二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

社会のルールに則って修行する為、肉体を持って生まれた

……のが、我々、人間です。 (←話終わった?!)


現在、指示を集めている、スピリチュアル系の方々。
私は、あまり好ましく思っていません。

霊視や占断、そういった能力に対して、申し上げているワケではありません。
発言内容に、矛盾があるからです。

「言ってる事と、やってる事が違う」人間は、良く見掛けますが、
「言ってる事と、言ってる事が違う」人間は、あまり多く……、いや、多いか(沈)


スピ系と呼ばれる方、全員がそうではありません。
が、各メディアや世間に重宝されている方々、非常にこの傾向が見られます。

「言ってる事と、言ってる事が違う」

どういう事か。


私が特に引っ掛かる点。
「魂レベルで正しい不倫」
「魂の浄化」、まぁ、この二つかな?


彼等、決まり文句のように言いますよね?
「我々は、修行の為、肉体を与えられたのだ」、と。



矛盾しています。





私も微弱ですが、スピ体質の人間です。
彼等が言いたい事は解ります。
だからこそ、それが「間違っている」と確信出来ます。

強いて言えば、彼等は、
「自分の目に見える世界の事しか、考えてない」

え?
彼等は見えない世界を見る事の出来る人間だ、って?

ええ、そうですね。
常人には見えない世界を見る事が出来ます。

が、彼等には「見えている」世界です。


彼等が感知出来る現象に対し、
深く考える事も無く、見たままを告げているに過ぎません。

私から見れば、一般人と何ら変わりない。
「自分に感知出来る世界の事しか考えていない」人間です。


同じです。





我々には、各々、「肉体」が与えられ、
「人間」として「社会」を構成しています。

言い換えれば、「修行」の為、
人間として、肉体が与えられたのだから、
その「修行」の場とは「社会」なワケです。


「社会」で「修行」し、向上し、成長しなければ、
「肉体」を持ってこの世に生まれた意味が無いワケです。


これを考えた場合。

「魂レベルで正しい不倫」に邁進した時。
それは「社会で修行している」事になりますか?





社会とは?
社会とは何でしょうか?

「人間が集まって形成している場所」を、指しますね?

社会の最小構成単位、それは、「家族」、でしょうか。
その家族が、また他の家族と隣り合って生活し、学校があり、会社があり。


挨拶だけする間柄の方、顔も名前も知らない方。
色んな考え、色んな背景。

様々な事情を抱えて生きています。
それが「社会」です。





人間ですから、一時、意気投合しても、
数年後、歩む道が違う、と気付いて、上手く行かなくなる事もあるでしょう。

離婚は悪い事ではありません。


双方の努力に寄り、関係を修復し、
人間として成長出来るなら、それが一番望ましいでしょうが、
家庭内でいがみ合い、罵り合い。
憎しみ合っているくらいなら、いっそ別れてしまった方が良い。

当人達の心理面に良くないですし、
何より、子供が悪影響を受けます。

自分の両親が、毎日毎日、ぶつかり合っていたら、
そんな荒んだ家庭で育った子供は、心に深い傷を負ってしまいます。





が。「不倫」は良くないのです。
「不倫は不誠実」だからです。

「不義」なのです。「不義理」です。


家庭を持ったまま、第三者と関係を築く。
これは、「裏切り」なのです。

例え、もう心が配偶者に無くとも。
配偶者を「人」として、尊重しなければなりません。


本気か浮気か存じませんが、
他の異性(同性でも)とやり直したいなら、
現在の関係に、ケジメを付けるべきです。





「間違った相手と先に結婚し、
 その後、魂レベルで正しい相手と、出逢った場合の不倫は、するべき」?

そうなんですか?
その配偶者は「間違い」なのですか?


では、子供が居る場合。
そのお子さんも「間違い」ですか?

では、相手に取っても「貴方は間違い」だったワケですね。


成る程。
確かに「間違い」です。
一番間違っているのは、不倫をしている当の貴方です



例え短期間でも、一緒に人生を歩んだ方でしょう?
別れるにしても、「礼」は尽くして下さい。

私のように、命辛々、
逃げ出さざるを得なかったワケじゃないでしょう???


「不倫」は、「修行」する為、
生まれ落ちた「社会」のルールから外れています。





「魂の浄化」、この言葉も嫌いです。

スピリチュアル界、つまりは心霊世界に頼って、魂を浄化して貰うなら、
何の為に「肉体」を持って、人間として生まれ落ちたのですか?

そもそも論として、我々は、「肉体を持って修行」し、
「魂を成長」させる為に、社会に人間として生まれたのです。

「人智」を尽くさなければなりません。


「霊魂」と「人間」の違い、解りますか?

