fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌは、アイヌとして成立する500年前から天皇の臣下

持統天皇十(西暦696)年、
渡嶋蝦夷と粛慎に賜物
  ※錦・絹・斧など



  今年は梅雨が長引いたお蔭で、もう一本、記事をご用意できました。
  今後はコメントを頂いても返信が遅れるかと思います。ご了承下さい。



さて、「渡嶋蝦夷」と目にすれば、道南西部の
渡島(おしま)半島を思い浮かべる方が多いでしょう。

ただ、読みは「渡嶋(わたりのしま)蝦夷」です。
単純に北海道というよりも、津軽半島北部~海峡付近
勢力を持っていた一派と考えられます。 ※半島南部には津軽蝦夷

そして、粛慎
「あしはせ」「みしはせ」「しゅくしん」等と呼ばれますが、
5~6世紀頃から南下して来た、オホーツク文化人の一派です。


保守系で、アイヌ問題に取り組んでいる方ならば、
斉明天皇六(660)年、阿倍比羅夫が渡嶋蝦夷と共に、
この粛慎を討ったこと、ご存知でしょう。

ところが、話はそこで終わりではないのです。
既に冒頭に書き出しましたが、持統天皇の御世に、
渡嶋蝦夷と粛慎の双方が、揃って朝貢に参じています。


そもそも、660年の戦闘においても、
当初は交易を志向していたようです。もう少し言えば、
当時は古墳寒冷期で、それにより北方から南下する人々がいた。
それが「粛慎」と呼ばれたオホーツク文化人なのですね。

同じように、北海道から本州へと南下する人々もおり、
阿倍比羅夫が水軍を率いて北上した理由には、
その混乱への対応の意もあった模様。

ただ粛慎とは言葉も通じず、文化的にも隔たりがあり、
コミュニケーションが上手く取れなかったようです。

それで不幸にも戦闘が開始されてしまったワケですが。
渡嶋蝦夷にしろ、粛慎にしろ。交易で折り合えるなら、それが良い。
30年の間に、打開策が講じられ、事態は大幅に改善されました。


北海道にアイヌ文化が成立するのは、13世紀に入ってからですが。
その500年以上前から、我々の父祖は天皇の臣下だったのです。



2020/08/01  不破 慈(曾祖母はアイヌ)   ※末尾リンク差換え、8/23

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

アイヌの祖先と和人の混交、古墳時代からと推定 (2018/12/06)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1859.html
関連記事

[タグ未指定]
[ 2020/08/01 13:45 ] アイヌ問題 -4.人類学、DNA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。