二番目の山羊

ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。先ずは横並び6件の記事からどうぞ!(PCの方)

夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説

【夏期企画・1】
 医者の不正が独り歩きした
   自閉症ワクチン説





前記事で私が抱える自閉症スペクトラムについて触れたので。
今回は、巷を騒がす自閉症ワクチン説について解説します。

※アイヌ問題をお求めの方は、サイト上部6件からどうぞ★




***




先ずは、大隅典子先生の著書から引用します。
脳神経や遺伝子の基礎研究に携わっているお医者様です。



ワクチンは自閉症を誘発しない  (前半部省略、改行を加えました)


1998年に、英国の『ランセット』という権威ある学術雑誌に、
ワクチンと自閉症の因果関係について指摘した論文が掲載されました。

「麻疹、おたふく風邪、風疹の三種混合ワクチンを摂取した直後に
 自閉症のような行動と腸炎が発症した12例の症例」についてというもので、
著者はロンドンのアンドリュー・ウェイクフィールドという医師でした。

ウェイクフィールドは「三種混合ワクチンが
 なんらかの免疫反応を引き起こして、その結果、消化器の炎症や
 神経系への影響が生じて、腸炎や自閉症が生じたのではないか」と論じ、
「三種混合ワクチンよりも麻疹単独ワクチンのほうが安全だ」と主張しました。


(中略)
三種混合ワクチンを政策として推奨してきた英国政府は、
「麻疹単独ワクチン」のほうがよいと主張する
ウェイクフィールド論文の影響について、
ただちに専門委員会を組織して調査に当たらせ、
論文発表からわずか1ヶ月でウェイクフィールドの報告に対し、
懸念を含むレポートを発表しました。




それによると、実はウェイクフィールドは、
三種混合ワクチンの副作用を追及する
NPO団体の顧問として巨額の顧問料を
得ていたばかりでなく、論文を出す前年に、
麻疹単独ワクチンの特許申請をしていました。



国の政策が
麻疹単独ワクチン推奨に移行すれば、
莫大な利益を得るはずだったというのです。





[タグ未指定]
[ 2017/08/11 14:58 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

【小休止】 反皇室ブログは病身舞?

【小休止】  反皇室ブログは病身舞?



アイヌ問題をちょっとお休みして、保守全般に掛かるお話。

以前から拙宅にお越し下さっている皆様には
周知の事実ですが、不破はアスペルガー症候群です。
自閉症スペクトラムの中、自閉が軽度でIQ(知能指数)が高い。

で、「発達障害」という名称だけを受けて、
人格発達障害ぐらいに勘違いしている人もいますが、
厳密には「神経発達障害」が、より正確な表現となります。


更に言えば、知的障害や性同一性障害も、
広義の意味では、神経発達障害に含まれます。

「脳神経の発達障害」ですから。

狭義の意味……というより、一般には、私達のように、
能力的なアンバランスを抱えた状態を指して使われるのですが。


「能力的なアンバランス、って具体的には?」と返って来そうなので、
前記事(私の小学生時代のエピソード)に続いて、今度は就職してからの話を。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1724.html


 ↓



[タグ未指定]
[ 2017/07/28 15:09 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(8)

【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学と、蘇州夜曲で台湾の歌

【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学とか。




こんにちは~。
ワンエイス(8分の1)のアイヌ系、ふわふわで~す。
今回は、ちょっとアイヌ問題をお休みして本の紹介。計3冊です。
※後半に、蘇州夜曲で作った台湾のイメージソング。


最近いらして下さった方は、是非この機会に、
サイト上部、横並び6件のアイヌ記事に目を通して下さ~い★
(少し前に、半分くらい入れ換えました)



***



で、先ずは渡部昇一先生オススメの栄養学。


三石巌著、平成21年7月、税抜619円


医学常識は嘘だらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」
(三石 巌/祥伝社黄金文庫/平成21年7月初版)



アタシ、以前から栄養療法で健康改善に努めてたんだけど。
三石理論はまだ読んだ事がなくて。年末に書店で手にとってビックリ!
まえがきに、渡部昇一先生とあるじゃ~ないですかぁあああ!

