二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

擦文とオホーツク、最初の融合 ~トビニタイ文化

擦文とオホーツク、最初の融合
 ~トビニタイ文化~




私は北海道へ飛ぶことが出来ませんので。
本記事はあくまで、「紹介」のレベルに留まりますこと、ご了承下さい。

ウィキの内容で(一般的な知識としては)問題なさそうです。
以下、転載です。読み易いよう、改行を加えます。



トビニタイ文化  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トビニタイ文化(トビニタイぶんか)は、9世紀ごろから13世紀ごろにかけて、
北海道の道東地域および国後島付近に存在した文化様式の名称である。
1960年に東京大学の調査隊が羅臼町飛仁帯(とびにたい)で
発見した出土物が名称の由来である。


解説
トビニタイ文化の直接の源流はオホーツク文化である。
オホーツク文化に属する人々は以前から北海道に南下していたが、
7世紀から8世紀にかけては道北・道東に広く進出していた。

その後、9世紀になって擦文文化に属する人々が道北に進出すると、
道東地域のオホーツク文化圏は中心地である樺太から切り離されてしまった。
その後この地域のオホーツク文化は擦文文化の影響を強く受けるようになり、
独自の文化様式に移行していった。

これが現在ではトビニタイ文化と呼ばれる文化様式である。
トビニタイ文化はその後、擦文文化に同化し、13世紀初め頃には姿を消した。


熊の崇拝
斜里町のウトロ地区入口にある、
トビニタイ文化期のチャシコツ岬下B遺跡から
2005年、ヒグマを祭祀に用いた痕跡と思われるヒグマの骨が発見された。

これにより、擦文文化には見られなかった一方で
オホーツク文化には存在した熊崇拝は、トビニタイ文化を経由して
アイヌ文化にもたらされたのではないかとの見方も浮上している。


(引用ここまで、改行を加えました)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%96%87%E5%8C%96





[タグ未指定]
[ 2017/06/14 12:46 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

対立構図でアイヌを語る危険性

歴史年表、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p155より

北海道mtDNAの変遷、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p167より  ←サムネイル、279KB (1293 x 728)




そう言えば、拙宅ではまだ北海道の年表をアップしていませんでした。
やっぱり篠田謙一先生の著書からですけれど(分子人類学に激ハマリ中)。
※DNAで語る日本人起源論 p155&167より、2015岩波現代全書


本土日本とは、流れが大分違うでしょう?

ちなみに、北東北にも続縄文時代がありました。
以降も擦文文化人との交流が盛んだったことから、
東北を「プレアイヌ(プロトアイヌ)」と位置付ける学説まで存在します。

当然、東北の蝦夷(日本古来の蝦夷)を母方に持つ私は、ブチ切れ状態です。
それでカテを設けて、コツコツと東北の記事をアップしているワケですが。



***



話を、北海道に戻します。
前記事からの流れです。

前記事リンク:シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1718.html


用語の説明が面倒だったので
ずっと「シベリア少数民の系譜を受け継ぐ」と表現して来ましたが、
年表にも名称がある通り、正確には「オホーツク文化人」です。

このオホーツク文化人が、mtDNAのYを保有していて、
それが現在のシベリア少数民と、アイヌ集団に受け継がれたんです。


※以降、mtYと略します。





[タグ未指定]
[ 2017/05/23 15:15 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY

北海道縄文人骨から検出される
mtDNAのN9b、D4h2、G1b。
極東シベリア少数民も保有しています。




日本人はどこから来たのか書影、海部陽介著、文藝春秋刊   (引用)

 山梨大学の安達登のグループは、
 北海道の各地で発掘された56体の縄文人骨を分析して、
 ミトコンドリアDNAのタイプを決めることに成功した。

 そこで見られたのはN9b、
 D4h2、G1b、M7aという4種類だったが、
 中でも多いのはN9bだった。

 面白いことに、アジアの現代人集団の中で、
 N9b、D4h2、G1bは、ロシアの極東地域に暮らす少数民族
 (近現代に移住してきたヨーロッパ系のロシア人ではない、
  ウリチ、ウデヘ、ニヴフなどの先住民族のこと)にあるが、
 東南アジア集団には見られない。