「肉体の有無」です。
答えは簡単です。

心霊には、肉体がありません。つまり「脳」が無い。
この「脳」があるから、人間は修行出来るのです。





この「脳みそ」。
人間が有している、「最高最強の臓器」であると考えています。

脳があるから、人間は学べます。
知識を得、経験を積み、思考錯誤しながら、智恵を獲得します。


その繰り返しです。
そうして成長して行くのです。何処で?

「人間」であるのですから、「社会で」です。


仮に、何処ぞの霊能者さんに「お祓い」?「除霊」? して貰ったとして。
本人の能力で成した事では無いのですから、また汚れますね?

その度に拝んで貰いますか? その繰り返しですか?
本人は、いつ向上するのですか?

いつまで経っても、その「魂」はレベルアップしませんね?





「祈祷」という手段を用いるのであれば、
「祈って貰う」のでは無く、「祈る」んです。「己と向き合う」んです。

祈祷とは少し違いますが、
座禅や瞑想、素晴らしい精神修行の一です。

「何とかして下さい」では無く、「何とかする」んです。

自分で、です。
「解え」を、自らの内に求めるんです。


手助けして貰う事自体、何ら問題はありません。

が、それは「手助け・手伝って貰う」です。
貴方の人生に取り組むのは、貴方でなければなりません。

「貴方の人生の主役は、貴方」です。





「見えない世界」を蔑ろにして良い、等と言っているワケではありません。

彼等は「心」だけの存在のようなものです。
心はあるのですから、大事に接して上げねば。

この点に関しては、
そんな世界信じられない、と仰る方に無理強いをするつもりはありません。

死者を冒涜する行いは赦せませんが。

「現実社会」で「修行」するのですから、
社会に生きる人間を軽んじなければ、「人の道」は外さないでしょう。


が。「現実社会」で生きてる人間が、
現実社会から浮き足立って、「スピリチュアル」に傾倒しているのは考えものです。

何の為に、
「肉体」を持って、「人間」として、「社会」に生まれて来たのですか?





肉体は、宝です。
脳は、宝です。

何故なら、この「脳」があるから、経験し、考え、
自分とは異なる人々を尊重し、共存していく為の「智恵」を、得られるからです。




2013/06/08  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


※余りにも読み難いんで、色を抜いて、改行を加えました。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/06/08 22:01 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(6)
うぷぷ( ̄m ̄〃)
確かに。「正しい不倫」っておかしい(笑)
私も、あの手の方達はすごーーーく苦手です。
そもそも、疑り深い性格なので 催眠術にさえもかからないのではないか?と。

「魂の浄化」ってのも胡散臭さがぷんぷん!
人間は煩悩があってこそ、人間だと思ってます。
浄化されてしまっては、仏になるしかないではありませんか!←

生きている間は「あがく」しかないのだと思います。しんどいけど・・
[ 2013/06/09 11:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメありがとうございます♪
この記事、淡々と論理思考を書き記しただけだから、読んでて詰まんないかな~と思ってたんで、感想頂けて嬉しいです。

……、いや、書いてて詰まんなかっただけなんですけどね。なんでいちいちこんなん書かにゃあならんのか。ちょっと考えれば解る事でしょう! が、こういう人達ほど、やたら売れてるので、書かないワケにも行かず。こんな発想を横行させていたら、「これは魂レベルで正しい不倫!」って社会の倫理が益々崩壊してしまう。もう既にボロボロなのに。

んっとですね、アタシ自身がスピ系なんで、一言言わせて頂くと、「良識あるスピ系」ほど、社会の表舞台には出たがらないです。個人個人、接続出来る領域や対応可能な能力が違うので、「主観」の罠に嵌り易い。「客観性」を失い易いんですね。社会では「客観性」が重要になって来ます。だから、「自己を客観視」出来ているスピ系ほど、表には出て来ない。

アタシは、波長を感じ取るレベルの事しか出来ない人間で、特別に何をする能力も持ってないんです。だから、社会に向けて発言しても、他力本願人間から「霊視して!」とか言われる心配がありませんから。だからこうやって情報発信出来る。


> 「魂の浄化」ってのも胡散臭さがぷんぷん!
> 人間は煩悩があってこそ、人間だと思ってます。
> 浄化されてしまっては、仏になるしかないではありませんか!←

あはは(笑) 確かに。煩悩があるから人間です。他者の権利を侵害するレベルの煩悩がいけないだけなんですよね。

ただ、「魂の浄化」って、どうも、煩悩に対して言ってるワケでは無いようなんですね。仏教に拠るところの「煩悩を棄て」と言うのと、どうも目指してるところが違うみたいです。


> 生きている間は「あがく」しかないのだと思います。しんどいけど・・

まっち様、本当に大変な日々で……。こういう発言は良くないかもですが、母が両親(私から見ると祖父母)の介護経験ありまして。言ってましたよ。「年寄りの介護は先が見えるが、若い人の介護はどれだけしんどいか……」

