fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

植物性食品のアレルギー:サリチル酸不耐症

私はサリチル酸不耐症です。
サリチル酸とは、植物のホルモン
大半の植物性食品を除去せねばならず、
栄養の大部分を動物性食品に頼っています。




以前にもチョロッと書きましたが。
ビーガン食が広まって来たこともあり、改めてアップします。

冒頭に書き出した通り、サリチル酸とは植物のホルモンです。
野菜や果物、ナッツ類、ハーブにお茶・コーヒー。大半がNG。
※含有量に違いがあるので、少量なら食べられる野菜・果物もあります。

ただ、お米や小麦は、きちんと精米・製粉されていればOKです。
全粒粉は絶対ダメ。ふすまや胚芽にサリチル酸が含まれるので。


世間では、「白いお米はダメ、玄米を食べるべき!」、
「白い小麦は危険!」といった文言が流布しておりますが、
私にとっては、玄米や全粒粉こそ、危険で恐ろしい食べ物です。

その人の体質によって、何が危険で安全かは変わってしまいます。



一方、私とは逆に、動物性食品の徹底除去が必要な人もいます。
代表的な疾患としては、OTC欠損症が挙げられるでしょう。

アミノ酸を、肝臓で代謝する時に発生するアンモニアを、
上手に解毒できないんですよ。遺伝性の疾患です。
重い場合は、肝臓の移植まで必要になります。


アミノ酸の代謝ですから、タンパク質の除去が鍵となる。
先天的に、ビーガンやベジタリアンになるしかないんですね。
主義・主張は関係ないので、菜食療法の表現が適切でしょうか。

ですから、豊富なビーガンメニューが登場した時、
私は素直に喜びました。食事管理の大変さは知っています。
私は食べられませんが、OTC欠損症の人にとっては朗報です。



ただ、こんな私ですから、畜産業や精肉店で働く人が罵倒されると、
悲しくなってしまいます。彼等がいなければ、私は生きられません。
虚弱体質の私には、自ら猟銃を携えて狩りに出掛ける体力はない。

同様に、昨今、政治的・社会運動的な菜食主義が広まったことで、
菜食療法が必要な人々が誤解されることのないよう、願っております。




2022/02/18  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

私の場合、サリチル酸の他、鶏・卵・魚介にもアレルギーがあります。
アルコール成分にはアナフィラキシーまで起こすので、消毒液も危険物。
※昨日、試しに豆乳を飲んだところ、下痢をしました。大豆も気を付けます(2/22追記)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2022/02/18 13:48 ] 保守活動 -2.医療(障害・疾患) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。