 そこで安達らは、北海道縄文人は
 基本的に北東アジアからやってきた集団の子孫であると結論した。


 (引用ここまで、改行を加えました)
 海部陽介著、『日本人はどこから来たのか?』 p181/文藝春秋/2016.2




   ※下の画像は、ナナイ・ニヴフ・ウデヘ・オロチ・ウリチです。

   5-7、シベリア諸民族 5-8、シベリア諸民族
   世界の民族衣装の事典(丹野郁・監修/東京堂出版)より





*****





まぁ、mtDNAの共有は自然ですよね。
だって、日本列島への通り道なんですから。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより


前記事リンク:縄文・弥生の二重構造説はもう古い。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html






[タグ未指定]
[ 2017/05/13 19:49 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより

※国立科学博物館のリーフレット(3万年前の航海徹底再現プロジェクト)より




***




前記事の後半で、以下の事柄について簡単に触れました。

 [1]アイヌ集団は13世紀以降、シベリアからの新規流入を受けて、
    先住の擦文文化人や和人(蝦夷)との混交により形成された。
 [2]生活文化的な連続性を追えば、アイヌ集団はシベリア少数民に近い。




新たな科学的証拠や学説はどんどん登場しているのですが、
どうも皆さん、固定観念(列島を北上)に縛られている様子です。

ここで原点に立ち戻ってみましょう。
上図は、国立科学博物館のリーフレットからです。
手許でスキャンしたのですが、画像は大丈夫でしょうか?

ご覧の通り、現在では、
日本列島へ3つの流入ルートがあったと考えられています。




勿論、その時に一回こっきりではないですよ?
最初の流入があったのがこの時で、その後も都度、人々はやって来た。

 対馬ルート : 3万8000年前
 沖縄ルート : 3万5000年前
 北海道ルート: 2万5000年前




13世紀にも、シベリアから樺太経由でやって来た人々がいたし、
7世紀にだって、百済から難民が流入しましたよね。
※しかも8世紀にはそこのお嬢様が入内(桓武天皇の生母)


その積み重ねで、現在の日本人が形成されたんです。






[タグ未指定]
[ 2017/04/30 13:19 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

熊と猪 ~マタギはアイヌに非ず

多摩動物公園、クマ1

多摩動物公園、イノシシ1



都立多摩動物公園に行って来ました。
こういう本を図書館で見付けまして。
実物を見てみたくなったんです。



田中康弘著、マタギ
マタギ 矛盾なき労働と食文化/田中康弘 (2009年4月、枻出版社)



***



過去記事にアップした通り、不破の親戚には山猟師がいます。
北海道(エゾ)の父方じゃないですよ、東北蝦夷(エミシ)の母方。
幼い頃、遊びに行きました。母の実家から車で30分の距離。


狩猟を続ける母方の親戚[東北蝦夷/福島県](2016/07/13)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html
アベ一族と姪っ子~きのこ・たけのこ……(2016/08/29)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html



母方(福島)の伯父や従兄弟は、
確かに山に入るんですが……って、山に住んでいるんですが、
マタギさんとは違うんですよ。あの辺、クマは出ないんです。

動物園の標識を見て、ハッキリしました。
福島の位置、なんとなく判ると思いますが。
確かに、母の実家周辺は、生息域から外れています。



多摩動物公園、クマ2  多摩動物公園、クマ3 多摩動物公園、クマ4

多摩動物公園、イノシシ2  多摩動物公園、イノシシ3




まぁ、大元の土台は同じなんでしょうけれど。
獲れる獲物が違っただけで。





[タグ未指定]
[ 2017/04/18 12:17 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(2)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html