fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

10,664人は何処へ? アイヌ生活実態調査の実態

直近3回の調査に注目してみましょう。
保護世帯・人員が激減しているにも関わらず、
アイヌの生活保護率は依然として高いままです。


H18  554世帯 859人 38.3‰(3.83%)
H25  412世帯 657人 44.8‰(4.48%)
H29  281世帯 386人 36.1‰(3.61%)




それもその筈。上記の調査対象となった人数、
つまり統計の母集団が縮小されているんです。


H18 23,782人
H25 16,786人(6,996人減)
H29 13,118人(3,668人減)




H29北海道アイヌ生活実態調査p5、下
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html

アイヌの生活保護率、道民の1.1倍:著しく改善 (2024/03/11)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2366.html






……皆さん、「そんな統計が何の役に立つの?」と思われたでしょう。
実際、“専門家”からも、以下のような耳の痛いご指摘がありました。

以下、共同の配信による、2018(平成30)年の記事です。
日本経済新聞さんからお借りしました(↓)



北海道のアイヌ、10年余で4割減 実態反映せず
2018年8月27日 16:53
  ※共同通信のクレジット

北海道の調査で把握できたアイヌ民族の人数が2017年までの10年余りで4割以上減った。アイヌを名乗り調査に協力する人が減ったことが主な理由で、実際の人数とは合致しない。専門家らは「アイヌが減ったと誤解され、支援も先細りになる恐れがある」と懸念する。


主に道アイヌ協会の会員を対象に調査を行い、アイヌと自認する人の数を市町村ごとに集計。06年まで2万4千人前後で推移していたが、13年に約1万7千人に急減。17年調査では約1万3千人にとどまった。

協会の会員自体が06年の約3800人から千人以上減り、道が把握する人数に大きく影響している。阿部一司副理事長は「把握できなかったアイヌは、存在しないことにされてしまう」と危惧する。道アイヌ政策課は、協会の会員減少に加えて「個人情報保護の意識が高まり、調査に協力する人が減った」とみる。

道は「アイヌ生活実態調査」を1972年から数年ごとに実施。同化政策と差別にさらされたアイヌの生活を改善するため所得や進学率、必要とする施策などを調べている。「アイヌの血を受け継いでいるとみられるか、結婚などでアイヌと同一の生計を営んでいる人」を対象とし、条件に当てはまっても自分をアイヌとするかどうかは本人の判断に委ねられる。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34630960X20C18A8CR8000/





でも、調査票を配っているのは、
アイヌ協会なんですよね( ̄∀ ̄;


※道からの委託業務。どこに配布するかは協会の匙加減。




2024/03/17  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

以前から、経済的に成功している家には調査票が回って来ない、とかあって。
進学率も同様です。結果、経済的・学業的に貧困なアイヌの実態が出来上がる。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2024/03/17 11:18 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(2)
以前 Wikipediaを覗いたら
日本人以外「琉球人とアイヌ人」と書かれてありました 
wikiは個人で書き込めるものですがさすがにこれは酷い。
かなり政治色の強い書き込みでした

どうやら無理くり「多民族共生社会」にしなければいけないらしい
日本人って縄文・弥生と続く世界最古の多民族共生社会なんです
で統一言語が「日本語」なんですよね
[ 2024/03/22 13:11 ] [ 編集 ]
aozoratenki2様、いらっしゃいませ(_ _)


> 以前 Wikipediaを覗いたら
> 日本人以外「琉球人とアイヌ人」と書かれてありました


ゲノム解析では以下のような文言を使うので。
そこから持って来たネタだとは思いますが。

●本土日本人orヤマト人
●アイヌ人
●琉球人or沖縄人



……ただコレは、列島内で大まかに3グループに分けられる
というお話です。沖縄は更に、本島と先島で線引きが可能。

遺伝的な共有率を表しているのですが、通婚圏で決まります

勿論、アイヌのデータは近代生まれのアイヌのことですよ。
全員、鬼籍に入っています。陣さんや私の世代ではない。


遺伝的要素がそのまま、文化的要素を規定するワケではない。
その辺を理解していない人間が書き込んだのだと思われますが。



ウィキペディアのどのページの記述かは存じませんけれど。

学術研究において、便宜上、使われているだけの名称を、
人種か何かのように書き込まれても困りますね。



[ 2024/03/22 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。