fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌ時代は小氷期【補稿】年単位での古気候復元

最近は、年単位での
古気候復元が可能です。



中塚武著、気候適応の日本史、図11

※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p92-93)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1

中塚武、気候適応の日本史、吉川弘文館2022




上図は、古気候学がご専門の、中塚武先生(理学博士)の著書からです。
見開きページをスキャンしたので、見難いとは思いますが、ご了承下さい。

中部日本の森林で、樹木年輪を調査して得られた過去2600年の復元図です。

樹木年輪から、古気候を復元する研究は、海外でも行われて来ました。
ところがですね。日本の学者が、年単位の気温の変化に留まらず、
年単位の降水量の変化まで復元する技法を開発したんです(!)


正確には、植物が最も成長する、夏場の気温&降水量の変化ですけれど。
※年輪の繊維質(セルロース)を構成する成分(酸素や水素)の同位体比から算出



「NIPPON, CHA-CHA-CHA!」と踊り出したい気分を抑えて、記事本題。
以下は、冒頭のグラフの右サイドです(↓) ザッと流れを説明しますね。


中塚武著、気候適応の日本史、図11、右半分
※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p92)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1





800~1300年頃は中世温暖期です。900~1100年頃は特に暖かかった模様。
1100年前後だと、東北は平泉政権の時代。半ば独立国として存在しました。
北海道は擦文時代です。本州からの入植者も増え、園耕社会が成立します。

 北海道で農耕が行われた擦文時代:中世温暖期 (2023/07/22)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2334.html



ですが、以降は下がり始めますよね? 小氷期に突入したんです。
北海道は、狩猟採集メインの、アイヌ文化の時代を迎えました。


グラフをよく見ると、1200年前後にも一時的に下がっていますが。
この時期、源平合戦が行われましたね。奥州藤原氏も滅亡します。
これにより、本土日本が実質的に統一されました(日本の中世)。

以降は、鎌倉 ⇒ 室町 ⇒ 安土桃山と、戦乱の世が続きます。


1600年、関ヶ原で徳川軍が勝利すると、すぐに江戸時代。
1603年に幕府を開きました。日本の近世が始まるんですね。




……が。再度、グラフでご確認下さい。そこから、“寒さの底”を迎えます。
江戸時代は、飢饉が頻発しましたよね。特に、“三大飢饉”は有名ですけれど。

享保・天明・天保。うち、享保の飢饉(1732)は蝗害(イナゴ・ウンカ)。
西日本で大凶作となりました。天明・天保は冷害で、東北で甚大な被害


※下図の最上部でご確認下さい(↓)
中塚武著、気候適応の日本史、図15
※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p150)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1




天明の飢饉(1782-1787)
 各藩の記録によれば、天明の飢饉による東北北部の餓死者数は、弘前藩で10万2000人、八戸藩で3万105人、盛岡藩で4万850人とあり、仙台藩では餓死と疫病死を合わせて20万人以上であった。 [p235]

天保の飢饉(1833-1839)
 農作物の不作が連続して発生し、作柄をみると全国平均で、1833年が52.5%、1835年は57.2%、1836年が42.4%とおよそ半分に減少しており、奥州ではそれぞれ35%、47.2%、28%と大凶作となった。冷害は1838年まで続き、餓死者が大量に発生した。弘前藩では餓死(7万4860人)と疫病死(2万6000人)により、藩内人口の半分が死亡した。 [p242]


※田家康/気候文明史 世界を変えた8万年の攻防(p235,242)
 日本経済新聞出版社/2010.2.19 [漢数字⇒アラビア数字]

田家康、気候文明史、日本経済新聞出版社2010




……天明・天保と、北海道に近い東北での様子を、
気象予報士の田家康先生の著書からご紹介しましたが。
上記の通り、冷害の影響は、寒い北日本で、より甚大でした。

そんな時代に、狩猟採集民のアイヌが、北海道で農耕……???


否、チャレンジ精神は否定しません。事実、初歩的な園耕は行っていました。
もっと、レベルの高いことをしてみたかったのかも。和人のようになりたくて。


 アイヌ女性の畑仕事:園耕のお話 (2022/10/29)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2293.html
 アイヌ時代は小氷期:松前藩の禁農モデルについて (2023/08/19)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2336.html




2023/9/3  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

園耕民(狩猟+農耕)の強みは、いつでも農耕を切り捨てられる点にあります。
時々の気候条件に合わせて、狩猟採集オンリーの生活に、後戻りが可能なんです。

完全な農耕社会に移行すると、それが出来ません。餓死者が増える理由の一つです。



 名古屋大学大学院環境学研究科 地球環境科学専攻大気水圏科学系
  古気候学グループのサイト ⇒ https://pcl.has.env.nagoya-u.ac.jp
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/09/03 14:55 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。