fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

「大陸の思想」×「和の精神」:諸子百家を生んだ筈の中国、そして日本

こんな話を小耳に挟みまして。

「中国は、数々の思想を生んだ道徳の優れた国」

……え?

いや、「数々の思想を生んだ」は、全くその通りなんですが。
「道徳の優れた国」、は、違うでしょ???


正解は、
世の荒廃を憂い、
多くの思想教学が誕生したが、
未だ、それらは浸透していない。
です。





老子の言葉です。「大道廃れて仁義有り」

コレを儒教批判のように解釈なさっている方が多いですが、
全く以って本質を掴めていない。

老子はこう言ったんです。
『殊更に仁義が叫ばれるのは、世が乱れているからこそ、です』


“大道”、“道”とは何か。 日本人なら解るでしょう。
“御政道”と言う言葉があります。大筋で意味は同じ。
※暴れん坊将軍の再放送でも見て下さい。


老子の“道徳経”は、支配階級に対して説かれた教えです。
2000~2500年前の中国。当然、庶民は読み書き等出来ません。
そんな中、文字で竹簡に記された教えです。 成立には諸説ありますが。 


『治世が乱れているから、平和な暮らしを求めて、人々は道徳を叫ぶんだよ』
“説いた対象”を間違うから、儒教批判等と言う“勘違い解釈”に繋がる。





何故、この道徳経の一説を持ち出したか。ここですよ。
人心の荒廃が凄まじい」。

だからこそ、大陸では、世を憂い、聖人が教えを説いた。
ところが。それが浸透しない。それが“諸子百家の乱立”に繋がるんです。

大陸では、早くから儒教も形骸化しています。寧ろ、実践しているのは日本。


「じゃあ、日本人は、
中国の教えを学んで、
優れた国民性を獲得したのか?」



違います。


何故、我が国が儒教を受け入れたか。

我々、日本人の“和の精神”に、
通ずる教えだったからです。

※仏教の伝来と同じです。





そもそもの段階で、日本人はその土台に“和の精神”を持っていた。
で。外来の教えに触れた時。

「ああ、ホント、その通りだ。俺達が普段、感じている事が書いてある。
これは正しい教えだ。是非、取り入れて広めようじゃないか」

我が国の祖先は、自ら“思想”を生み出す事はしませんでした。
“思想”で先導するまでも無く、“優れた精神”を持っていたからです。
※今風に言えば、「民度が高かった」。

“和の思想”とは言いませんでしょ?
“和の精神”です。






かと言って、海を隔てた大陸の人々を、
その存在から丸ごと否定する事は出来ません。
彼等は、激烈な生存競争を勝ち抜いて来たのです。

が。時は21世紀。
倫理道徳を完全無視した、弱肉強食は改めて頂きたい。


中国では“厚黒学”という処世術が、広く指示を受けているそうです。
「弁解すれば黒くなる」とご批判を頂きましたが、貴方方に言われたくは無い。

「大道廃れて仁義有り」。この言葉に、礼節を重んじる筈の、
“儒教”を国教とする、隣国の惨状が浮かんで来ませんか?





皮肉なものです。

大陸で生まれた教えの価値を認めたのは、
海を隔てた島国に生きる、“和の民族”だったのです。


2014/01/09  不破 慈

 現代は民主主義・主権在民ですから。世の荒廃は、我々一人一人の責任です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m


感謝していますよ。中国だろうが、韓国だろうが。欧米だろうが。
優れているものは優れています。優れたものは取り入れるべきです。
取捨選択するのは、明くまで日本人。 ここは日本ですから。
間違っても、当の日本人が、主役の座だけでなく、メガホンも渡さないで下さい。

※テンプレ変えたら、見難くなったんで、色、抜きました~。


【※】  2014/05/02  中国こそが、真の隷属国家である。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/01/09 17:52 ] 保守活動 -6.文化・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。