fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌの縄文遺伝子は7割:ロシアにもアイヌがいる

保守系の活動家が喧伝しています。
「日本(北海道)の先住民族は縄文人


しかしながら、2019年の研究においては、
近代生まれのアイヌに、縄文の遺伝子が7割
伝わっていたと、ゲノム解析の結果が出ています。



 【注】
  本土とアイヌの混交の歴史は長いですし、
  近代以降に、その頻度が加速したこともあり、
  正確には、保有率の個人差は大きかったのですが。

  ※遺伝的には和人のアイヌもいた。養い子(orその子孫)と思われる。

  アイヌ7割、沖縄3割。本土日本1~2割…縄文遺伝子 (2022/04/17)
  https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html




ここで大事なことを思い出して下さい。
ロシア側にも、アイヌはいるんです。


ロシア側のアイヌが、高率で
縄文の遺伝子を保有していたら?







……先ずは、保守系の活動家……と云うより、
カルト系の愛国論者の幻想を打ち砕きましょう。


科学、2020年1月号p25より

現代人とのつながり:得られた手がかりと謎

※抜粋
 今回改めて,現代のヤポネシア人に縄文人のDNAが残されているのか,推定した。その結果,本土日本人(東京)では1割程度,沖縄本島では3割弱,アイヌでは7割弱と推定された。
※「科学」2020年1月号:神澤秀明(国立科学博物館人類研究部)
 高精度ゲノム解析から見えてきた縄文人の体質・生活・由来(p25-26)


縄文人と現代アジア人の遺伝的親和性 (2022/10/08)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2290.html






……愛国系のカルト論者は、「アイヌは外来のオホーツク文化人」
「縄文人を駆逐して北海道に居座った」と過激な主張を展開しますが。

オホーツク文化人よりも、縄文人の血のほうが濃いと判明した途端、
今度は、「縄文人の女性を強姦した証拠だ」と、主張を変えたんです。


その証拠として、カルト側が提示したのが、mtDNAハプロ型のY1
オホーツク文化人女性由来のDNAなんですよ。何がしたいのか(呆)


更に悪いことに、そのY1。和人側では、約50万人が保有しています。
最終的に、和人男性が強姦した話になってしまう。明らかに悪手です。


 本土日本人≒和人(Y1保有者)
  1億2000万 × 0.4% = 48万人
  1億3000万 × 0.4% = 52万人

 アイヌ系日本人(Y1保有者)
  2万人 × 20% = 4000人
  3万人 × 20% = 6000人


8世紀、秋田県にもオホーツク文化人 (2022/08/13)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html





……和人男性の名誉を損なってまで、アイヌに傷を付けるメリットとは?
アイヌの女性を妻に迎えた、私の曽祖父(和人)を侮辱したいのでしょうか?

読者の皆様は、私と同様、日本人の名誉を護るために戦って下さると信じます。




***




さて、ここからが本題です。最も重要なロシアの話をします。

鈴木宗男を始め、外交評論家の佐藤優や、新党大地副代表だった
多原香里(多原良子の娘)は、以下のように世論を煽動していました。

「アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利になる」


……ロシア側にも、アイヌがいるという事実を隠して。




ロシア側にもアイヌがいて、日本側にもアイヌがいる。
条件が、五分と五分であれば、まだ良かったかも知れない。


でも、ロシア側のアイヌは、酷い差別を受けていたので。
日本のアイヌほど、混交が進まなかった可能性があるんです。

つまり、縄文の遺伝子の保有率が、それだけ高いかも知れない






現時点では、ロシア側のデータがないので、確定的なことは言えません。

ですが、私とて、アイヌの血は8分の1(12.5%)しか引いていません。
否、10%に満たないかと。先述の通り、近代以前から混交はしていました。


砂澤陣さんだって、半分も引いていませんよ。アイヌハーフじゃない。
だから、砂澤陣さんの口から、そんな言葉が出たことはないでしょう?

