fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

英国の王位継承者は5000人 ~女系継承を認めた渾沌

現在イギリスの
王位継承者は約5000人もいます。
その中には他国の王も含まれます。


主な継承者とその順位の例として、ノルウェー国王ハーラル5世は第68位、プロイセン王家家長ゲオルク・フリードリヒ・フェルディナントは第170位、スウェーデン国王カール16世グスタフは第192位、デンマーク女王マルグレーテ2世は第221位、ギリシャ王妃アンナ=マリアは第235位、ギリシャ国王コンスタンティノス2世は第422位、オランダ前女王ベアトリクスは第812位、オランダ国王ウィレム=アレクサンダーは第813位となっています。
※世界史で読み解く「天皇ブランド」p88-89より抜粋、宇山卓栄/悟空出版2019.09

宇山卓栄、世界史で読み解く天皇ブランド、悟空出版


つまりは、こんな感じです(↓)

 68位 ノルウェー国王ハーラル5世
170位 プロイセン王家家長ゲオルク・フリードリヒ・フェルディナント
192位 スウェーデン国王カール16世グスタフ
221位 デンマーク女王マルグレーテ2世
235位 ギリシャ王妃アンナ=マリア
422位 ギリシャ国王コンスタンティノス2世
812位 オランダ前女王ベアトリクス
813位 オランダ国王ウィレム=アレクサンダー



……何故、こういった事態になるかと云うと、
女系継承を認めたから。無限大に膨らんで行きます。


嫁いできた妃だけでなく、嫁いだ王女の子孫にも、
継承権を認めてしまうので。雑系になってしまうんです。




だから、海外のメディアで、以下の助言(?)が為される。
日本の元プリンセスの子孫にも、皇位継承権を認めるべきだ!

……ヨーロピアンの文化に口を挟むつもりはないですが。
私達日本人が、逐一、真に受ける必要はないと思うんです。



幸い、今月1日に成人された愛子内親王殿下と、
旧宮家のご子息との、ご縁談の話がありますよね。

それを女性宮家と呼ぶなら呼ぶで、私は気にしません。
実質の旧皇族復帰ですから。これ以上ない慶事です。

旧宮家に10代5人、20代前半2人の男系男子 (2019/10/27)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1967.html



2021/12/14  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

かつてはヨーロッパでも女系継承は認められていませんでした
ですから、オーストリア継承戦争(1740-1748)が起きたんです。
女帝」マリア・テレジア。ハプスブルク家最後の男系君主です。

以降は女系となり王朝交代、夫側との複合姓(二重姓)で、
ハプスブルク=ロートリンゲン家と呼ばれるようになります。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2021/12/14 15:01 ] 保守活動 -1.皇室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。