fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

不倫叩きは返品騒動 ~タレントは自分が商品

タレントは自分自身が商品
カメラのない普段の素行まで管理できてプロ。


……スキャンダルで売る手法もあるけれど。




河井前法相夫妻が逮捕されましたねぇ。
まぁ規定路線だし、特に感想もありません。
黒川さんが消えた以上、当然の流れです。

さて、前記事からの流れでチョロッと書きます。
※体調が思わしくないので、軽いネタを扱っています。



メディアもSNSも相変わらず、不倫騒動で沸き返っており、
「下世話な話に首を突っ込むな」との良識派の声も聞こえます。

その通りですね。言ってしまえば、「下の話」ですし。
白昼堂々、特集を組んで、お茶の間に垂れ流すネタではない
公共の電波は、返品できないから困ります。ウチにはTVないけど(←)
※つまり観なければ良い。もしくはスポンサーに電凸。


でも私。一つだけ、どうしても気になることがあって。


あの人達、「自分が商品」って理解している?
何でご飯を食べているか、ちゃんと判ってる?




芸術家や小説家・漫画家だったら、作品で勝負するでしょう。
芸能人でも、余人に代え難い演技力や歌唱力があれば、
私生活がどうあれ、「芸と能」を評価されます。

逆に、破天荒な人生が昇華され、観客の目に魅力として映ったり。


でも昨今、世間を賑わしているのって、そういうランクの人達じゃない。


なんとな~くの好印象(イメージ)で売っている筈が、
そのイメージすら守れない。
 ……スポンサー、大迷惑(^▽^;



一昔前なら、「芸の肥やし」ってことで、多少のことは流して貰えました。

でも、それって言い換えれば、「汚れポジション」だからですよ。
一段下に見られているの。だから「芸人風情が」って言葉がある。
「見世物として生きる」ってそういうこと。古くは「河原者」と呼んだけど。


でも、時代は変わったんです。芸能人も政治について発言する。
娯楽が「お茶の間」という生活空間に届けられ、境界が薄まった。
ファミリー受けを狙ったり、家にいる主婦層がターゲットだったり?

さわやか系だの清純派だの、高学歴だの美食だの、おしどり夫婦だの。
知性や品性、教養でアピールするなら、「芸人風情」は通用しませんね。

それでも、「不倫は文化です(キリッ)」って返す人はいるけど(笑)



リアルの昼ドラ、どろどろ展開が受けているのか、
不倫ネタは視聴率が取れるし、頭を使わずに済むから参加しやすい。
スケープゴーティング的な鬱憤晴らしに利用されている面は強いです。

しかしながら、ある種の「返品騒動」の側面もあると思います。




2020/06/19  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

キャラクターで売るなら、キャラクターを死守しなきゃ。商品だもの。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2020/06/19 13:25 ] 保守活動 -8.民間・芸能界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。