二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

【慰安婦問題】 韓国では、「朝鮮戦争は日本と戦った」と教えている

心ある方が作成して下さった動画があります。
大変な調査だったと。本当にありがとうございます。

KZ2d1bqycmw.jpg

動画URL:http://youtu.be/KZ2d1bqycmw


私、拝見してびっくりしました。
朝鮮戦争で虐げられた、韓国人慰安婦。
アメリカと韓国、ここまで非道な行いをしていたとは……。





皆さん、慰安婦の方の証言に、どう換算しても、
「朝鮮戦争では?」としか考えられない内容が含まれているのはご存知かと。

で。第二次大戦中。 日本軍は、
兵士の給与の、実に五倍、と言う高級を支払って、慰安婦を雇っていました。


彼女達は、家が何軒も建つようなお金を故郷に送金し、
休日にはショッピングに出掛け、ダイヤモンドを買うほどの余裕もありました。

つまり。
日本軍は、「慰安婦」と言う位置付けを、重く受け止めた上で。
「性産業に従事させる代わりに、厚い待遇で」、丁重に扱っていたんです。


「やっぱり、捏造じゃないか!」  否、私が言いたいのは、そこではなく。

「彼女達が受けた仕打ち自体は、真実だ」、と言う事です。
それが、上にリンクを張った動画に纏められています。





思い至ったのは。 韓国において、
朝鮮戦争は、日本と戦った戦争だ」と教えられている「現実」です。

で。もともと、韓国は女性蔑視の国です。

夫婦別姓なんかが、そうですよ。
韓国では、結婚しても、「女は家族に入れません」。
「畑」の扱いです。 だから、「代理母」なんて習慣もあった。

勿論、科学の発達した現代とは違いますから。
その家の主人と寝て、身篭り。 出産すれば、「お払い箱」です。
「お妾さん」とは違います。二号さん・三号さんを囲うには。財力が要ります。

「種」を宿して、育てるだけの「入れ物・器」なのでしょう。





で。これは先ほど知った事ですが。
この時代、韓国の女性は、その「9割が文盲」だったそうです。

「文盲」と言う言葉は、差別的で好ましくない表現ですが。
当の、韓国側の新聞が、「当時、女性の9割が文盲」と発言しています。

9割! 想像を絶します。 恐ろしい数値です。
識字率が低かった韓国に、ハングルを普及させたのは日本だと知っていましたが。


と、なりますと。
今、被害を訴えている老婦人方は、未だ、字が読めないのでは?



世界でぶっちぎりの、「識字率100%の日本人」には掴めない感覚ですが。
「字が読めない」と言う事は、「教育を受けられない」事を意味します。

売春するしか無いでしょう。
家が貧しければ。それ以外では、生きて行く事が出来ません。

「畑に過ぎない」のですから。人としては扱って貰えません。





そして、識字率・教育の普及。 コレが、犯罪率にも関わって来るのですが。

「思考」ですよ。「知的活動」。
「言語」により、「論理的に思考」し。「理性的に判断」する。

そうして、人間は、「自身をコントロールする」んです。
……何が言いたいか、伝わりますでしょうか?


恐らく、道徳的な教育にも絡んで来ると。
ですから、彼女達は、日本女性には考えられない、「行脚」が可能なのです。


本気で思っているんですよ。
「朝鮮戦争の時、日本軍に酷い事をされた」と。


「青い目の日本人兵士」と出て来た時、「は?」と思いましたが。
彼女達は、本気で、「青い目の日本人兵士に……」と信じ込んでいるんです!

だって、「朝鮮戦争は、日本と戦った戦争」なんですから!


そういうお婆様を、「選んで」、都合の良い事を吹き込んで。
「取れるところから取れ!」と、韓国政府は必死なのでしょう。





今、アメリカでは、「人権、人権」と騒ぎ立て。
慰安婦に関して、日本を糾弾する決議が出されています。


私は先程まで、すっかり、頭に血が上り。

黒人兵士を弾除けに使っていた国に、
 人権について説教される謂れは無い!
 」、

そう、いきり立っていましたが。

血の気が引いてしまいました。





考えてみれば……、そうですね……。
私が大好きな、老子の言葉。 「大道廃れて、仁義有り」。

なればこそ。
アメリカは「人権、人権」と声高に叫ぶのですね。


2014/03/17  不破 慈

ブログランキング・にほんブログ村へ


……ちょっと、吐き気がします。変な夢を見なければ良いのですが。
日本が、丸々一国、レイプされてるような気さえしてきます。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/03/17 23:34 ] 社会問題 -4.慰安婦・フェミニズム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※自己紹介の代わりに ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html