fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌは民族ではないし、先住でもない【子孫の主張】

日本に学問の自由を!





……ついに、国会で騒ぐようになったんですね(遠い目)

何度も書き直していたら、予想よりも時間が掛かってしまい。
既にご存知の方ばかりでしょうが、遅ればせながらのアップです。


さて、私からは二点を解説します。槍玉にあげられている
北大教授の、特に注目された以下の発言についてです。

 ①「まず民族と言えるのかも、徹底的にしらべたい」
 ②「アイヌは先住民族ではないことは確かです」

 ↓↓↓




①「まず民族と言えるのかも、徹底的にしらべたい」


……まず民族とは言えません。部族社会でしたし。
一つに纏まったことがなく、部族間抗争は激しかった

アイヌ文化圏・アイヌ社会といった表現は可能でしょう。
列島の北部に、部族社会が存在していたのは事実ですから。

ですが、アイヌ民族orアイヌ族となると? 誤解を与えます。


 エンチウ・ソーヤ・ペニウンクル
 シュムクル・サルンクル・メナシクル・トゥカチ
  ⇒ 金カム:アイヌ「族」の少女って何?(2018/05/05)
    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1792.html

 実在の部族社会をモデルに創作されたフィクション (2019/02/15)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1879.html





②「アイヌは先住民族ではないことは確かです」


……仰る通りです。北海道の先住民族は縄文人だから?
違います。そんな小学生レベルの論法ではない(笑)


アイヌは確かに、縄文の血が濃いです。

1980年代に、平取町二風谷で集められた
近代生まれのアイヌのゲノムを調べたところ、
縄文と共通の遺伝子が、約7割を占めていました。


 都道府県別ゲノム解析:縄文・渡来、どっちに近い? (2022/10/15)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2291.html
 アイヌ7割、沖縄3割。本土日本1~2割……縄文遺伝子 (2022/04/17)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html





そして、この事実を以って、世間に誤解が浸透しています。
 
 日本(或いは北海道)の先住民族は縄文人
  ↓↓↓
 アイヌは縄文の血を7割も受け継いでいた。
  ↓↓↓
 日本(或いは北海道)の先住民族はアイヌ






そもそもの段階で、日本人は先住民族の意味を履き違えています。
「先住猫・後住猫」と、同じくらいの軽い感覚で使っている。


国際社会において、先住民族と言った場合、それが何を指すか。
弾圧され、迫害され、虐殺され、土地を奪われた人々のことです。

米ネイティヴ、豪アボリジニ、ニュージーランドのマオリ族……etc.
何れも、弾圧・迫害・虐殺を受け、土地と資源を奪われた人々ですね。


にも関わらず、「日本の先住民族は縄文人」などと拡散すれば?

「日本は、弥生時代以降に渡来した人々が、先住の縄文人
 弾圧・迫害・虐殺し、土地を奪って建国された」
と認識される。





それがアイヌだろうが、縄文だろうが。
「先住民族」という言葉には、それほどの重みがあるのです。

ましてや、本土日本(和人)側は、縄文人と共通する遺伝子
1~2割しか有していない
のですから。勘違いされるでしょう?


実際には、未開拓の列島で農耕民の人口が爆発的に増加したため、
狩猟採集民が遺伝的に吞み込まれる形になっただけなのですが。


今は機械翻訳で海外の人も読めます。言葉には気を付けて下さい。
日本は、先住民族を虐殺して建国された簒奪国家ではないのです。





2023/2/26  不破 慈(曾祖母はアイヌ) ※アップ翌日、中盤の一部をカット

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

右の過激派は「アイヌは強姦魔の子孫。遺伝学で証明された」と喧伝します。
ところが、遺伝学の本で確認すると、駆逐・強姦という語が一切登場しない
明白なデマは批判されて然るべきですが。学問の自由を奪ってはいけません。

 アイヌ否定論:科学を捩じ曲げればデマ認定は当然 (2022/09/17)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2287.html
 縄文人が弥生人に直接進化? 50年前の変形説 (2022/04/14)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2259.html ※アップ翌日、リンク追加
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/02/26 12:26 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(4)
ゲノム研究は、礼文島船泊遺跡
不破さん こんにちは。ブログをなさってたんですね。先日、砂澤さんの動画コメント欄で、勝手に同士名乗りをさせて頂きました。

