二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

精製された鉄の塊

セラピー系の心理学本、読んでさぁ。
目的外の事が解決されちゃいましたよ。

早い話さぁ、大多数の人に取って、アタシの話は、
“精製された、純度の高い鉄の塊”を、
ドカーン!と目の前に出されたようなモンだったのね?

あ、そりゃ乱暴に見えるワ(笑)

 ≪純度の高い精製鉄 = 純粋理論≫

ところがどっこい、アタシはその“鉄の塊”を必要とする人間だから。

「ふわふわさん、もっと解り易く……」
「え? この鉄の塊を解り易く???」
「いや、もっと優しく……」
「え? この鉄の塊を易しく???」

永遠に噛み合わない、無限ループ(爆) (鉄の塊は、鉄の塊)

アタシに取って、「こんな使い勝手の良いものは無い」、って頭でいたから。
何をどうすれば良いのか、さっぱワカランかった。





セラピー系の本、いきなり読んだら、アタシ、理解出来なかったワ。
この文言の裏に、どんな“体系化された心理学理論”が
隠されているか解るから、この本の文章、理解出来る。

この優しく易しい表現の裏に、超絶的な理論が組み上げられてる。
コレ、ホント、凄いワ。理論まんまの方が、どんだけ簡単か、って話。

つまりさ。
「コレ、むちゃくちゃ栄養価高くて、凄いんだ!」って、
ドカーンとゴロゴロ、目の前に出すんじゃなくて。
「料理して、綺麗に盛り付けて。食べられる状態にして出して」って事?

いや、だから、アタシは“素材まんま”を欲しがるワケです(笑)

薄い文庫本、3分の1も読まないウチに、コツが解った(笑)

あ~、でも、短文ならすぐにどうにでも出来るけど。
長文、どうかな? ちょっと試してみようかな?
都知事選近いし。書きたい事はあるんだけど。





アスペの説明書いてある、色んな本に、
「アスペの子供は論理思考」とか、書いてあるけど。
そうなんだけど。確かに。

その「論理的に説明するもの」自体が違うから。
だから結局、「???」となる。 時間も掛かる。効率が悪い。

数学の公式と同じ。
「解き方を論理的に説明されても、さっぱり解らない」

アタシ達が。少なくとも、
アタシが理解する為に必要なのは、それじゃないから。

「説明は要らないから。理論を提示して」 そして、それで解ける。

「どう説明するか」では無く、「何を説明するか」。





それほどまでに、「脳が違う」って事だよね。

「違うことを問題視してる」から、事態が改善しないんだよ。
「何が違うか」を、徹底的に追求して、最終的に共存出来れば良い。

「同じやり方に固執する」から。

努力しても改善しないなら。
本人では無く、やり方が間違ってるの。






理論解析分析の心理学本、数冊読んで。
セラピー系の本、読んでみな★ (逆をすると、理解不能)
「あ、こ~んな事かい!」って、爆笑出来るから。(←やっぱり鉄の塊を丸投げ)


2014/02/04  不破 慈

挨拶が出来ないアスペの友達が居て。
「挨拶はね、目の前の人物に対する、存在の承認と肯定のサインなんだよ」
って説明したら。瞬く間に理解してくれた。

そう、アタシ達は、こんだけ違う。


ブログランキング・にほんブログ村へ


あ。喩えなんで。鉄の塊、送って来ないでくんさい★
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/02/04 14:42 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html