アタシは、母親に女性性否定という虐待は受けましたが、母の人生、苦労ばかりだった事を思うと、母自体は本当に頑張ったな、と思います。ブラジャー禁止と、生理用ショーツがゆるゆるだった事は、ホント困りました(笑)
[ 2013/06/09 22:59 ] [ 編集 ]
いやいや・・まったくもって、そう思いますよ。
40代で寝た切りになられたもんで、あたしの人生半分くらい持って行かれます。

悪いけど、そんなのまっぴらゴメンです。
旦那には、あたしより先に逝ってもらわなくては。
あれを遺して逝ったら、子供達にも迷惑かけますしね。

先のことは、あまり考えないようにしています。考えたって仕方ないしー。明るくなれないしー。
きっとなんとかなる(だろう)!
[ 2013/06/10 18:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ん? あ、そうか、40代か! いや、アタシは母が36歳の時の子供なモンで……。そっか、世間一般では、マイナス10歳計算か……。

40代で親でなく、配偶者の、って言うのは……。事故とかが原因ならあるでしょうが……。
お母様のお気持ちとしては、「子供に負担は」ってなりますよね……。でなくたって、子育てを終える頃、夫婦仲良く旅行でも、とか、夢見ますよね……。

ただ、今の生活、まっち様ご自身にも凄い負担な筈……。

これで消費税率上げて、福祉サービスは据え置き? なんじゃそりゃ。まったくこの国は……(ブツブツ)
[ 2013/06/10 20:30 ] [ 編集 ]
「正しい不倫」も、人にしてもらう「魂の浄化」も、
確かにありえませんね。

人を深いところで傷つければ、
必ずその代償を払わなければならない日が来ることになると思います。

また、自然から発せられるパワーから力を貰うことがあっても
浄化されることはないように、人が人を浄化だなんて・・
おこがましいことだと思います。

が、スピリチュアルな事は信じていて、、

本当は単なる偶然なのかもだけど、
私が驕った感情を心に持ったときは、必ずいろんな形で試練がきます。
謙虚な気持ちで居るときには、
不思議といろんなことが上手くいきます。
私の気持ちが、周りに態度として出てるだけなのかもしれません、
ですが、私の事を戒めてくれるそんな存在を感じます。

昔飼っていたハムスターが死んで、泣きに泣いた時は、
その夜会いに来てくれました。
実態はないけど、なぜか感触が残ってました。
その日以後、少しずつ立ち直っていったように思います。

なので、きっかけを与えてくれる存在はいて、
動いたり考えたりするパワーがないときにパワーを貰うのはパワースポット、
けれど何かを為すのは結局自分自身なのだと・・。

ん!?
私、思い切りこのエントリー内容からずれてますかね・・・。
しかも何が言いたかったのか、落ちもなく。
失礼いたしましたm(- -)m




[ 2013/06/11 03:13 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> が、スピリチュアルな事は信じていて、、

ええ、信じるも何も、日常に隣り合って存在する世界です。
が、見えない世界でもあるので、信じない、という人に無理強いする気もありません。
ただ、「見えないもの」を軽んじる現代人はどうかと思いますけどね。だからですかね、「見えない凶器(放射能・PM2.5、etc.)」が次々と生み出されているのは。


> 本当は単なる偶然なのかもだけど、
> 私が驕った感情を心に持ったときは、必ずいろんな形で試練がきます。
> 謙虚な気持ちで居るときには、
> 不思議といろんなことが上手くいきます。
> 私の気持ちが、周りに態度として出てるだけなのかもしれません、
> ですが、私の事を戒めてくれるそんな存在を感じます。

うふふ♪ ポレポレ様は、日本人の美しさを体現したような方ですなぁ……♪


> 昔飼っていたハムスターが死んで、泣きに泣いた時は、
> その夜会いに来てくれました。
> 実態はないけど、なぜか感触が残ってました。
> その日以後、少しずつ立ち直っていったように思います。

本当に可愛がってらしたのですね♪ ハムちゃんも、ポレポレ様に愛されて、幸せな生涯だったと。


> なので、きっかけを与えてくれる存在はいて、
> 動いたり考えたりするパワーがないときにパワーを貰うのはパワースポット、
> けれど何かを為すのは結局自分自身なのだと・・。

はい、何等かの力に触れる、大事な事です。人が変わる切欠。「出逢い」や「発見」。神社は「誓い」を立てる場所。「何等かの絆」に寄って、人は変わるものですよね。


> ん!?
> 私、思い切りこのエントリー内容からずれてますかね・・・。
> しかも何が言いたかったのか、落ちもなく。
> 失礼いたしましたm(- -)m

いえいえ、とんでもない。ポレポレさまの清らかなお心に触れる事が出来、とても嬉しいです。コメント感謝します。
[ 2013/06/11 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html