fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

パンデミックじゃなくて、インフォデミック

現在、日本で起きているのは、
パンデミック(疫病の流行・蔓延)ではなく
インフォデミック(流言拡散による恐怖伝染)




インフォデミック(infodemic)っていう言葉があるんですか。
上手い造語ですね。「information + pandemic(or)epidemic」。

似たような解説なら、以前、拙宅にもアップしましたが。
平たく言えば、「パンデミックよりパニックが怖い」、です。

 心理学にも「感染」と云う概念がある (2020/02/22)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2005.html



不安商売は金(あるいはアクセス)に繋がりますからね。
ゴミに踊らされるようでは、そいつの知性もゴミってことですが。

ネットのデマやメディアのフェイクニュースに飛び付く前に、数字を見ましょう。
各国の感染者&死者数なら、厚労省の頁に毎日アップされていますよ。

日本は初動でミスをしたワリに、善戦しています。
とてもとても。パンデミックなどと呼べる値ではない。

欧州はパンデミックと呼んで差し支えないと思いますが。
先ずは、手を洗う習慣を身に付けて頂きたい。衛生観念が低過ぎる。

 ※厚労省の頁 ⇒ 報道発表一覧(新型コロナウイルス)厚生労働省
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html




前記事で、「女性の発症or重症化の率が低い」って話をしましたね。
コレは女性の免疫力が、男性のそれより強いからなのですが。
子供を10ヶ月、お腹の中で守り育てるためと言われます。

とどのつまり、最終的にウイルスに勝てるか否かは、個人の免疫力。
抗生物質と違い、抗ウイルス薬はウイルスを殺せません。生命じゃないし。
抗ウイルス薬はあくまで、患者の免疫系をサポート・後押しするものです。


拙宅にも免疫関連でいくつか記事をアップしましたが、
良いサイトがありますよ。分子整合栄養医学です。
全国2600の医療機関で実施されています。

 オーソモレキュラー栄養医学研究所  https://www.orthomolecular.jp/



ナビタスクリニックに電話して、5分3000円取られるより、
HPに公開されている無料情報を参考に、食事改善しては如何?




2020/03/27  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

イラク戦争時の大義名分「大量破壊兵器」も、生物兵器を指していました。
SARS1でも「兵器」と出回ったんです。先ずはそちらを立証して頂きたい。
※生物兵器説を和らげ、目先を変えたものが人為的ウイルス説
関連記事

[タグ未指定]
[ 2020/03/27 13:03 ] 保守活動 -3.医療(コロナ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。