キャ~★ わったなべセンセ、わったなべセンセ!(*^▽^*)/
(注)日の丸の扇子を持って、お立ち台の上にいます。


まえがきの文章そのままは長くなっちゃうんで、表紙裏から。
読み易いよう、改行を加えて引用します。



  三石巌著医学常識はウソだらけ、渡部先生推薦文  三石理論がもたらす、画期的な成果  渡部昇一


  これまでの医学常識とか健康常識の迷妄を打破し、
  分子生物学に基づく真の医学的アプローチによる
  「健康への道」を拓かれた三石先生の業績は、画期的である。
  不勉強な医師たちのマニュアル治療を徹底的に論破してくださった。

  三石理論を読むと、
  それが科学至上主義に貫かれていると解る。
  なるほど、人体を一つの物理化学反応体系として、
  徹底的に考察せずして、真の栄養学は生まれない。

  私が今、鶏卵を安心して食べられるのも、
  塩分摂取に過敏にならずに済むのも、
  甘いお菓子を楽しめるのも、三石先生のおかげである。
  ヒトフードとメガビタミン主義は、私の家族の食生活の基本をなしている。

  本書は、三石理論の最も重要なところを、 
  最も網羅的に、かつ解り易く説いている。

  長寿で知的活動を目指す人々の「必見の書」としておすすめする。



  (表紙裏、渡部昇一先生の推薦文、全文引用)





[タグ未指定]
[ 2017/02/25 14:37 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

ジェネリックの前に栄養療法 ~女性に多いうつ症状、もしかして?

精神科・香山リカ医師の行動に、波紋が拡がっています。
お医者様が公道で中指を立てると云う、常識を逸脱したジェスチャーです。
そう言えば、ソチ五輪でソトニコワ選手(露)が金メダルに輝いた時。
お隣の国で、「#F---Y---〇〇〇」と、タグを付けて騒いでいましたね(遠い目)

で、それ以上に私が注目したのは、余命様宅で内部告発が有った件。
投稿名で「日本人の医者」と名乗る、精神科のお医者様からです。
手帳の不正取得や、障害年金の不正受給。
ジェネリック医薬品の危険性

以下、余命様宅から4件です。 ※文字リンク

  ◆404 障害年金の不正受給について
  ◆407 労働組合思考
  ◆410 日本人の医者
  ◆412 ジェネリック資料

余命三年時事日記  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/
 

私自身、精神医療の被害者なのですが、つまりは一患者の立場に過ぎません。
皆様にご提供できる情報など、何も持ち合わせておりませんが、ただ一点。
拙宅で2年前にも取り上げた栄養療法(分子整合栄養医学)です。
この栄養療法自体は、精神医療に限らず、幅広い分野で用いられています。

ジェネリック医薬品も、全てが問題とは言えない様子ですが、
素人の私達には安全なジェネリックか否かなど、判断のしようが無い。
栄養療法だけで全ての病気が根治するとまでは考えておりませんが、
普段の食事を見直す事で、予防医学的な効果は得られる筈です。

下記リンク先の過去記事では、魚油(DHA)が脳に良いと云う話をしました。
 ⇒ 抗うつ薬より青魚 ~脳科学と生化学を駆使した栄養療法


実は、女性に多い貧血。
鉄分不足ですね。鉄分不足によって引き起こされる、
「頭が重い・疲れ易い・やる気が出ない・イライラする」。

これらの症状が、うつ病と混同され易いのです。
しかし、精神の病ではなく、貧血ですから、薬はドーピングにしか成りません。




[タグ未指定]
[ 2016/01/22 14:19 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」 ~アジアチャイルドサポート




「日本はなぜ~」、文庫版が出てたんですね!(゜▽゜*)
私は、以前、図書館で借りて読みました。
一晩中泣いてしまい、目は腫れ上がって鼻も真っ赤に!(泣)

拙宅のような飛沫ブログでご紹介するのは失礼では?
そう思ってしまうほど、既にご存知の方・サポーターの方は多いと思います。
アジアチャイルドサポートの、池間哲郎さんです。


NPO法人・アジアチャイルドサポート
URL : http://www.okinawa-acs.jp/






奥様は看護士さんで、池間さんご自身はカメラマン。
途上国支援の為、ご夫婦でアジア各国を飛び回っているそうです。

米軍占領下の沖縄、反日感情を植え付けられて育った池間さんですが、
今上両陛下(当時は皇太子位)が沖縄訪問された際、その真摯なお姿を拝し、
「話に聞いていた皇室とは違うかも」と、考えを変える切欠を掴まれたそうです。


そして、現在、アジア諸地域で、
現地の人々と触れ合う中、数々の著作が誕生しました。




[タグ未指定]
[ 2016/01/06 15:59 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(2)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

自らの障害に関連する記事が多くなりますが、ご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html


ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。