二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

自由資本主義経済の素人・中国

晴れてDV夫との離婚が成立し、図書館で本を借りまくりのふわふわです。
中国経済についての本も読みまして。まぁ、表題の通りです。


ずっと社会主義オンリーだった人達が、
勉強しないまま、自由主義経済を導入、
結果、ドン詰まっちゃったよ、と。



ご説明します。





ま~、ビビりました。耳にした事はあったんですよ。

「お札が足りなければ、刷れば良い」

まさか(笑) 詭弁でしょ? 煙に巻きたいだけ?

ホントにやってたんだ!!

……顎が外れるかと思いました(沈)


中学生だってそんな事考えませんよ!
日本では、義務教育で、(ハイパー)インフレについては学んでいます。

が。そこまで激しく突っ込んで、ハタと気付きました。


……中国共産党の人達、って、
ずっと社会主義を絶対視して猛進して来たから、
そういう基本的な経済知識、知らないのね?






元を正せば、ソ連の崩壊も、経済の行き詰まり。

いつまで経っても豊かになれない。人々の不満は溜ります。
社会主義の下、約束された配給すら滞る始末。
暮らして行けなければ、民衆は黙っていられません。

で。それを見た中国は、体制を維持したいが為に、
「経済だけ自由資本主義」を導入した。
(暮らして行ければ、生活さえ豊かになれば、文句は無いだろう)

……経済が自由資本主義になっちゃったら、
それ、もう社会主義でも何でも無いんですが……(沈)





ちょっと社会主義の歴史を大雑把に振り返ります。
(拙宅で何度も書いている内容と被りますが)

王侯貴族ばっかり豊かな生活をする社会に、市民の怒りは爆発しました。
そうして、18世紀、革命の嵐が吹き荒れたんです。
で、その中から、経済力の強い者が、実権を握るようになった。
彼等は教育を受けていたし、武力革命だった為、資金を投じていたからです。
(ブルジョワ革命、と言われる所以です)

で、今度は、そのブルジョワ達が、王侯貴族みたいな事をやり出した。
金に物を言わせて好き勝手。貧しい庶民(労働者)は無視。

で、コレに怒りを爆発させた人達が、社会主義の思想を生み出したんです。
「生活物資は配給制にして、皆が労働者で、皆が同じ生活水準」


……何ですが。
結局、その社会主義でトップに立った人達が、
ブルジョワと同じ事を始めちゃったんです。



ですが、社会主義の思想が無駄になったワケではありません。
資本主義側が学んだんです。 「労働者の事も考えなきゃいけない」
そうして、社会福祉が普及して行きました。
(日本は社会主義が最も成功した国、とか言われちゃうのはそこもある)





でもまぁ、中国共産党のトップは、
場当たり的に自由経済を導入してしまったので、
圧倒的に勉強不足。 結果、再びドン詰まり。



そんなこんなで、今、必死なんですよ。
実際には、自分達こそ“ブルジョワ”なんですが、
そこから目を逸らしたいが為に、「軍事力拡大」とか「覇権主義」とか。
「国威発揚」に勤しんで、豊かさを享受出来ない庶民を誤魔化している。
(経済格差は、日本の比ではありません)


こんなんが罷り通るほど、
「世界」は甘くない。



手抜き工事は、中国では珍しくないそうですが。
ハリボテ経済”、底が抜けますよ?





農民から安く土地を買い叩いて、
地方政府が身内(自分達で作った公社)に高値で売り付けて?
「踏み倒されても、同じ(組織)だから困らない」とか。  ← 内部利益ですよね?


それ全部、GDPに計上、って何?!


そんなん指標に使えるかぁ!(泣)



2013/12/20  不破 慈

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 ← 応援、よろしくお願いします!


こんな無茶な経済政策を取ってる国に進出したんです、
(各企業は)相応のリスクを精査の上で、ですよね?



……内部利益と言いますか、ダミー会社と言いますか……。 もう、偽装取引?
関連記事

[タグ未指定]
[ 2013/12/20 17:41 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html