二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

大学進学、民団の「在日枠」ってあるんですか……。

ちょっと、「はぁ?」と思いました。

「在日朝鮮・韓国人だ」と言うだけで、入れる枠があるんですか……。
コレ、帰国子女枠や、留学生受け入れ、とは全然違いますよね?

日本人が私立校に通う場合。保護者は何の援助も受けられません。

当然です。 日本は、教育が普及した国です。
「私立」は、「自由意志」で選んで行く所です。
「公立」の学校が、日本全国に整備されています。

「遠くて通うのが大変な場所がある」と言う方。
生徒の集まらない場所には、尚更、私立校は存在しません。



保護者が援助を受けている朝鮮学校。
朝鮮系の血を引く生徒以外、受け入れていません。

日本の学校は、国籍・民族に関わらず。
どんな出自の生徒も通う事が出来ます。

差別をしているのは、どちらですか?
「公的な援助」を出す対象として。明らかに「おかしい」のです。



私は大学には行っていません。商業高校卒です。
母親が苦労して、高校まで出してくれました。
母子家庭で、年間手取り200万に届かない生活でした。

卒業と同時に就職し。手取りは12万。
毎月、家に5万入れました。もっと入れてる方もいるでしょうが。

自分で稼げるようになって、一番びっくりした事。
やたら本を読むんです。月2万は書籍代に消えました。

「ああ、本当は学びたかったんだなぁ」、と。
就職して良かったです。

奨学金は借金ですから。返さねばなりません。
借金をして進学する余裕など、我が家にはありません。

アタシも、正社員で年間手取り200万でしたが。
それ以外、道はありませんでしたし。

それでも。好きな本を買えるようになりました。


2014/03/09  不破 慈

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/03/09 16:33 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html