二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

ヤクザと芸能(序):そもそも、芸能って?

さてさて。何回か、このテーマで書こうかと。
と、言っても。アタシ、その筋の記者でも何でも無いんで。
アタシの頭の中に、大雑把に入っている「アウトロー」の流れを、断片的で悪いが。

古い時代の芸能なんかを調べてるとね。
どうしても、こういう話が出て来るんよ。

今日はちょっと。「ヤクザ」とは直接関係無いが。
「芸能」ってのが、そもそも、どんなんだ、って話を。

ウチのおっ母がですね。三味線とか民謡が好きでしてね。
アタシは、一緒に聴いてる、ぐらいだったんだけど。
二十歳になる前辺りから、自分でも勉強し出した。

アタシが子供の頃から何度か聞かされて、一番印象に残ったのはコレ。

『お母さん、兄貴・姉貴に「三味線やりたい」って言ったら。
 「乞食になる気か?!」って、驚かれたぞ』

「???」だよね?(笑)





既にご存知の方もいらっしゃると思いますが。
ウチのおっ母は10人兄弟の末っ子。上の方は、大正生まれです。
じーちゃんばーちゃんは、明治の人間だから。 ちなみに、福島。

歌舞伎小屋や、花街がある都会と違って。田舎では、
三味線なんて、「門付け」して歩く芸人のモンだったんだよ。

片手間に趣味でやってる人が居なかった、とは言わないけどね。

で。この、「門付け」=「乞食」なワケです。 言葉は悪いが。
腕の良し悪しは関係なく。家の前に立って、三味線を弾く。
少し立つと、中から人が出て来る。
上手く行けば、食べ物なんかを少し、貰える。

追い返される時もあるし。家に上がって、演奏をする場合もある。

「家に上がれるなら、良いんじゃないか?」
いや。家の主によっては、一晩中、弾かせられる事もあった。

目の見えない人は、こういう職に就くしかなかったんだよ。 あと、按摩?





津軽三味線の神様・高橋竹山氏が、こうやって生きて来たんだよ。
で。紆余曲折あり、五十路を過ぎてから、三味線奏者として脚光を浴びた。

女の人も居たんだよ。 越に、瞽女(ごぜ)さんて居たね。
何人かで固まって、旅をするんだけど。途中で、襲われてしまう人も居た。

この「襲われてしまう」は、勿論、強姦。
身包み剥がされて、命まで取られんじゃね?
ってか、グループから遅れて身包み剥がされたら。もう死ぬしかないからね。

昔はね、栄養状態も悪かったし。病気で失明する人は多かった。
目が見えなきゃ、農作は無理だからね。
食い扶持を減らす為に、家から出されたんだよ。





あのね。芸能に従事する人々が、
「芸術家」と言う位置付けで持て囃されるようになったのは。
それだけ、社会が豊かになった、って証。

芸能に従事する人間は、もともと、凄く身分が低かったんだよ。
直接、食糧生産には関わらないし。
インフラ整備に重要な、職人(技術者)でも無い。
商い(流通ビジネス)にも絡まないしね。

ああ。その流れで言えば、物書きも。
だから「二葉亭四迷」なんてペンネームにする人が出た。


ある程度、豊かな暮らしを謳歌出来る、江戸なんかの大都市では、
役者さんなんかが、「スター」として人気を博していたでしょ?

芸事、ってのは、そう言うもの。
「喰ってくのがやっと」のコミュニティでは、瑣末に扱われる。

「社会から弾き出された人々」だったんだよ。
「堅気じゃない人達」って事。 犯罪者でも何でもないのに、だよ?

ちょっと、アタシが話したいと思ってる事。
見えて来た方も居るんでないかしら?

ヤクザも芸能も。社会的位置付けが様変わりしたな。


2014/03/01  不破 慈

ブログランキング・にほんブログ村へ


生まれ育った家庭環境が環境なんで。
いつ、社会から弾き出されても、おかしくない場所に居たから。

(ってか、今も居るだろ(笑))

あんまり、他人事とも思えない。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/03/01 22:18 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html