二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

子宮頸がんワクチンで子供を産めない身体になる ―医療詐欺―

「産めない」どころか、「日常生活もままならない身体になる。

下、10代の娘さんの未来を、子宮頸がんワクチンで奪われたお母様のブログです。

【みかりんのささやき】
http://ameblo.jp/3fujiko/entry-11498936939.html

お母様は闘ってらっしゃいます。腹を痛め、胸を痛め。時に頭を抱えながら懸命に育てた、愛しいご息女の為に。見ず知らずの、歳若い娘さん達の未来を護る為に。


さて、お母様の訴えを拡散しただけでは、不破の仕事にはなりません。ので、簡単に『子宮頸がんワクチンによる医療詐欺』の実態をお伝えします。長文が電磁波過敏の私には辛いので、完成度は落とし、要点のみ。ご了承下さい。


医療詐欺』とは、医者・製薬会社(時により、行政機関とタッグを組んで)が、病人を作り出し、その病人に、医薬品や医療サービスを売り付けて儲けを出す、と云うものです。

今回は、このお母様の娘さんが苦しんでいる『子宮頸がんワクチン・サーバリックス』を用いた詐欺について。


日本で認可されている『子宮頸がんワクチン』は、今現在、この『サーバリックス』です。と、その前に。子宮頸がんを引き起こすとされる『ヒトパピローマウィルス』についてご説明します。

ヒトパピローマウィルス』。略して『HPV』。すいません、英字だと私が即座に判別出来ないんで、勝手に「ヒトパウィルス」で。

で、このヒトパウィルス。実は200種以上存在します。うち、発がん性が高いとされるのは15種のみ。が、感染しても、約90%が、体内の免疫で退治されてしまう程弱い病原菌です。しかも、子宮頸がんに発展するのは、僅か0.1~0.15%。感染しても、それほど、危険性の低いウィルスなのです。

しかも、このサーバリックス。摂取しても効果が発揮されるのは、15種のうち、たった2種(HPV16・18。便宜上、16と18と呼びます)。しかも、日本人が一番多く感染するのは、同ウィルスの52と58なんです! 「じゃ、何でコレ?!」

更に。このワクチン。既に感染している場合は効果が無いどころか、体内でウィルスの増殖を招くとか。

更に。女性のうち8割が一生に一度は感染するそうです。ごくごくありふれたウィルス。しかも。先述した通り、うち9割が自身の免疫で退治してしまっている、インフルエンザより発症しないウィルスなんです。

更に更に。このサーバリックスには、「免疫増強剤」として、「水酸化アルミニウム」が使われています。添加物ですね。「水酸化」と冠してありますが、早い話、「アルミニウム」です。金属です。それを血管に直接ぶち込むワケです。

どれもこれも。ワクチンと云うものの中には、先の「免疫増強剤(アジュバンド)」が使用されています。水酸化アルミニウムの他、「水銀」が使われていたり。水銀を血管に注入するんですか? 21世紀に、水銀を不老不死の薬だ、等と迷信しているのでしょうか??? 何時代の為政者ですか???

この免疫増強剤に使用されている金属類が曲者なんです。脳機能を破壊します。時に、重篤な障害を引き起こします。イギリスでは、少女の死亡例まで出ています。

ついでに。副反応被害者の方々への、行政の説明は「注射針を刺す事が影響している可能性がある」 ……医療機関で摂取したのに? 今時?? ヤク中患者よろしく、医者や看護士が、注射針の回し打ちでもしてるんですか???


製薬会社の説明書きには、「劇薬」と記されているそうですが、摂取前、その説明書きを読ませて頂けるのでしょうか? 市販の風邪薬なら、薬局で自分で勝手に買って来て、勝手に飲みます。注意書きを読まないのは、本人の責任でしょう。が、ワクチンや処方薬は、医療機関が患者に販売するものですよ?! 病院で貰うお薬。どれだけの説明がされていますか? 充分な説明が為されているのなら、「医者に貰った薬がわかる本」なんて売れる筈が無い! 「自己責任?」 情報を開示してから言って下さい!!

