二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

立派な虐待だったらしい

※分析でも解析でも考察でも無く、単なる愚痴です。







ある方に、色々と教わりました。「娘にブラジャーを禁止するなんて、立派な虐待」と。

どういう事か。

アタシ、小学4年生・10歳辺りから、グン!と身体が成長し出して。で、高学年の頃には、周りのコと比べて、明らかに胸が大きい。男女問わず、同級生から「デカイデカイ」と言われてたんで、凄まじいコンプレックスでした。

ランドセルを背負った下校途中、知らない中学生くらいの男の子から「胸デケー!」と冷やかされる始末。もう、恥ずかしいを通り越して、恐怖ですよ。自分の身体が怖くて仕方無い。

で、流石に小6になると、皆から「ブラジャーしなよ……」と言われるようになり。ビクビクしながら、母親に申し出ると、「バカ言ってんじゃないよ! 未だ早い!!!」と怒鳴り付けられ。

母親に言う、それだけで凄く勇気が要る事だったんですけどね。7歳上の姉の下着を見て、母はいつもいつも「ブラジャーなんて、あんなチャラチャラした物! ショーツだって、尻が隠れないじゃないか!」と、アタシにネチネチ言ってましたから。

後年、姉に「あんな事言われて、ブラジャーするの、怖くなかったの?」と訊くと、「え?! そんな事言ってたの?!」と。……アタシに陰口叩いてただけかい……。

よくよく考えてみれば、とんでもない話ですよね。見ず知らずの少し年上の男の子にまで、性的な暴言を吐かれてるんです。ランドセル背負った小学生の女の子が。こんな状態、放置したままで、変質者に狙われたりしたら、どうするの??? 親として、保護義務を果たしてませんよね???

当時、サイズなんてきちんと測った事ありませんでしたが、そうですね、中学入学時点で、Eはあったかな???

で、ブラジャー禁止なんで、とにかく、キツイ物で胸をギリギリ締め付けて。怖くて不安で、どうしようもないから。で、それ以上は大きくならなかったんですが、お陰で、お腹が出ました。当たり前ですけど。で、25歳になる一ヶ月前。意を決して、ブラジャーを買いに行き。胸を締め付けるのを止めたんですが、その二ヵ月後、精神科で統合失調症と誤診され、投薬開始。28歳頃からは、一日70錠を超える薬を飲まされました。治るワケありません。統合失調症では無いんですから(笑) アスペルガー症候群は、薬では治りません。脳の特性であり、そもそも発達障害の一です。

で、誤診投薬が改められると、相変わらず、周期も量もおかしいですが、生理が再開し。一年半で6カップアップです。

実は、生い立ちのトラウマから、部屋の中でもノーブラは怖いんです。不安でしょうがない。ノーブラでも怖くないのは、布団の中だけ。しろたん抱き締めて小さく丸まってます。

そんな経緯があって、アタシは基本、男性恐怖症。あのですね、友達として、妹分として、娘や孫といった感覚で接して貰うのは大丈夫なんです。寧ろ、妹扱い・娘扱いは嬉しくて仕方無い。父親に関しては、物心付く前に見限っていたし、9歳上の兄は引き篭もりだったのですが、やはりお父さんやお兄ちゃんには憧れます。頭ナデナデして貰うのは大好きです♪♪♪

だから尚の事言うんですよ。余計な薬さえ飲まされなければ、不法滞在DV野郎には引っ掛からなかったと。だって、アタシ、男の人怖いから、DVだの何だのの前に、結婚自体、有り得ない。だって、恋愛自体が無理なんですもん。

マックロに引っ掛かったのは、一日70錠誤診投薬が始まって、二年くらいたった頃だな。如何にアタシが、突出して優れた頭脳を持っていようが、頑強な精神を持ち合わせていようが。要りもしない薬を、一日70錠飲まされたら、正気は保てません。しかも、全部要らない薬だったんですから。

一日70錠飲まされる前は、男性は避けてました。友人としては仲良くします。が、恋愛対象として、”そういう素振り”を見せられた時点で、アタシ、逃げるんです。怖いから。身体がドンドン冷えてきて、早く遠くに逃げないと、ガタガタ震えが来る。そのくらい怖い。

