fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

オホーツク文化人は弥生顔

5世紀頃から日本列島に
南下を始めたオホーツク文化人


寒冷地適応をした典型的な北東アジア人で、
俗に「弥生顔」と呼ばれる平たい顔でした。




……未だに、「アイヌには白人の血が入っている」、
「オホーツク文化人は白人」「青い目はオホーツク文化人由来」と
勘違いする言論人がいるので、(蛇足的ながら)書いておきますね(^^)



過去記事にアップした画像ですが、現在、
オホーツク文化人の血を最も受け継いでいるのが、
日本列島の北、極東シベリア地域に住む先住民です。

シベリア諸民族、ウデヘ人猟師 ナナイ人、装束はウデヘ人と同じ ←クリックで拡大(2枚)

アイヌ:実際に縄文の血が濃いから日本人を騙せる (2019/03/02)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1889.html




……本来、大陸や半島を含め、北東アジア地域には、
こういった平たい顔をした人達が住んでいるんですよ。

日本列島も、例外ではなかった筈なんです。

ところが。日本列島では逆転現象が起きている。
沖縄や九州南部には、濃い顔をした人達が住んでいますが、
最北である筈の北海道や、本州の東北地方(特に北奥)にも、
彫りの深い、目鼻立ちのはっきりした人達が多く住んでいます。


どうして、こうなったかと云うと、日本では、
寒冷地適応した人々が、大陸や半島を南下して、
対馬ルートから多く流入して来たからなんですね。

樺太や千島を経由して、北海道にも流入しましたが、
規模としては小さかった。それがオホーツク文化人です。




……ただですね、考古学資料を当たっていると、
オホーツク文化人は鼻が高い」と書かれています。

それで、「白人だ」と勘違いする活動家が後を絶たないのでしょう。


形態学の世界で、「鼻が高い」とは、
一般でいう、「鼻が長い」を意味します。


「顔が長い(面長)」と一緒ですよ。
形態学では、「顔が高い(高顔)」と表現します。




つまり、全てを地面に立った時の垂直方向で考えるんですね。
そう言えば、身長だって、長さなのに「高い」と表現しますよね。




2021/09/29  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

現在、ウラル以東の広大なシベリアはロシア領ですが。
ロシアが侵攻して来たのは、16世紀末ぐらいからです。
そこから植民地化が始まり、17世紀には清国と勢力争い。
最終的に、今の国境に落ち着いたのは、1860年の北京条約。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2021/09/29 11:53 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。