二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

神奈川県大和市でもDV問題に取り組み始めたようです。

神奈川県大和市から、『平成25年度・大和市男女共同参画に関する市民意識調査』の、アンケート用紙が届きました。

20130622の1、大和市
20130622の2、大和市





このブログをいつも読んで下さってる方にはご周知の事実ですが、私は去年の1月、神奈川県大和市から、『不法滞在であった外国人夫からのDV被害』に遭い、近隣他県へ脱出している身です。

脱出したその月に、保護を打ち切られたんですがね。「保護を打ち切りますので、返上しますと一筆お願いします」と、紙に書くよう指示されて。冷蔵庫もコンロも洗濯機も無い状態で。


専門の相談機関を通さない場合、何処の自治体もこんなものでしょうか?

「シェルターもいっぱいですので、ご自身で動ける状態なら、直接自治体に相談して頂けますか?」とパープルラインで言われたからと言って、怖くて怖くて、自分独りでは保護申請に行けません。避難先の自治体へ、引継ぎもせず、月・5万の収入しか無い人間を、バッサリ切り捨てるのですから。

上の書簡ですが、身の安全の為、住民票を移していないんです。で、郵便局へ現居住地に転送願いを出しているので、今日、届いたんです。

アンケートには、DVに関する項目もありました。最後の自由記入欄には、「一般市民の方への周知より、市の職員さんを教育されては如何でしょうか?」と書いてポストに投函しました。

気分は良くないです。私がこんな事をネット上で公開していては、たった数人の職員さんの為に、何も知らない職員さんまで、白い目で見られるのですから。大和市民の方に取っても、不名誉でしょう。それもあって、ずっと「保護を切ったのは、何処の自治体か?」を、明かしていなかったのですが。

しかし、私がこのまま泣き寝入りするのもおかしい。これだけの仕打ちを受けて。これでは、『DV保護法』が何の為にあるのだか解りません。

一つ。これは申し上げておきたいと。大和市は、「私が自ら、保護を返上した」という証拠の紙を持っているワケですが。

常識的に考えて。DVで逃げて来たばかりの、月・5万円程の定期収入しか見込めない被害女性が、自分から保護を返上する、なんて、有り得ない。

もし、仮に。私自らの意志で保護を返上したとして。だとしたら、『市の担当職員との間で何かあった、もしくはされた』と考えるのが妥当ですよね???


2013/06/22  不破 慈  ※同24日、画像追加


 ← 拍手の代わりに、こちらを m(_ _)m

【関連】
2013/05/06 助けて下さい! 情報が欲しいです!
2013/04/06 頂いてる生活保護費、11万ですけど?! ―子供二人の母子家庭は29万?!―
関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/06/22 16:24 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html