私が手っ取り早く「ワンエイス」と称するのは、細かな説明を省くため。
血が薄まり過ぎていて、「アイヌ系」だと云っても首を傾げられてしまう。


「旧土人保護法で和人と婚姻を強制された」という酷いデマもありますが。
婚姻に関する条項自体が存在しませんし、アイヌ同士で結婚する人もいた。

結婚で差別されなかったからこそ、アイヌの血はどんどん薄まったのです。






……以上が、ネットに蔓延る「日本の先住民族は縄文人」という主張を、
アイヌ系子孫の一人である私が危険視している、一番の理由です。

あまり書きたくなかったのですけれどね。


だって、もし敵(ロシア側)がまだ気付いていないとしたら、
黙っておいたほうが得策でしょう?


でも、書きました。私達は、一度失敗しているから。
こんな戯言を真に受けて(↓)

「アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利になる」




2023/12/03  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、タイトルを逆に

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

「私達は」と書きましたが。勿論、私は小学生の頃から知っていました。
アイヌ系の父に教わったので。「有利にならない。ロシアにもアイヌがいる」
ゲノム解析という強力なツールの登場で、不利になる可能性も出て来ました。

ちなみに。解析されたのは昭和50~60年代に集められたアイヌ系のDNA試料
明治~大正に生まれた高齢層から採取されました。全員、鬼籍に入っています。
※コメント欄にも、補足情報を書き込んでおきます。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/12/03 11:24 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(2)
欄外追記【1】篠田謙一先生の著書から
不破です。記事本文の補足情報です。


保守派が好んで引用する、国立科学博物館館長の
篠田謙一先生(医学博士)が記した、2022年の著書から。

※引用(漢数字⇒アラビア数字)


北海道集団の成立

 琉球列島にくらべると、北海道では縄文時代から江戸時代に至るまで、DNA分析に適したまとまった数の人骨が出土しています。そのため、人類集団の変遷の様子を人骨の形態やゲノムによってある程度追うことができています。文化編年では、稲作が入らなかった北海道では、縄文時代の次に続縄文時代が続き、擦文時代を経て13世紀にアイヌ文化が成立するとされています。そのあいだ、5世紀ごろから10世紀ごろにかけて道東・道北のオホーツク海沿岸には、沿海州に起源を持つとされるオホーツク文化が栄えました。

 オホーツク文化人は独特の形態的な特徴を持つ人びとでしたが、二重構造モデルでは、のちのアイヌの人たちには大きな影響を与えることはなく姿を消し、アイヌの人たちは縄文人直系の子孫であると説明されてきました。

近年、北海道の縄文人とオホーツク文化人、アイヌの人たちのミトコンドリアDNAの分析が進んだ結果、この地域での集団の成立について新たな事実が浮かび上がってきています。分析の結果、アイヌの人たちは単純に北海道の縄文人の子孫というわけではなく、オホーツク文化人の遺伝的な影響を強く受けているということが判明したのです。そのため現在では、アイヌ集団は北海道の縄文人を基盤として、オホーツク文化人の遺伝子を受け取ることで成立したと考えられるようになっています。

(中略)
最近の形態学的な研究もこのことを支持しており、また、2021年に発表された礼文島浜中2遺跡のオホーツク文化人の核ゲノム解析からも、同様の可能性が示されています。

 この研究では、2000年前には千島列島を経由してカムチャツカ半島集団の遺伝子が流入し、1500年前には沿海州からの遺伝子の流入があったと推定されました。この結果からも、アイヌ集団の成立にオホーツク文化人が関係していることはほぼ間違いないと考えられています。ただし、残念なことにその混合が進んだと考えられる続縄文から擦文時代の人骨はほとんど出土しておらず、現時点では混合の様子をゲノム解析から描き出すことはできていません。

 現代のアイヌの人たちは縄文人のゲノムを70パーセントほど持っており、これは日本列島集団の中では群を抜いて大きな数字です。本土日本人を渡来人の末裔と考えるとしたら、アイヌの人たちは北海道の縄文人の末裔と捉えられます。他方で、大陸の北方系先住民のゲノムを引き継いでいるということも忘れてはならないでしょう。これは、琉球列島の現代人に台湾より南の集団の遺伝的な影響が見られないのとは対照的です。この事実から、本土日本の周辺であるということを根拠として、同じような成立過程を持つと考えられる二重構造モデルでは、それぞれの成立の経緯を説明できないことは明らかなのです。