ところで、ゲノム解析の対象標本は、礼文島船泊遺跡から発掘された女性のもので、ごく最近のこと、論文は2018年だったかに発表されています。その一体の標本のゲノムがアイヌと約7割合致した、という話です。この説をまともに受け取れないのは、標本がたった一体しかない(もう一人男性のものもあるが、データが女性のものほどきれいではない)ので、結論を出すことはできない。また、礼文島という北海道の北限に位置している島であるため、もともとアイヌが居住していた樺太やシベリアなどの北方に由来した人である可能性もある、つまりその女性の出身地がアイヌと非常に近接していること。などの点から、真に受けることはできないと、東大で斎藤成也さんとも親しかった知人が語っています。彼の説では、ゲノムや遺伝子研究から民族の出自、由来を明らかにすることはできない(限界がある)、ということです。その点では、不破さんや砂澤さんの意見をサポートしていますね。
 興味深いブログを、砂澤さんの動画概要欄から教えていただきました。今後も勉強させていただきます。よろしくお願いします。
[ 2024/01/06 02:36 ] [ 編集 ]
Re: ゲノム研究は、礼文島船泊遺跡
イカスミパスタさん、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございます。


礼文島から出土した縄文女性(船泊23号)のことでしたら、
拙宅でも、以下の過去記事で解説しました。
 ↓↓↓

縄文女性の顔、DNAで復元
 ~北海道・船泊遺跡の縄文人 (2022/04/24)

https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2261.html




イカスミパスタさんが仰る通り、幸運にも、
現代人並みに高い精度で解析できたのは船泊23号だけです。

しかしながら、精度としては低かった他地域の縄文人骨からも、
似たような結果が得られているんですよ。
 ↓↓↓

※引用
 これまでに現代人と同じ精度で全ゲノムが解析できた縄文人は船泊23号だけだが,それ以外にも福島県の三貫地(さんがんじ)貝塚,愛知県の伊川津(いかわづ)貝塚,佐賀県の東名(ひがしみょう)遺跡の縄文人骨のゲノムが解析されている。東名は7800年前の縄文早期,船泊は縄文後期,三貫地は縄文晩期の人骨で,最も新しい伊川津は年代的には弥生時代に入るが,ゲノムは完全に縄文人のものだった。これらの縄文人のゲノムは互いに非常によく似ていた。「縄文人は少なくとも7800年前までにほぼ均質化し,3000年前に渡来人がやってくるまでに,遺伝的には同質な集団が連続していたと考えられる」と神澤は話す。
【引用注:神澤秀明氏は国立科学博物館人類研究部研究員】
※日経サイエンス2021年8月号p43より




尚、国立科学博物館の篠田謙一館長による最近の著書では、
以下のように解説されています。
 ↓↓↓

※引用
 船泊の縄文人データを用いて、現代日本人に占める縄文人由来の遺伝的な要素を計算すると、本土日本人で10パーセント程度、琉球列島の現代人で30パーセント、北海道のアイヌ集団では70パーセント程度になります。
 これは北海道最北端の縄文人との比較ですので、本土や沖縄の縄文人をもとに計算すれば値がすこし変わってくる可能性はありますが、縄文人が他の集団と遺伝的に大きく異なっており、相対的に内部の違いが小さいことを考えると、割合が大きく変わることはないと思われます。
※人類の起源[p212]篠田謙一/中公新書2683/2022.2.25初版




>縄文人が他の集団と遺伝的に大きく異なっており、
>相対的に内部の違いが小さいことを考えると


……ここの部分が、先に引用した、神澤秀明先生のご見解に相当します。
  ↓↓↓

※再度、引用
縄文人は少なくとも7800年前までにほぼ均質化し,3000年前に渡来人がやってくるまでに,遺伝的には同質な集団が連続していたと考えられる」と神澤は話す。
【引用注:神澤秀明氏は国立科学博物館人類研究部研究員】
※日経サイエンス2021年8月号p43より