知らない方も多いようなので。精神科で処方される睡眠薬。長期服用で失明の恐れがありますから。事例が出てます。長年、誤診投薬を受けていたので知っていますが、医者は「これは副作用あまり無いよ~」ぐらいしか言いませんけど。


副作用や副反応は、全員に出るワケではありません。が、それが100分の1、1000分の1、10000分の1だとして。貴方がその「1」にならない可能性は「0」ではありません。

更に言うなら。問題が無かった女の子。「次世代」はどうなのでしょうか? 副反応は防げたとして、体内に水銀やアルミニウムは入れられたワケです。

生命体と云うのは、真っ先に「次世代を生み出す事より、現個体の生命保持」を優先しますから。子宮や卵巣、男の子なら精巣に毒素を溜め込みます。「環境ホルモンがその類」と言えば、通じ易いでしょうか。

何れにしろ、現代人は石油(化学合成された食品添加物)を常食してますけれど。

何故「次世代を犠牲にし、個体を優先する」なんて、専門家でも無いのに思い付くかって?
当のアタシが、そうやって未来を殺して、今を生き延びているからです。

2013/04/26  不破 慈

アメリカ・オーストラリア・韓国では、10代前半の男児にまで、子宮頸がんワクチンを打つそうです。未感染の若年層、全てが潜在顧客と云うワケです。成る程、子宮頸がん予防は「儲かる商売」です。

※資料参考:シンカー・ジャパン
 <http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/index.shtml



 ← 拍手の代わりに、こちらを m(_ _)m

関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/05/08 21:15 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(9)
色々な事が明らかになる時代……か。。なるほど。
よっしゃ!よく調べた不破不破ちゃん!
そうそう、水銀が問題なのよ。
そんな事を知らずに、うちの娘にもワクチン打っちゃったんだけどさ、今はすごく後悔してる。

あとグレーなのは、インフルエンザワクチンね。
これも、どうも人口調整が目的なんじゃないかと言われてる。
つまり、私たち人類は家畜のごとく繁殖まで管理されるって事。
怖いよね。
そういや、昔はアレルギーなんて少なかったのに、今の学校給食の半分はアレルギーの子供専用のものだし。
私も子供の頃になかったアレルギーが出てきたし。
子供を生んだから体質が変わったとか言われたけど、それだけじゃない気がする。
毎年打っているインフルエンザワクチンだけど、最近はちょっと躊躇ぎみ。
私は別にいいけど、子供達の生殖能力が低下するかもしれない…なんて事になったら後悔してもしきれないもの。
ここは本当に判断に苦しむとこだわ。

ビルゲイツがやたらとワクチンを推奨してるってのも、ひっかかる。

いやな世の中になったなぁ…。

それにしても。
ふわふわちゃん、まとめてくれてありがと★
これ、この記事、とても大事だよ。
他の人は「バカらしい」で終わるかも知れないけど、私は真剣に受け止めてる。

これからの時代は自分の身は自分で守らないと。

※この記事、いつか拡散させてm(__)m
[ 2013/04/26 17:25 ] [ 編集 ]
Re: 色々な事が明らかになる時代……か。。なるほど。
> よっしゃ!よく調べた不破不破ちゃん!

いや……、パソで検索したらすぐ出て来ました。「シンカー・ジャパン」ってサイトに詳しいです。今度あそこの紹介記事書かなきゃ! もうネタが20くらい溜まってるよ……(泣) あ、文末に資料参考として書いておかなきゃ!(焦)

> あとグレーなのは、インフルエンザワクチンね。

ああ、いくつかはそうらしいですね。人口調整はさておき、「医療詐欺」には間違いありません。アタシ、インフルワクチンを小学校で打たれて風邪で熱出して倒れて以来、全部拒否しました(笑) で、以来、インフルで倒れた経験は……? 無いよな……? まぁ、母子手帳見ても、アタシが受けた予防接種は一個だけだったワ(笑) ふっ、流石母ちゃん、肝据わってるぜぃ! 

死菌なんて入れられたくないですワ。何れにしろ、今のアタシの身体はワクチン打たれた瞬間にショック死するでしょうが(笑)

ペストだって、今、衛生状態が改善したら、流行らなくなったでしょう? ワクチン以外の対策は取れないの? 考えないの? 何の為に勉強して資格取ったの? アンタら、さんざ投資して勉強したんでしょう? だったらその資本、回収なさいな! だから受験勉強はバカ量産システムだ!って言ってんです!!!

> ビルゲイツがやたらとワクチンを推奨してるってのも、ひっかかる。

あら、そうなんですか? ちなみに、アタシが尊敬しているのは、スティーブ・ジョブスの奥様ですっっっ!!!>

> 他の人は「バカらしい」で終わるかも知れないけど、私は真剣に受け止めてる。

問題ありません。「バカらしい」で終わらせる人間がバカを見るんです。アタシ、自閉が強いので、興味無い人間はとことん興味無いです。ウダモ様は大好き☆ ちゅ~★

> ※この記事、いつか拡散させてm(__)m

よろしくお願いします! ブログタイトルの下に、
※リンクフリー・拡散自由、コピペ・転載は御免被りますm(_ _)m
って書いときましたワ~。
[ 2013/04/27 10:38 ] [ 編集 ]
毎年……?