※人類の起源[p225-228]中公新書2683
 篠田謙一/2022年2月25日初版




>現代のアイヌの人たちは
>縄文人のゲノムを70パーセントほど持っており



……記事末尾で説明しましたが。これは勿論、
現代まで生きていた近代生まれのアイヌのことです。

そこは勘違いしないで下さい。
日本側では、もう血が薄まっている。

だからこそ、ロシアでの混交状況が把握できない現段階で、
安易に「日本の先住民族は縄文人」と騒いで欲しくない。

ロシアを相手に、一分の隙も作りたくないのです。


プロアイヌが、実際にやらかしていますし。
 ↓↓↓

◆日本のアイヌがプーチンにラブレター:自治区の要望 (2022/04/02)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2256.html




【オマケ情報】

「本土日本人こそが、縄文の純粋な子孫」と信じている人々は、
いい加減に目を覚ましましょう。とうに覆された半世紀前の学説です。
 ↓↓↓

◆縄文人が弥生人に直接進化? 50年前の変形説 (2022/04/14)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2259.html



[ 2023/12/03 11:29 ] [ 編集 ]
欄外追記【2】海外の先住民も、DNA解析拒否は当たり前
またまた不破です。
とあるデマが飛び交っているようで、注意喚起。



「海外では、先住民族のDNA検査は当たり前」などと、
SNSで、自民党の議員さんまでもが垂れ流しているそうですが。

学術研究に協力する先住民族もいれば、頑なに拒絶する先住民族もいます。
寧ろ、DNA試料提供拒否、遺骨・遺髪・遺品返還要求が普通と思って下さい。


2022年のノーベル賞受賞者、スヴァンテ・ペーボ博士の研究チームで、
ネアンデルタール人の全ゲノム解析に参加していた遺伝学者、
デイヴィッド・ライク博士の著書からご紹介します。

 ↓↓↓

※引用
 ナヴァホ族は、協定によって米国から部分的な政治的独立を保障されているアメリカ先住民部族の1つだが、そのナヴァホ族が2002年に、「遺伝学的研究の一時停止」を命じる法律を成立させた。病気の危険因子を突き止めるためであろうと、部族の歴史を明らかにするためであろうと、ナヴァホ族の一員が遺伝学的研究に参加することを禁止する法律である。

 この一時停止法の要約をナヴァホ・ネイションの作成した文書で見ることができるが、研究計画を立てる際に大学の研究者が考慮すべき点がまとめてある。文書には「ヒトゲノムの検査は部族によって厳しく禁止される。ナヴァホは『チェンジング・ウーマン』(ナヴァホの創成神話に登場する女性で、「トルコ石乙女」などとも呼ばれる)によって創られた。したがって、ナヴァホは自分たちがどこから来たか知っている」とある。

※「交雑する人類 古代DNAが解き明かす新サピエンス史」(p241)
  デイヴィッド・ライク著、日向やよい訳/NHK出版、2018年7月


◆アイヌ遺骨問題:ゲノム解析拒否は世界的潮流 (2023/07/01)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2332.html





……恐らくは、「願望」を事実と勘違いしたことで、
「DNA検査が当たり前」との認識になったのでしょう。


『アイヌかどうか、DNA検査しろ!』
  ↓↓↓

『理系のサイトに、先住民族のゲノム解析結果が出ているぞ?
 海外では、先住民族は全員、DNA検査を受けているんだ!』
  ↓↓↓

『アイヌかどうか、DNA検査しろ!』





……「お前が先住民族か否か、鑑定する」なんて
失礼なDNA検査は、世界中、何処を探しても行われていません。

下手をすれば、「妻が不義を行ったかを確認する検査」になってしまう。
つまり、外部の人間と関係を持ったか(血が薄まったか)のチェック。



そもそも、学術研究の一環として行われるDNA解析と、
親子鑑定などに代表される個人の出自を検査するDNA解析は、
基本的に別物。本人に許可を取り、研究に転用することはあっても。


個人情報の供出を、簡単に強制できると思わないことです。
貴方が文明人であるなら、尚更。近代法の概念を理解しましょう。



[ 2023/12/03 11:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。