二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

【原発3】 北朝鮮は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉を保有

【原発・3】
 北朝鮮は、
  チェルノブイリと同じ黒鉛炉を保有



(引用)
 チェルノブイリの原子炉は、減速材に水を使用する福島第一原発の軽水炉とは違って黒鉛が使用された黒鉛炉だったため、事故によって黒鉛が高温になり大きな火災が発生した。それにより、格納容器のなかった原子炉から10日間にわたって放射性物質が大量に放出され、上空に舞い上がり、数百キロ遠方でさえ、高レベルに核汚染した。
 黒鉛とはつまり炭素なので、燃えやすい。それでも黒鉛炉を使用したのは、兵器用のプルトニウムの生産に適したことが最大の理由とみられている。北朝鮮も同じ目的からこの黒鉛炉を保持している。
(高田純著、「福島 嘘と真実」、p39より)



***



放射線防護学・高田純医師の著書を拝読していて、
気になる一文を見付けたので、ご紹介しました。

1986年4月26日に起きた、チェルノブイリ原発4号炉の事故。
広島原爆500個分の放射能が火災によって拡散され、広域が汚染しました。
熱せられた空気によって放射性物質が舞い上がり、風によって運ばれたんです。
日本にも届いていました。まぁ、誰一人ハゲませんでしたけれど(←)

そして、引用文中にあった減速材
コレは中性子のスピードを落とし、核との反応を効率良く、確実にさせるためのもの。
黒鉛を使用する場合は、大量に必要になるんですよ。で、炭素だから燃えますし。
故にチェルノブイリでは大火災に発展した。水なら、冷却材も兼ねてくれますけれど。



そして、ここが重要なので、しっかり覚えて帰って下さい。
文字も大きくしておきます。



現在の日本で使用される軽水炉は、
商用発電目的で開発された原子炉であり、
兵器用のプルトニウム生産には適していません。



対して、黒鉛炉。
核兵器製造用の技術を、
商用発電に転じたものです。






[タグ未指定]
[ 2017/10/09 17:37 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(6)

【原発2】 メディアはスルー、中国の核実験・核災害

【原発・2】
 メディアはスルー、
  中国の核実験・核災害




(引用)
 1964年10月東京オリンピックの会期中に始まったチャイナの核爆発は、シルクロードの地で、全く安全策を講じないまま1996年まで続いた。1回の威力が最大4メガトンにも達し、総爆発威力22メガトン、延べ46回の核の炸裂は、現地のウイグル人148万人以上を殺傷したと推定された。その犠牲者には軍の兵士も含まれている。未曾有の核爆発災害である。
 公共放送のはずのNHKが核爆発の危険を報じなかったため、推定27万人の日本人が現地を核爆発が継続する期間に観光してしまった。現地の核爆発を知った上で放送を繰り返したシルクロード番組制作責任者らの行為は、犯罪である。
(高田純著、「増補版・世界の放射線被爆地調査」、p169より)


高田純著、増補版世界の放射線被爆地調査、医療科学社、2016年3月

《増補版》世界の放射線被爆地調査 日本人が知らされなかった真実
高田純/2016年2月/医療科学社



***   ***   ***



ウイグル人の土地(東トルキスタン)で繰り返された核実験。
高田純医師が調査に乗り出した切っ掛けは、隣国である
カザフスタン側科学者からの要請だったそうです。

共産党による一党独裁の許、中国という国では、
核実験をしたという事実も、周辺国への影響に関しても、
一切の開示が為されません。

とは言え、各国による地震波の観測、線量計の数値、住民の発症する病。
当局とお追従メディアがどんなに隠蔽しようとも、隠し通すことは出来ません。




[タグ未指定]
[ 2017/10/07 13:43 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(4)

【原発1】 家畜を見殺しにした菅民主党政権

【原発・1】
 家畜を見殺しにした菅民主党政権


(引用)
 日本政府は家畜を放置したまま避難させなかったことも見逃してはならない。あのソ連ですら家畜を避難させている。チェルノブイリ事故直後に、4万9千人の住民とともに、牛1万3千頭、豚3千頭を、300台のバスと、1100台のトラックを用意して避難させたのだった。
 福島の避難区域では牛などの家畜が、次々に死んでいる。死因は放射線ではない。餓えと渇きが原因であり、政府による人災である。今回の20キロメートル圏内で、そうした事態をいくつも目撃した(口絵4参照)。
(高田純著、「福島 嘘と真実」、p42より)