ウダモ様、水銀やアルミニウムが含まれてるの知ってて、インフルエンザワクチン打ってらっしゃるんですか? 何で?

第一、身体に入れられた死菌意外のインフルエンザには効果ありませんよ?

ワクチンにはどれもこれも。アジュバンドとして金属が添加されてます。記事に書いた通りです。
[ 2013/04/27 14:22 ] [ 編集 ]
いや、知らなかったのよ~orz
知ったのは最近。
しかもインフルエンザを打った直後の冬ごろ。
だから今年のインフルエンザ予防注射は打たないと決めてはいるけれど…
でも私が倒れたら家族が大変な事になるから、私だけでも打とうかなとか…。
すごく迷ってるよ。
打っても予防にはならないと解るし、症状が軽くなるだけと知ってても、私が寝込むわけにはいかないからね。
特に喘息があるから、小さな風邪でも命とりになっちゃうし。
インフルエンザになんてかかったら、どうなる事やら…。
勇気を出して私だけでも…っていう考えを捨てるか、それとも…。
マジ悩む~!
[ 2013/04/28 00:41 ] [ 編集 ]
こんにちは。

予防接種、エッーどうしよう、私娘に15回もインフルエンザワクチン投与してる、どんなアホ親か?
昨年のインフルエンザ接種後にうだもさんからきいて、ショック・ショックでございました。

インフルエンザワクチンをうつと罹患しても軽くすむのは事実です。今年は私だけ接種するつもりです。
持病がありインフルエンザなんかになると命の保証がないもんで、少々悪いもんでも体に投与せねばならないです。お薬もたーくさん飲んでますし・・・。

娘が幼稚園の時に子供に予防接種を一切しないお母さんがいました、お父さんがお医者様でして、お医者様はワクチンに何が入ってるかを詳しく知っているのでしょうか。

[ 2013/04/28 08:59 ] [ 編集 ]
ウダモ様、はるまま様m(_ _)m

後日、きちんとお返事します。ここ数日、記事書きまくったお陰で、電磁波にやられました(爆) イカン、加減を覚えないと……。電磁波過敏症と自覚したのが最近で……。

お医者様なら当然ご存じですよ。食品やら衛生用品に石油混ぜて売ってる会社の社長が、自社製品は危険だから、と、家族に使わせない、なんてザラにある話です。

はるまま様、インフルが重いだけで命の危険が……!アタシは医薬品を一切受け付けない身体ですが。

「ホメ学」、ご存知ですか? ホメオパシー。副作用がほとんど無い代替医療。経済的に可能ならオススメです。拙宅のリンクカテゴリーにも説明文付けて少し書いてあります。

「ホメオパシー・ジャパン」だったかな? 検索すれば出て来ます。

医療も、バランスで考えられては? 西洋近代医学でなくて大丈夫なものは、代替医療。保険はききませんが。替わりが見付からないなら、西洋医学。

はるまま様のお身体に一番良い療法を、臨機応変にチョイスするんです。

はるまま様の心も身体も。コントロールするのは、はるまま様ですよ。
[ 2013/04/28 09:18 ] [ 編集 ]
ふわふわちゃんありがとう。早速、ホメ学検索して勉強してみます。

口に入る食物やお水は物凄く気を使っていて、無農薬とか化学調味料などは使わない食生活してるんだけど、思わぬ所に落とし穴でした。

ボケっと暮らしている罰ですね。

返信はしなくてよいからね。
あなたが心配だからきてるだけだから。記事であなたの元気加減解るから。お互い無理のしすぎはだめよ。
話違うけどふわふわちゃんって
中学K区のK中で高校はN区のM高校でしょ。
[ 2013/04/28 09:55 ] [ 編集 ]
でも、嬉しいから返信しちゃふ☆

罰じゃないでしょう。少なくとも、ここではるまま様が気付いたお陰で、これからのお子様の生活や、周りに居る方は未来を守れる。「一人が悟れば万人が悟る」です。

洗剤も気をつけて下さい。石油で身体を洗っていたりします。

惜しい! 高校はピンポンですが、中学はKではなく、Sです♪

私を心配して来て下さるなんて、はるまま様は菩薩様のようですワ……(* ̄∀ ̄*)
[ 2013/04/28 10:17 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ウダモ様~!
はるまま様にもコメ返信しましたが、ホメオパシーですよ~!
アジュバンドで脳はダメージ受けるんですから! 直ぐではなくても、将来が危険です!
水銀やアルミニウムなんか、血管に入れちゃ駄目ですよ!
[ 2013/04/29 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html