fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌ遺骨問題 ~フロイトを持ち出して人格功撃する手法にご用心

名古屋大学のアイヌ御用学者
東村岳史(ひがしむらたけし)




ツイッターに外からお邪魔していたら、
necoski_necoskiさんが面白い論文を紹介していらして。
https://twitter.com/NecoskiN/status/1325085088468463616
 ↓↓↓

アイヌの頭蓋骨写真報道が意味するもの
―過去の「露頭」の発見と発掘― 東村岳史

https://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/bpub/research/public/forum/43/01.pdf



ざっと経歴を見たところ、アイヌ協会の御用学者ですね。
名古屋大学のHPから。公開情報なので問題ないでしょう。

東村 岳史(ひがしむら たけし)
1963年7月生/国際開発研究科准教授/学術修士
最終学歴:名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程 (1995)
専門分野:歴史社会学
研究課題:近代日本におけるアイヌ民族と 「日本人」 の関係変遷
     日本型オリエンタリズムと植民地主義/国際労働力移動(移民)
所属学会:日本文化人類学会/日本社会学会/日本解放社会学会

主要著書・論文
2010:「アイヌの写真を撮る/見るまなざし――1950-70年代前半の写真雑誌と掛川源一郎」『国際開発研究フォーラム』39:19-39
2007:「呼称から考える『アイヌ民族』と『日本人』の関係――名付けることと名乗ること」『国際開発研究フォーラム』34:87-101
2006:『戦後期アイヌ民族-和人関係史序説――1940年代後半から1960年代後半まで』三元社
2005:「『危機言語』調査をめぐる『危機』認識と表象――『千島アイヌ語絶滅の報告』に関する考察補遺」『社会言語学』5:1-12
2004:「『千島アイヌ語絶滅の報告』の背景と文脈――ある『危機言語』をめぐる調査者―被調査者関係」『社会言語学』4:1-9
2004:「『現代のアイヌ』における『現代』の位相――1960年代のルポルタージュ作品に描かれたアイヌ社会と日本社会」『解放社会学研究』18:102-128
2002:「現代における『アイヌ文化』表象―『文化振興』と『共生』の陰」好井裕明・山田富秋編『実践のフィールドワーク』:228-250、せりか書房
2002:「戦後におけるアイヌの『熊祭り』――1940年代後半―1960年代後半の新聞記事分析を中心に」『解放社会学研究』16:110-139
2001:「『アイヌ文化』の『フォーマット化』」『国際開発研究フォーラム』18:113-123
2001:「『文化財』としての『アイヌ古式舞踊』」『解放社会学研究』15:98-118
2000:「『状況としての「アイヌ」』の思想と意義――『アヌタリアイヌ』による<アイヌ>表象の問い直し」『解放社会学研究』14:39-75
1999:「<道民性>言説の論理構造――『進取の気象』・『自然』・『開拓精神』」『国際開発研究フォーラム』14:21-38
https://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/global/faculty/members/dicos/higashimura.html




本題に入りますが、論文を見て爆笑しました。
頭蓋骨に対するフェティシズム」とか(笑)


フロイトの精神分析的な手法を持ち出して、
性癖の話に摩り替える学者を信用しないように。





尚、右派・左派の論争だと勘違いされたくないので言及しておきますが、
三橋経済新聞(メルマガ)に掲載された、適菜収氏と東田剛氏の対談記事。
フロイトの学説を持ち出した、非常に猥褻な表現が用いられています。

※一部抜粋
東田◎男性化しているなら、「女性の活用」にならないし。フロイト的な話でいうと、「岩盤規制をドリルで穴を開ける」といった場合、岩盤というのは胎盤だし、ドリルはどう考えても男性のシンボルなんだよね。
適菜■そこに権力に対する安倍の妄執のようなものが見出せると。今度、『日本をダメにしたB層用語辞典』 http://amzn.to/VqZVqq というB層用語の説明とバカ画像をたくさん載せた新刊を出すんだけど、そこに「ドリル」という項目を立てて、「岩盤を破壊する安倍晋三のポコチン」と定義しておいた。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1142.html#more




右派・左派に関係なく、性癖の話に論点を摩り替え、
個々人の内面へのレッテル貼り、人格功撃、印象操作。


その「嗜癖行為」に、嫌悪感を覚えます。




2020/11/09  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

前記事の補足をさせて頂きますと、沖縄にしろアイヌにしろ。
遺骨の「不当な持ち出し」がゼロだったと言っているのではなく。
そこに「先住民族」を絡めて来ることで、「政治運動だ」と思うんです
関連記事

[タグ未指定]
[ 2020/11/09 13:34 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。