高田純著、福島 嘘と真実、カラー口絵1、148KB 高田純著、福島 嘘と真実、カラー口絵2、159KB 高田純著、福島 嘘と真実、カラー口絵4、250KB
※左から、口絵1(148KB)、2(159KB)、4(250KB)、クリックで拡大



引用文と写真は、放射線防護学がご専門のお医者様・高田純先生の著書からです。
2011年の本なので、目を通された方がいらっしゃるかも知れません。
事故後間もなくの調査報告で、既に最新版(読んでる最中!)も出ています。


高田純著、福島嘘と真実、医療科学社、2011年7月

福島 嘘と真実 東日本放射線衛生調査からの報告
高田純/2011年7月/医療科学社


著書の中から、新宿医師会での講演と質疑応答の模様を、一部ご紹介します。
2011年4月12日。札幌~東京、陸路で5日間の線量調査を終え、すぐの報告です。

 ↓


[タグ未指定]
[ 2017/10/04 13:12 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)

東北の雄・安倍貞任の子孫は総理大臣

東北の雄、
 安倍貞任の子孫は総理大臣






文学博士・歴史学者である山本博文教授の著書より紹介します。


源頼義、義家親子に討伐された
安倍氏の子孫は、なんと総理大臣!
 安倍貞任(1019?-1062)

 平安時代中期、奥州(東北地方)に勢力を誇った安倍貞任は、前九年合戦で源頼義の率いる軍勢と衝突。頼家[引用者注:誤植と思います]の息子で八幡太郎と呼ばれた義家と五分にわたり合うなど善戦する。しかし、同じ蝦夷の清原氏が頼義側についたため不利な状況に追い込まれ、貞任は深手を追って捕らえられた。
 引き出された貞任は、頼義をにらみつけたまま絶命したという。貞任の首は丸太に打ちつけられ、妹婿として一緒に戦った藤原経清の首とともに京都にさらされた。
 こうして安倍氏は滅びたが、貞任の妹婿であった藤原経清の遺児が清原氏の養子となり、のちに奥州藤原氏を興して栄華を誇る。ただし平安時代末期に源頼朝に攻め滅ぼされ、4代で絶えた。
(略)


◆安倍氏の末裔・安倍晋三の華麗なる系譜

 貞任の弟・宗任は武勇にすぐれていたことで、命を救われた。宗任の才能を惜しんだ義家により助命され、伊予(愛媛県)に流されたのだ。その後、筑前(福岡県)に移されて九州で没したが、宗任の子は肥前(佐賀県)松浦党(まつらとう)の婿となった。奥州の名門の血が、遠い九州で受け継がれることになったのだ。松浦党は、源平合戦では源氏に味方したが、一部が平氏に味方したため、平氏滅亡後は名をはばかって安倍氏に戻したという。
 この宗任の子孫とされるのが、安倍晋三である。父の安倍晋太郎が宗任から数えて41代目であると自認したという。
(引用ここまで)


山本博文著、負け組の日本史、実業之日本社

負け組の日本史 (p174-176より)
蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ヶ原西軍……その後どうなった?
山本博文著/じっぴコンパクト新書320/2017年4月/実業之日本社





[タグ未指定]
[ 2017/09/21 00:12 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(11)

夏期企画3:エイズ拡大、原因は注射針の使い回し

【夏期企画・3】
 HIV感染拡大の原因は、
  注射針の使い回し



【夏期企画1】 医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説
【夏期企画2】 ワクチンは絶対という信仰(子宮頸がん)

  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1727.html




折角なので、ワクチンネタをもう一つ。
20年近く前の話なので、ご存知の方も多いかと。

※アイヌ記事をお求めの方は、サイト上部6件からどうぞ。



***



ローワン・フーパー氏の著書から引用します。
この方、1995年から1999年の間、日本にいらっしゃいました。
つくば市の国立環境研究所。世界を飛び回っている学者さんです。


HIVのポリオ・ワクチン原因説に終止符

(略)

 1999年、英国のジャーナリスト、エドワード・フーパーは、AIDSの流行は人為的な原因によるというショッキングな見解を公表した。1950年代にアフリカで使用されたポリオ・ワクチンの汚染が原因だと主張したのである。
(略)
フーパーは9年以上を費やして、600人以上の科学者にインタヴューし、広くアフリカを旅して調査を進めた。その論旨は彼の著書『川――HIVとAIDSの源流への旅』に書かれている。1000ページを超える大著である。


[タグ未指定]
[ 2017/08/22 11:22 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(8)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html