……誤解されたくないので、申し添えておきますが。
私も、他地域から、現代人並みの精度で解析できる縄文人骨が出土すれば、
多少は値が変動すると思っております。篠田先生の言及にもある通りです。

しかしながら、「本土日本7割、アイヌ1割」といった感じで、
その割合が完全に引っ繰り返ることはないでしょう。


[ 2024/01/06 12:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
 詳しい資料の提供をありがとうございます。そうですか。そこまで追っかけていませんでした。いずれにしろ、ゲノムや遺伝子解析の研究成果を、先住民性の議論に結びつけるのは愚行だと思います。先に不破さんが書かれていたように、国連の先住民の定義に合わないことに依拠するのが一番強力なロジックですね。

 個人的には縄文文化として伝わっているものと、アイヌ固有の文化とされているものの共通点があまりにもないため、直観的に断絶があると思っています。
アイヌが縄文人の子孫だ、と強調されると違和感を覚えるのです。今後も勉強させてください。
[ 2024/01/06 16:13 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございます。
こちらこそ、丁寧にお返事頂き、ありがとうございます。


>ゲノムや遺伝子解析の研究成果を、
>先住民性の議論に結びつけるのは愚行

……明らかに愚行ですよね。
ゲノムによってアイヌの先住性を否定しようとする方々は、
対抗馬として、必ず「日本の先住民族は縄文人」と持ち出します。

しかしながら、縄文人と共通の遺伝子を、当のアイヌが7割も保有していた。
本土日本(和人)側は、1割程度。彼等は必死に、負け戦を挑んでいます。



>国連の先住民の定義に合わないことに
>依拠するのが一番強力なロジック

……ご賛同頂き、ありがとうございます。
ゲノムに拘っている人には、この点をいくら説明しても
ご理解頂けないようで。私もどうしたものかと悩んでおります。

世界中に奴隷がいた150年前の世界で、
読み書き算盤、一切できなかった少数民に、医療や教育を与え、
「同じ国民」として近代国家を築こうとしたのは、日本一国だけ。

その点をしっかりと強調していけば、アイヌは国連が定義する
先住民族には該当しないと伝わると思うんです。何より、一般の人に。

日本が如何に素晴らしかったかを説かれて、嫌がる日本人はいないでしょう。




>個人的には縄文文化として伝わっているものと、
>アイヌ固有の文化とされているものの共通点があまりにもないため、
>直観的に断絶があると思っています。


……イカスミパスタさんの仰る「アイヌ固有の文化」が、
古い文献史料を読み解くことで浮かび上がってくる実在した文化のことか、
昭和初期の観光商品として整備された、フィクションの文化なのか不明ですが。

考古学者が、擦文⇒アイヌの変遷に、長年、頭を悩ませていたことは事実です。
イカスミパスタさんの仰る通り、共通点があまりない。文化的隔絶が大き過ぎる。

その難問が解消されたのが、1960年代に見付かったトビニタイ文化の遺跡です。
擦文とオホーツク、両者を足して2で割ったような文化様式なんですよ。

トビニタイ文化というワンクッションを考慮することで、
後のアイヌ文化へと、無理なく繋げることが出来ます。


以下の過去記事で、その流れを簡単に説明しました。
 ↓↓↓

北の元寇:樺太から追われたのはアイヌだったか? (2022/06/26)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2274.html




13世紀当たりから小氷期に突入し、地球はどんどん寒冷化していたので。
その頃に成立するアイヌ文化は、北方要素を多く取り入れたと思います。

寒い地域の生活様式を取り入れていかないと、
生存自体が難しくなるじゃないですか。


実を云うと、温暖だった縄文時代でさえ、
北海道は少し、本州以南とは異なる生活を送っていました。

日本列島は南北に長いので。いつの時代も、多様性があったんですね。



アイヌ時代は小氷期【補稿】年単位での古気候復元 (2023/09/03)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2337.html

北海道で農耕が行われた擦文時代:中世温暖期 (2023/07/22)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2334.html




【追伸】
コメント返信を見直したら、イカスミパスタさんのイカスミが、
平仮名になっていました。ごめんなさい、直しました。失礼を(_ _;

[ 2024/01/06 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。