fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

和人とアイヌ、江戸時代からフツーに結婚 ~津軽・下北

北海道のことばかり語られますが、
本州の北端にも、アイヌはいました。


江戸時代にだって、フツ~に
和人と結婚する人がいたんですよ?





図書館に返してしまったので、
表紙写真を用意できなかったのですが、
山川出版社の「青森県の歴史(県史2)」からです。


※抜粋(漢数字⇒アラビア数字)
 18世紀以降、アイヌ民族居住地に和人が急速に増加し、彼らが居住するようになると、アイヌの居住空間はせばまり、和人との同化が加速した。弘前藩では宝暦6(1756)年に宇田村から大川平村にかけてのアイヌ民族を強制的に和人の人別帳に入れて、さらに文化6(1809)年にも和人への同化を進めた。しかし、彼らの独自の文化は北奥でも人々の間で受容され、安政4(1857)年頃の下北半島を記した記録には、大畑の民衆がアイヌの衣料のアツシを着用していることを記している。すでに天明8(1788)年の『奥民図彙』にも宇鉄・三厩の漁民たちがアイヌ文様で飾られた着物を着用していることを記し、下北・津軽両半島に居住する和人たちは、アイヌ文化を日常的にうけとめていたようだ。
※青森県の歴史(県史2) p220~221より引用
 山川出版社 2002.2.25 第一版 2021.11.30 第二版
 長谷川成一 打越潔 小口雅史 斉藤利男 小岩信竹





……「強制的に和人の人別帳に入れて」と読むと、
さも酷いことをされたかのように思う人がいるでしょうが、
コレは行政としては当然のことです。

この人別帳(にんべつちょう)とは、今でいう住民票みたいなもの。
人が住んでいるのに、管理も何もせず放っておくことは出来ないでしょ?

実際、飢饉に際して、領主側は「施行小屋(せぎょうごや)」を
設置するなどして救済措置をとったそうですが、領内の人間でなければ
「人返し」が原則。その行政サービスを受けることは出来なかったんです。


そして、この人別帳に組み入れられた時に、弘前藩では、
領民(和人)とアイヌの婚姻が、正式に認められるようになりました。

大規模に混住し、結婚して子供が生まれる夫婦だっているのに、
「アイヌだから」との理由で扱いを変えたら、それこそ「差別」では?



差別していたら結婚はしないし、
馬鹿にしていたらアツシだって着ません。

そういう人達が、明治時代になってから、
急に北海道を侵略し、アイヌを虐殺したと言うの?




2021/04/01  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

女性はとくに、和人男性に嫁ぎたがったと聞きます。
妊娠・出産の負荷を考えれば道理。落ち着いて定住したい。
狩猟メイン⇒農耕メインへの社会構造の転換とは、そういうもの。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2021/04/01 11:51 ] アイヌ利権問題 -3.東北・蝦夷(母方) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。