fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

【 #STOPゴー宣 】父系社会への移行は縄文時代から

縄文時代は母系社会だった。
 ↑↑↑
間違いではありません。
実際、その期間は長かった。



ですが、縄文も後晩期に入ると、
東日本では父系社会へと移行します。




山田康弘著、縄文時代の歴史、20190120 ※漢数字⇒アラビア数字

 国立歴史民俗博物館名誉教授の春成秀爾は、人骨の出土状況や装身具の着装傾向、抜歯のあり方などを手がかりに、縄文時代の社会を次のように見通している。縄文時代晩期の東日本では、夫方居住婚が支配的で父系制の傾向がある。東海地方西部から近畿地方では選択居住婚で、双系制的である。西日本では妻方居住婚が優勢で母系制の傾向がある
※山田康弘著、「縄文時代の歴史」p275/講談社現代新書2510/2019.1.20


 縄文晩期:
  東日本 ……… 夫方居住婚(父系制)
  東海~近畿 … 選択居住婚(双系制)
  西日本 ……… 妻方居住婚(母系制)



山根康弘著、縄文次代の歴史p277より

 日本列島における婚姻後の居住方式は、妻方居住婚から選択居住婚を経て夫方居住婚へと移行していく。その移行の時期は、東日本では縄文中期末から後期頃で、西日本では弥生時代の前期から中期にかけてと遅くなる(春成2002、図59)。私も、時期的に細かい相違はあるものの、大筋ではこの考え方に賛成である。この場合、東日本の中期から晩期には父系的な社会が存在し、東海・近畿地方には、晩期にいたり双系的な社会が出現し、中国地方から九州にかけては縄文時代を通して母系的な社会が存在したと理解できるだろう。ただ、私は中国地方に関しては、男性側が婚出する妻方居住婚を主としつつも、場合によっては女性も婚入しうる双系的な社会が存在したと考えている(山田2010)。
※山田康弘著、「縄文時代の歴史」p276より、図はp277から





……縄文~弥生にかけて、以下のように社会が変遷しますけれど。

少なくとも、東日本の縄文時代に関しては、定住化の度合いや、
集落の大型化(人口の集中)が契機だった
と思っています。


 <母系> 妻方居住 ⇒ 選択居住 ⇒ 夫型居住 <父系>




縄文時代においては、人口が100人を超えれば大集落でした。
有名な山内丸山(青森県)では、人口500人説が独り歩きしましたが。
あれは発掘初期の予想です。実際には、最大でもその半分程度でしょう。

最初は小さな集落から出発した山内丸山も、縄文中期に最盛期を迎えます。
ちょうどその頃、東北で選択居住婚が行われるようになっていますよね。

  山内丸山遺跡:前期中頃~中期末葉(5900~4200年前)



後期に入り、気候が寒冷化すると、大規模な集落を維持できなくなります。
しかし、母系制には戻りませんでした。そのまま父系制へと移行します。




一方の西日本。縄文中期に入っても、移動生活が続いていました
と云っても、旧石器時代のような獲物を追って彷徨う形態ではなく。

しっかりとした拠点(ベースキャンプ)が設けてあるんですよ。
そこを中心に縄張りの中を移動する。季節定住の場合もあります。

専門的には、コレクター型(拠点回帰型)という名称がありますが。
素人には、半定住or半移動といった理解でも充分かと思います。

実を云うと、アイヌがこの形態だったんですよ(^▽^;
だから学者は、縄文時代の研究でアイヌを参考にするんです。





父系社会への移行に話を戻しますけれど。

ゴー宣道場によりますと、皇位の男系継承とは、
大陸中国の父系社会(宗族制)の影響」なのだそうで。




……否、縄文時代にも父系社会への移行は起きていたし(・◇・;
そもそも、男系継承自体は、世界中の王朝で行われていたし(°。°;


いますよね。何でもかんでも「中国と韓国から貰った」と言い張る人。




2023/6/4  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

大陸中国で女帝と云えば、ただ一人。武則天しかいませんね。
非常に権勢を奮いましたが、死後は皇后の待遇で葬られました。
だから日本では、「則天武后」の呼び名で知られているんですよ。

生前は本人の政治力が怖くて、誰も何も言えなかったということ(^▽^;
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/06/04 12:28 ] 保守活動 -1.皇室 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。