fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

皇籍復帰の男系男子の子に皇位継承権……内親王とのご縁談なので

皇籍復帰の男系男子の子供に皇位継承権?
議事録公開 
1/20(木) 20:50配信 産経新聞

衆参両院は20日、政府が安定的な皇位継承策について検討した結果を各党の代表者らに報告した18日の全体会議の議事録を公表した。会議では、養子縁組で皇籍復帰した旧宮家の男系男子の子が皇位継承資格を持つと政府が認めたように受け取れるやり取りがあった。

会議は非公開で行われた。議事録によると、立憲民主党の代表として出席した野田佳彦元首相が「養子になられた方がご結婚されたときに配偶者は皇室に入るのか、お子さまが生まれたら男系男子として皇位継承資格が生ずるのか」などと質問。内閣官房皇室典範改正準備室の大西証史室長が「そういうことでございます」と応じた。

政府有識者会議の報告書では、皇族数の確保が「喫緊の課題」と指摘し、具体策として①女性皇族が婚姻後も皇室に残る②旧宮家の男系男子が養子縁組などで皇籍復帰する-の2案を示した。養子縁組などで皇籍復帰した男系男子は「皇位継承資格を持たない」と明記したが、結婚した配偶者やその間に生まれた子の扱いには触れていなかった。

今回、議事録で、政府側の説明が男系男子の子が皇位継承資格を持つとの印象を与える表現になったことに関し、磯崎仁彦官房副長官は20日の記者会見で、「具体的な制度内容は、実際に制度が計られていく際に考えるべき事柄だ」と述べるにとどめた。ただ男性皇族と婚姻した配偶者および、その夫婦から生まれた子は皇族となるものである」という現行の皇室典範の規定も重ねて説明した。(千田恒弥)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8dc53b628219e77ed73bd799cb2ed348277519ce




……メディアは相変わらず、①と②の二択と思い込んでいる様子。
以下の二案は、組み合わせて使うものなんですけれど(↓)

 ①女性皇族が婚姻後も皇室に残る
 ②旧宮家の男系男子が養子縁組などで皇籍復帰する



旧宮家のご子息に、皇籍復帰して頂くでしょ?
女性皇族(内親王)と、ご結婚して頂くでしょ?


お二方の間に生まれた御子に、皇位継承権発生。


……何か、不自然な箇所があるかしら???



平たく言えば、愛子様や佳子様に、旧宮家のご子息とご結婚して頂き、
その御子さんに皇位継承権を認めて、継承者を確保しようとの考え。
※勿論、ご縁談がうまく纏まれば、との条件付きですが


女系と女帝の区別がつかない人は、「まどろっこしい」と思うでしょう。
単純に、「愛子様の御子さんに皇位継承権を認めれば良いじゃないか」と。

その遣り方だと、小室夫妻の御子さんにも、皇位継承権が発生するの。
女系継承を認めるって、そういうこと。実際、英王室はその遣り方です。


現在イギリスの王位継承者は約5000人もいます。その中には他国の王も含まれます。主な継承者とその順位の例として、ノルウェー国王ハーラル5世は第68位、プロイセン王家家長ゲオルク・フリードリヒ・フェルディナントは第170位、スウェーデン国王カール16世グスタフは第192位、デンマーク女王マルグレーテ2世は...
英国の王位継承者は5000人 ~女系継承を認めた渾沌 (2021/12/14)




2022/01/21  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

確信犯で誤情報を流しているのではなく、本気で解っていないんでしょう。
私がこんなこと書けるのは、倉山塾で会議の説明をしてくれたからだけど。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2022/01/21 14:08 ] 保守活動 -1.皇室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。