二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

救命胴衣を身に着けていなかった。 ~おおすみ「に」、ボート「が」衝突した件~

※前々回記事で予告した件。

先ず、「あたご」の話から。


現場は千葉県野島崎沖。
 岩礁地帯であり、海難事故多発域。

「あたご」は全長165mの護衛艦。

死亡者二名(父・子)。子は船舶免許ナシ。
 前夜、遅くまで酒を飲んでいた。

事件は早朝4時。





まぁ、ご子息が船舶免許を持っていない事自体は問題ではありません。
(運転していたとしても、免許保有者の監督指導の下であるならば)

体内にアルコールが残っている状態で、
 乗船している点です。


海上航行中に
 乗組員が飲酒状態。


たった二人の漁船であれば。
状況に応じて、代わる代わる操舵(運転)しますよね?

一般の(陸の)道路であればどうですか?
飲酒運転です。





護衛艦「あたご」は、全長165mです。
学校のグラウンド。直線で何メートルのラインが引けますか?
それを考えれば、「巨艦ぶり」が伝わりますよね?

これほど大きな船です。小回りに動けないだけでなく。
もし、小刻みに方向転換をすれば、強く大きな波が立ってしまいます。

返って、小さな船を危険に晒してしまいます。


更に。現場は岩礁地帯であり。海難事故多発域。
つまり、海底面に岩肌がゴツゴツしており。
水面下の造り(船底部)が大きい「あたご」が、
ヘタに動いては、座礁し、転覆してしまう恐れがある。

回避責任は、漁船側にあった、と言う事です。





翻って。今回の「おおすみ」。

当初、メディアにより、「漁船と衝突」と報じられましたが。
組合に船籍が無いのです。漁船ではありません。

「釣り船」と今、言い換えられていますが。
早い話、「釣り遊びのための小舟」。プレジャーボートです。

何故、
救命胴衣を着けていない?


大型客船の乗客では無いのですよ?
私も、何度か勤め先の船に乗せて貰いましたが。
船室で座っているだけでも、万が一の為、救命胴衣は着用しなければなりません。





仮に、停泊中のボートに対し、
おおすみが突っ込んだのであれば責も問われましょうが。

全長178m。
時化でも無ければ、目視で充分確認出来ます。

救助されたお二人。
「おおすみが加速してきて衝突された」?


では、何故、
おおすみの左舷後方に衝突の痕跡が?



艦体を横方向に突進して来たのですか?
物凄い芸当です。


第三者の目撃証言では、
「釣り船の方が」との事ですが?






2月9日。
都知事選ですね。

そんなにも自衛隊に傷を付けたいのでしょうか?


2014/01/18  不破 慈

 まぁ、アタシは田母神氏に一票を投じますが?

ブログランキング・にほんブログ村へ


 大雑把過ぎるんだよな……。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/01/19 00:38 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html