こんな身体してますから、外歩くと、ジロジロ見られる事も良くあります。別に、サイズがサイズで、明らかに普通じゃないから、驚いてチラッと見られるくらいは構わないんですよ。そのくらいでガミガミ文句言う気は無い。思春期前の男の子が、口をあんぐり開けて硬直してるのも構わない。単に驚いてるだけですから。

が、良い歳した大人が、じーっと見てるのは、正直、引きます。真昼間、スーパーの真ん前で、年配の男性から、「ねーちゃん、胸デケーな、触らせてくれよ」とか言われた経験もありますけど。先日、年配の女性にも、ジロジロ見られましたよ。同性からあからさまに見られたのは初めてです。

お陰で、実体重ほど太っては見られませんけど。ってか、アタシより、身長10cm高くて、体重10kg軽い人が、アタシよりヒップ10cm大きいって、どういう体型なの???と思ったり。そこに思い至った途端、「”どういう体型?”は、アタシだ……」と撃沈。

自分の身体が惨めでしょうがない。女の身体が、惨めで惨めで仕方無い。いくら「いや、これは、日本人離れした整った体型って事だよ。ハハハハハ」と気を取り直そうとしても、やっぱり自分が惨めです。しろたん抱っこして、ずっと布団の中で縮まってたいです。


2013/05/29  不破 慈


母から、「デブだデブだ」と言い含められて育ちましたが、ブラジャー買いに行った時、「ボトムはMですよ」と店員さんに教えて貰いました。Mサイズのショーツ入る女の子、って、デブじゃないですよね??? まぁ、薬の副作用とDVが原因の摂食障害で、太ってしまいましたが。





関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/05/29 14:51 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(4)
そうですね。立派な虐待だと思います。
もしかして、生理のことなんかも誰にも教えてもらえなかったのでは?

母上は、お姉さんにはブラを買い与えたのにふわふわさんには何故でしょう?
不思議ですね。

ごめんなさい。
私は、極々ふつーに育てられて生きて来た(はず)ので母上の気持ちが理解できません。
一人っ子の割に厳しく育てられた(と思っている)ので母とはよく衝突しましたけどね。

ふわふわさんはお若いのに、大変な経験をされて来たのね。
でも、だからこそそんなふわふわさんにしか伝えられない何かがあるはずです。
今のふわふわさんは、ちゃんと地に足着けて暮らしていらっしゃると思いますよ。
そして、頭も良いんだろうなぁと文章を見ていて思います。

これから先、明るい未来が開けるよう一歩踏み出せると良いですね。
[ 2013/05/31 14:59 ] [ 編集 ]
そうなんだ、誰が見てもおかしいんだ……!

ありがとうございます、まっち様。

姉は、高校行ってからバイトしたんです。自分で買ったんです。アタシと違って、身体大きくないし、華奢だから。母親が違うからか、全然似てないです。アタシのように、年端も行かない頃から胸は大きくなかった。

別に、家計が大変だから、と、姉がバイト代を家に入れてた、とかは無いんですが。

母は、近しい者から犠牲にするタイプで。先ず、自分。次にアタシ。

アタシの方が、母からの「縛り」は強かったですね。別に、ブラの話だけでなく。

でも、自分の腹の子を依怙贔屓する女で無くて良かったと思います。八つ当たりが姉に最優先で向けられなかった事だけは本当に良かった。

その点、人として救いがあります。

拓けますかね、道は。大丈夫と思ったり、駄目だと思ったり。

随分マシになりましたが、まだ浮き沈みは激しいです。
[ 2013/05/31 16:16 ] [ 編集 ]
ウダモさんも私も見守ってますよー。
[ 2013/05/31 17:30 ] [ 編集 ]
ありがとうございます(ρ_;)

あ、生理に関しては、学校で割としっかり。

が、母がLサイズのショーツしか買ってくれなかったんで、頻繁に漏れて困ったなあ……。

実際のヒップサイズはMなんだもん(ρ_;)

母はM履いてました。

……、アタシと同じ、が赦せ無かったんでしょうねぇ……。

だって、デブだデブだと言い聞かせてる娘が、自分と同じサイズだったら、自分もデブですから。

だから、ゆるファッションは大嫌いです。ブカブカの服着せられて、デブだデブだとなじられてた昔を思い出すから。

まあ、ゆるファッション自体、華奢な女の子が華奢さを強調する為のものですけどね。

※若い頃、100万掛けてパーソナルカラーコーディネートを学びました。
[ 2013/05/31 17:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html