fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

愛国カルト:土器を使わないから縄文の子孫じゃない?

アイヌは土器を作りませんでした。

故に、「縄文の子孫ではない」と
主張する人々がいます。




…ですが、オホーツク人は土器を作りました。

では、「オホーツク人が縄文の子孫だった」
ということで宜しいですか?(*^^*)






2022/03/09 「オホーツク文化―あなたの知らない古代」展示解説動画
https://www.youtube.com/playlist?list=PLotxNBsvVqxKeVr4DwvEPZ7nmeyjWotUx

特別展「オホーツク文化―あなたの知らない古代」の展示解説動画です。第14回は、オホーツク文化前期の土器と、オホーツク文化の成立についてです。主催:東京大学大学院人文社会系研究科・同附属北海文化研究常呂実習施設、横浜ユーラシア文化館、大阪府立近つ飛鳥博物館 会期:2021年年10月16日~12月26日(横浜ユーラシア文化館)、2022年1月15日~3月13日(大阪府立近つ飛鳥博物館)





……ご存知のように、アイヌは土器を作りませんでした。
正確には、放棄したんです。初期の頃はまだ作っていましたが。


交易で、和人から鉄鍋を入手するようになったからですよ。


アイヌは移動する生活でした。拠点はありましたけれど。
鉄鍋なら、土器や土鍋と違って、持ち運びが楽でしょ?(^^)

背伸びをしてでも、メイド・イン・ジャパンの鉄鍋を欲しがって。
アイヌから見れば、先進地域でしたし。色々な物を珍重したんですよ♪


 近世アイヌは土器を使わない:和人社会から鉄鍋を入手 (2022/06/05)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2270.html






『アイヌは土器を使わない。だから縄文の子孫ではない!』

……これまた、カルト系の愛国団体が中心になり、拡散しています。
ですが、冒頭で示したように、簡単に崩せる主張なのです。



そもそも、土器は世界中で作られていました。
縄文オリジナルでも、列島オリジナルでも何でもない。


なぜ、縄文の末裔であることの証明に使えると、錯覚できたの?


 世界最古級の土器、東北アジア全域に点在 (2022/05/22)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2268.html




2023/6/25  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

考古学の本をきちんと読めば、以下のように書かれています(↓)
アイヌは土器を作るのを止めたが、生活用品に文様を刻む文化は残った

本州以南、弥生以降の土器は、表面がのっぺりとしているでしょう?
農耕社会と狩猟社会で、別々の要素を受け継いでいくことになりました。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/06/25 11:57 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。