FC2ブログ

二番目の山羊 ~現在、ツイッターはやっていません

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌのテーマパーク「ウポポイ」、修学旅行反対の声

延期になっていたウポポイ開業
保護者から修学旅行反対の声も



※但書として、「画像使いたい方は引用で使って下さい」とありました。




及ばずながら、拡散に協力させて頂きます(_ _)

さて、コロナ禍で延期されていたアイヌのテーマパーク、
「ウポポイ」が、ついに7月12日(日)、オープンします。


勿論、私は老若男女問わず、行って欲しくない立場の子孫です。
アイヌ協会には、以前から食中毒被害の問題とかがあって。
行政からは何の処分もナシです。被害者は泣き寝入り。

とは云え、どうしても行きたい人を止める術はないですけどね。

 アイヌ聖地巡り、行っても良いけど食中毒に注意 (2018/10/19)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1845.html




過去記事(上記リンク先)にも書きましたが、
漫画のヒットで、アイヌ関連施設を訪れる方が増えています。

繰り返しになりますが、私は子孫として、オススメしません


「日本の先住民族アイヌ」とやらは、昭和初期の観光ブームに際して
整備されたもので、実在した部族社会とは既に別物なんだし。

個人の作品を盗作して、捏造された「伝統文化」ですしね。

 アイヌの伝統工芸なんて個人作家からのパクリ (2019/04/24)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1913.html
 実在の部族社会をモデルに創作されたフィクション (2019/02/15)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1879.html




そして何より、食中毒を始めとした実害が出ている。
アイヌ協会が隠蔽したレイプ事件の話だって出ていますよ。

「授業料と思って諦めなさい」と言えるほど、私は鬼じゃない。


漫画やアニメを楽しむ分には、皆様の身体に危険は及びません。
原作者の手許にあるのが、ほぼ捏造資料なのは頭が痛いですけど。

勿論、野田サトル先生は、そんなことまでご存知ないでしょう。
真面目に勉強するほど、プロパガンダ作品と化す無限ループ。



好きな作品を、裏で利用する人間がいるのは辛いと思います。
私も二次ファンですから。作品を楽しみたい気持ちは解ります。

ですので、リスクの高いアイヌ聖地巡りは避けて、
ファン同士の交流に焦点を絞って頂けたらと思います。

ウポポイでお金を落とすくらいなら、コミケで弾けて下さい。
好きな同人作家さんを応援することにも繋がりますしね(^^)




2020/06/28  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

余談ですけど、私のpixivアカウントページ。 ※ID:5770560
ブログリンクには砂澤陣さんのツイートを集めた記事を指定しています。
勘違いしてか突撃して来るファンが増え、試しに貼ったら静かになりました。
効果はあったみたい。勿論、協力して下さる皆様のお陰でもあります(_ _)

 砂澤陣さんのツイから「金カムないない」を借りて… (2018/12/13)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html
関連記事

[タグ未指定]
[ 2020/06/28 14:47 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(2)
ウポポイへの疑念
最近記事を拝見させていただいて今回初めてコメント書かせていただきます。
私は道民で数年前から学校教育でアイヌ教育が以前とは違うものになってきた事へ疑問を持っていました。決してアイヌの文化そのものは否定の立場でなくむしろ昔読んだアイヌの神話などはとても好きで神秘的な憧れを抱いていたほうです。ですが、子供が学校通うようになりアイヌ教育にあてる授業時間が自分のときよりも多く、校外学習だけでなく修学旅行など過剰なまでの教育に違和感を感じておりました。と同時に道内の報道も特集を多く目にするようになりウポポイの建設。普通道内にいる人はアイヌである事かどうかにはこだわりはほぼないと思うのになんだか商業的になってきたあたりで自分が思っていた憧れとかそう言うのがなんだか思っていたものと違ってきている気がしておりました。ここで目にした記事でやっとそのもやもやがわかってきました。ありがとうございます。
[ 2020/06/29 08:20 ] [ 編集 ]
Re: ウポポイへの疑念
ナミト様、はじめまして。
丁寧なコメントをありがとうございます。

道民の方なのですね。私はアイヌ系の子孫ではありますが、
北海道を全く知りません。父は近付けたくなかったようです。
当然ですよね。可愛い娘がおかしな組織に絡め取られたら困ります。

そういう経緯もあってか、無関係な人を現代アイヌに関わらせたくない。
金カムファンにしても、危険の及ばない範囲で楽しんで貰いたいのですが。



>決してアイヌの文化そのものは否定の立場でなく
>むしろ昔読んだアイヌの神話などはとても好きで神秘的な憧れを

有り難いお言葉、とても嬉しいです。
そうやって楽しんで頂けたら、それで充分なんですけれど。
と言いますか、大半の道民、否、国民の殆どがその感覚と思うんです。
日本の地域文化の一つとして親しみを持つ、それで何も問題はないのに。


>子供が学校通うようになり
>アイヌ教育にあてる授業時間が自分のときよりも多く

学校に通う年齢のお子様がいらっしゃるのですね。
それは気が気ではないでしょう。学校に訪問して授業をする
アイヌ協会員までいるそうですし。子供に嘘を教えないで欲しい。


>普通道内にいる人はアイヌである事かどうかにはこだわりはほぼないと

そうですよね、同じ道民に過ぎないのに。混血が進んだのがその証拠ですよ。
差別してないから結婚して貰えたんです。協会の主張には矛盾があります。
ちなみに江戸時代から結婚する人はいました。一気に進んだのが明治以降。

北海道ではどうか知りませんが、私が生まれ育った横浜(関東地域)では、
「旧土人保護法で和人との婚姻を強制された」なんて教えていましたよ。
学校で、教壇に立つ先生が、です。彼等も嘘を教わったのでしょうが。


昭和初期の旅行ブームで、
観光用に整備されたアイヌをどうこう言う気はないんです。
ジャパンバッシングとは無関係のものだし、当時は産業が欲しかった。
今の恵まれた時代に生きる私達がどうこう言えることではないし。

でも、今や完全に人権ビジネス用の商品ですよ。堕ちたものです。


何やら、ナミト様への返信に、愚痴を書き込んでいる気もしますが。
拙宅の記事が少しはお役に立てているのだと思うと、嬉しいです。
元々がアイヌ問題のブログではなかったので、脱線も多いですが。
今後とも、宜しくお願い致します。コメント有難う御座いました。

[ 2020/06/29 10:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[1]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[3]


ブログランキング・にほんブログ村へ


 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。