fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

砂澤陣の著書から、小林よしのりの帯が消えた理由

砂澤陣さんの著書から、
小林よしのり氏の帯が消えた理由。




や~っと思い至りました(^▽^;
皆さんが気になっているのは、コレですか(↓)


砂澤陣著、北海道が危ない、扶桑社2016、帯付き初版  ※当初

 ↓↓↓

砂澤陣「北海道が危ない!」20160913、発行:育鵬社、発売:扶桑社  ※現在



北海道が危ない! (扶桑社BOOKS) / 著者:砂澤陣
Kindle版:499円 / ペーパーバック:1782円


 序 章:沖縄だけではない、北海道も危ない!
 第1章:アイヌは先住民族なのか?
 第2章:国民が知らないアイヌ利権の実態
 第3章:アイヌを利用する人々
 第4章:北の大地を赤く染めた北教組とメディア
 第5章:ここまで進んでいる中国の土地買収

 ASIN:B01LWPNUE2
 出版社:扶桑社 (2016/8/30)
 発売日:2016/8/30
 言語 :日本語
 ファイルサイズ:‎3114 KB
 Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能):有効
 X-Ray:有効にされていません
 Word Wise:有効にされていません
 付箋メモ:Kindle Scribeで
 本の長さ:234ページ


https://amzn.asia/d/bDsdZ9j  ←アマゾンへのリンク





……小林よしのり先生の帯を外す契機となったのは、古谷経衡氏です。
直の理由は印刷分の完売でしょうが、以降は前面に出さなくなりました。

古谷氏は、砂澤陣さんと面識があるにも関わらず、小林先生を槍玉に挙げ、
「アイヌ問題は小林よしのりのでっち上げ」と記事に書いて発信したんです。
 ↓↓↓

ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか
ネット右翼十五年史〈番外編〉2018.11.29 古谷 経衡 ※抜粋
 「アイヌ特権」とは何か? それは、北海道の先住民であるアイヌ民族が、和人(日本人)に陵虐された、という被害者としての立場を利用して、様々なアファーマティブアクション(弱者集団への優遇措置)を享受している――という内容であった。
 この運動の最前衛に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった。小林は「アイヌ民族など存在しない」というトンデモな主張を繰り返し、「アイヌは北海道の先住民ではない」という妄想を漫画やブログで発表した。
https://gendai.media/articles/-/58643?page=2
 ↓↓↓

アイヌ協会にとってタブーは砂澤陣 (2018/12/02)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1858.html





……私も喧嘩上等系キャラなので、ブッチ~ン!と来ましたが(←)
他の記事にも書いた通り、「砂澤陣は小林よしのりの手下」とするデマは、
2014年には既に出回っており
、古谷氏はその状況を利用したと思われます。

肝心の、小林よしのり氏と砂澤陣さんの関係については、著書にこうあります。
 ↓↓↓

※抜粋
 漫画家の小林よしのり氏は、責任編集長を務めていた『わしズム』(小学館)で「日本国民としてのアイヌ」という特集記事を組んだ。また、小林氏は『激論MOOK 沖縄とアイヌの真実』(オークラ出版、2009年)にも登場し、沖縄とアイヌについて論じた。
 私と小林氏とはこの時点ではまだ接点がなかった
 (中略)
 その後、出版社に電話し、小林氏に感想を伝えたいと連絡を入れた。最初は出版社側に強く警戒されたが、その後、小林氏とお会いすることができた。
 これらの雑誌が出版されたり、北海道議会での小野寺氏の活躍により、「アイヌ」について考える人たちが増え、私も「チャンネル桜」や『正論』『WILL』で発言の場を与えてもらった。おかげでアイヌ利権について知ってもらい、アイヌ史の矛盾に関心を持ってくれる人たちが増えた。
※砂澤陣著、「北海道が危ない!」(p67-68)扶桑社2016.09.13





……つまり、小林先生がまだ大きくブレていない時期ですね。
チャンネル桜にも、小林先生との縁で出演、発信の場を得ました。

間もなく、砂澤陣さんは、水島聡社長と喧嘩別れしましたけれど(←)



話を戻しますが。砂澤陣さんは、小林先生の指示で動いているのではない
砂澤陣さんの父・ビッキさんは、1990年代には協会と袂を分かっていたし、
プロアイヌにデッサン帳を盗まれる等々、種々の被害に遭っているんですよ。

「本が出版された2016年、小林は既にブレていた。なぜ帯を依頼した?」
と不思議に思われるでしょうが。砂澤陣さんは、保守活動家ではありません。

アイヌ利権の告発をなさっているんです。政治活動は本業ではありません


本業は、木工芸の職人さん。神社仏閣の彫刻の修復も請け負っていて。
日本の伝統文化を、後世に護り伝えるお仕事をなさっているんです。

利権告発のため、北海道全域を駆けずり回って調査していますから。
すっかりジャーナリストですが、本来はペンよりもノミで語る方です。

陣さんからすれば、「アイヌ問題を取り上げてくれた恩人」の認識でした。






小林先生のシンパからすれば、私の発信に文句も言いたいでしょう。
「アイヌ利権の周知で、突破口を開いてもらった恩を忘れたか!」

しかし、私達アイヌ系日本人は、プロアイヌの不正を告発しています。
違法行為を告発する身でありながら、テロ(犯罪)の擁護はできません。

否、アイヌ利権の告発をしていなくても、犯罪は擁護できませんけれど(←)

https://twitter.com/KDMCYcpefGyBUq7/status/1646418561907462144





……小林先生は、9・11に際し、「その手があったか」と称賛しています。
安倍晋三元首相を暗殺した山上徹也容疑者に対しても、擁護の立場です。

嘗て、オウム真理教から暗殺されかけた御仁とは思えない変貌ぶり。
以前の小林先生に戻って頂けるなら、私もそう願いたいけれど。


ドイツ出身の哲学者・ニーチェの言葉を思い出します。

「怪物と戦う者は、自らも怪物にならぬよう気を付けるがよい。
 深淵を覗き込む時、深淵もまた、こちらを覗いているのだから」






2023/4/20  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

砂澤陣さんは、皇統護持に関して立場を表明していらっしゃいません。
そもそも、男系・女系なんて、アイヌ利権に掠りもしないでしょう?
私が男系支持であることに対し、何かを言われたこともありません。

私はアイヌ問題に取り組む前から、万世一系支持を表明しています。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/04/20 11:26 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。