fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

精製された鉄の塊

セラピー系の心理学本、読んでさぁ。
目的外の事が解決されちゃいましたよ。

早い話さぁ、大多数の人に取って、アタシの話は、
“精製された、純度の高い鉄の塊”を、
ドカーン!と目の前に出されたようなモンだったのね?

あ、そりゃ乱暴に見えるワ(笑)

 ≪純度の高い精製鉄 = 純粋理論≫

ところがどっこい、アタシはその“鉄の塊”を必要とする人間だから。

「ふわふわさん、もっと解り易く……」
「え? この鉄の塊を解り易く???」
「いや、もっと優しく……」
「え? この鉄の塊を易しく???」

永遠に噛み合わない、無限ループ(爆) (鉄の塊は、鉄の塊)

アタシに取って、「こんな使い勝手の良いものは無い」、って頭でいたから。
何をどうすれば良いのか、さっぱワカランかった。





セラピー系の本、いきなり読んだら、アタシ、理解出来なかったワ。
この文言の裏に、どんな“体系化された心理学理論”が
隠されているか解るから、この本の文章、理解出来る。

この優しく易しい表現の裏に、超絶的な理論が組み上げられてる。
コレ、ホント、凄いワ。理論まんまの方が、どんだけ簡単か、って話。

つまりさ。
「コレ、むちゃくちゃ栄養価高くて、凄いんだ!」って、
ドカーンとゴロゴロ、目の前に出すんじゃなくて。
「料理して、綺麗に盛り付けて。食べられる状態にして出して」って事?

いや、だから、アタシは“素材まんま”を欲しがるワケです(笑)

薄い文庫本、3分の1も読まないウチに、コツが解った(笑)

あ~、でも、短文ならすぐにどうにでも出来るけど。
長文、どうかな? ちょっと試してみようかな?
都知事選近いし。書きたい事はあるんだけど。





アスペの説明書いてある、色んな本に、
「アスペの子供は論理思考」とか、書いてあるけど。
そうなんだけど。確かに。

その「論理的に説明するもの」自体が違うから。
だから結局、「???」となる。 時間も掛かる。効率が悪い。

数学の公式と同じ。
「解き方を論理的に説明されても、さっぱり解らない」

アタシ達が。少なくとも、
アタシが理解する為に必要なのは、それじゃないから。

「説明は要らないから。理論を提示して」 そして、それで解ける。

「どう説明するか」では無く、「何を説明するか」。





それほどまでに、「脳が違う」って事だよね。

「違うことを問題視してる」から、事態が改善しないんだよ。
「何が違うか」を、徹底的に追求して、最終的に共存出来れば良い。

「同じやり方に固執する」から。

努力しても改善しないなら。
本人では無く、やり方が間違ってるの。






理論解析分析の心理学本、数冊読んで。
セラピー系の本、読んでみな★ (逆をすると、理解不能)
「あ、こ~んな事かい!」って、爆笑出来るから。(←やっぱり鉄の塊を丸投げ)


2014/02/04  不破 慈

挨拶が出来ないアスペの友達が居て。
「挨拶はね、目の前の人物に対する、存在の承認と肯定のサインなんだよ」
って説明したら。瞬く間に理解してくれた。

そう、アタシ達は、こんだけ違う。


ブログランキング・にほんブログ村へ


あ。喩えなんで。鉄の塊、送って来ないでくんさい★
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/02/04 14:42 ] 心理系過去記事(~2015) | TB(0) | CM(2)
昔の記事に失礼します2
アスペルガーの話とは無関係と思いますが先月の話です。

今ってスーパーとかにカット済みの野菜とか売っているじゃないですか。
私は会社でのお弁当用に、キャベツ等が千切りにされた物が入っている袋タイプの物を買っているんです。
一食分の量ではないので、適量を容器に移してですが。
で、ある日、母にこう聞かれたのです。
「これ、このまま持って行くの?」と。
私はその質問を「他に何も足さないで、千切りだけで持って行くのか」と捉えたので「そうだ」と返答。
「余裕がある時はツナを乗せたりもするけどね」と付け加えると、母が疑問顔(笑)。
話していると、どうやら母は「この袋のまま持って行くのか」と聞いたつもりだったらしく。
私の方では「袋のまま持って行くなどありえない(食べられないし)」というのが前提だったので、質問の取り違いが起こった模様。
こういう問答(というか自己見解の正当性の主張?)を繰り返していると最終的に「あんた本当に理屈っぽくてしつこい!そういう所、お父さんそっくり!」と母にキレられてしまいます(-_-;)
あんな論理破綻している男と一緒にされたくはないんですけど。
父は回りくどい言い方をしているだけで、言っている事は滅茶苦茶なんです。
しかも、酒を飲まなければ殆ど喋らない〝察して〟ちゃんなので、本当に面倒くさい。

話を戻しますが、他人(自分ではない)なので思考も違うから、こういう事は常に起こり得るという事ですね。
[ 2018/07/18 15:41 ] [ 編集 ]
Re: 昔の記事に失礼します2
> こういう問答(というか自己見解の正当性の主張?)を繰り返していると最終的に
> 「あんた本当に理屈っぽくてしつこい!そういう所、お父さんそっくり!」と
> 母にキレられてしまいます(-_-;)
> あんな論理破綻している男と一緒にされたくはないんですけど。
> 父は回りくどい言い方をしているだけで、言っている事は滅茶苦茶なんです。


細かな遣り取り(言い方の応酬)までは分かりませんが、
お母様の発言自体には意味がないように思います。

単に、娘に口答えされた事に対し、
「反応」しただけでしょう。発せられた言葉はダミーです。

ウチの母親も言って来ましたよ。何処の親もそんな感じです。
子供を黙らせたい時は、「理屈屋」と、「お父さんそっくり」を言えば良いと思っている。
単に、「自分より下」の人間が、「上の自分に譲らない」ことに苛立っているだけです。


反論しなければ良いんです。相手にしないってこと。
質問の取り違えに気付いた時点で、「なんだ、そういう意味だったの?」
「やだ、勘違いしちゃったわ(笑)」と、明るく流せば良いんです。

そうしたら、「勘違いしたのは娘」で、親は満足しますから。


「理屈っぽい」と云うのなら、口論している時点でお互い様なんですけどね。
「やっぱり夫婦ね、お父さんそっくり~♪」が、一番のNGワードです(笑)

[ 2018/07/26 12:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。