭素を槍玉に上げ、
「CO2が2倍になれば、地球の気温も2度上昇する~!」と、半狂乱。



視えない悪魔(CO2)に恐れ戦き、
それを企業や政府で働く大人達(実態)に投影し。

自分達(子供)は神の使徒であると錯覚する。
子羊達は、いつ夢から醒めるのでしょう?




2019/12/8  不破 慈(曾祖母はアイヌ)  ※アップ翌日、一箇所訂正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

あの母娘を見ていると、「代理ミュンヒハウゼン症候群」を想起します。
勿論、身体的な危害は加えられていませんが。共依存がベースにある。
時系列としては、流石にお嬢さんが先に言い出したのでしょうけれど。

  母 「娘は二酸化炭素が視える!」
  娘 「私は二酸化炭素が視える!」

※二酸化炭素が視えるといった障害特性は存在しません。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/12/08 12:48 ] 保守活動 -4.原発・温暖化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。