二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

お店の前で飼い主さんを待つ、いじらしいワンちゃん達

焦らずに、少しずつ、肩慣らしの徐行運転から始めようと思いま~す。

今日も買い出しに出掛けるのに併せて、“わんこハント”に勤しみました!
とある日は、柴ワンコ遭遇率がムチャクチャ高かったり、
あ、数日前は、やたら全開の肛門に出くわしましたよ!
角を曲がると、目の前にお散歩中のワンちゃん。
いつも不思議に思います。カンチョー攻撃されたら、命取りですよね?



あのですね、お散歩ついでに、スーパーとかに寄る方、居ますでしょ?
で、サササ~ッと、目的のものだけ買って、
10分15分で戻って来る方も居れば、
時には一時間近く、ワンちゃんを待たせてる方が居るんです!
(←どんだけワンコチェックをしているのか)

あのですね……、震えてるコが多いんですよ。
知らない人ばかりの通りで、独り、待たされて。






そういうコに近付くとですね、「遊んで~!」となるコも居ますが、少ないんです。
クンクンと差し出した手指の匂いを嗅いだあと、また不安そうに出入り口を見詰める。
「嗅いだ事の無い匂い……。知らない人だ」って事なんでしょうねぇ。

「ウチのコは、人が好きだから」って、思ってる飼い主さん。
飼い主さんが傍に居るから、安心して、知らない人と接してるんですよぉ!

飼い主さんが傍に居れば、絶対安心じゃないですか!
知らない人であっても、飼い主さんの反応を見れば、大丈夫かどうか解る。

その飼い主さんが居ない今。
「知らないこの人は、安全なの???」

寒いから、じゃないですよ。
「知らない人ばかり……。飼い主さんはお店から出て来ない……。
 未だなの? 未だなの? 淋しいよぉ、不安だよぉ」

一心に見詰めてますよ? お店の出入り口。
(一時間放置を見た時は、流石にこれは……、と思いました)

ワンちゃんは、繋がれていて動けない。
守ってくれるのは飼い主さんだけです。

お買い物するなら、ホントに目的を絞ってササッとお願いします。

“わんこハント”が趣味のふわふわ、
心細そうな姿を見ると、いじらしくて仕方なくなっちゃいます(泣)





【この話の背景にある、理論理屈を書き出します】

犬は、群れを形成する生き物です。
社会においては、“飼い主家族”=“自分の群れ”。

“自分の群れ”と“縄張り(家)”から離れてしまうと、犬は不安を覚えます。
いつ襲われるか解らない、“敵地”だから。

ましてや、知らない人間ばかりの場所で、繋がれた状態で取り残されれば?
守ってくれる人も居ない、逃げ出す事も適わない。

本能ですよね。生存に関わる本能。
感情と言うのは、元を辿れば、本能に根差しているんです。
“身の危険を感じる状態”=“不快”。
安心出来れば、それは“快”に属する感情。

取り残された犬は、生存の危機感でいっぱいです。
その緊張状態に堪えられなくなれば? 唸ったり、吠えたりします。





理論理屈を書き出すと、すんごい味気無いでしょう?(笑)
でも、アタシは、コレを頭に入れて、ワンちゃんと触れ合ってます。

上の二つの文章。
アタシに取っては、表現を変えただけの、全く同じ物なんです★


2014/02/05  不破 慈

自閉でコミュ障にも関わらず、「犬、飼ってるんですか?」と訊かれます。
唸られた時、「あ~、怖がられちゃった(汗)」って笑って済ませたからね★

ブログランキング・にほんブログ村へ


ワンコは完璧な生命です。ニャンコも完璧な生命です。ウサコも勿論!
彼等をして、「完璧に可愛い生命」と呼ぶんです……!(←譲れない主張)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/02/05 22:46 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html