FC2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌ政策、ちょっと待った!

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

Y染色体と皇族の血のお話

Y染色体と皇族の血のお話


多分、きちんと説明できる人は、保守系の言論人にもいないんでしょう。
と言いますか、保守系の言論人が「トンデモ」をバラ撒いているのが実態。
仕方がないから書いておきます。過去記事と重なる情報もありますが。

 Y染色体ハプログループにまつわるファンタジー (2017/12/26)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1742.html



◆Y染色体

男系男子に伝わるのが、Y染色体のD1b(旧D2)であるとのお話。
日本人男性の中、3~4割が該当すると見られています。

 日本人男性6000万 × 0.4 = 2400万人


うっわ~、そんなありふれたハプログループで
皇位の正統性って担保されていたんだ~、
考えてもみなかったな~(棒)




ついでに言うと、韓国人男性も、D1bを2~4%の頻度で保有しています。

 韓国人男性2500万 × 0.04 = 100万人


うっわ~、Y染色体で皇位の正統性とか騒ぐ人達、
外国人に皇統を売り渡す気かな~、怖い~(棒)





◆今上陛下より天皇の血が濃い皇族がいる

コレを聞いた時は、「今上陛下が上皇陛下の実子ではない」と
言っているのかと思いましたよ。まぁ、何れにしろ不敬ですけど。
つまり、皇太后陛下である美智子様が、民間のご出身である以上、
今上陛下には皇族の血が半分しか流れていない、と言いたいようです。

藤原摂関家の時代はどうなるのでしょう?
妃殿下は皆、民間(臣下)から入内なさいましたが?
桓武天皇のご生母はどうなるのかしら? 百済系子孫の姫君。


遺伝学の世界で有名な王家に、ハプスブルク家があります。
最後の王となったカルロス二世は、恐らく最も王家の血が濃かった
生涯に渡って、数多の遺伝性疾患に悩まされ、ついに王統は途絶えました。

王家の血を尊ぶあまり、イトコ婚どころじゃない、
叔父や姪といった関係で婚姻を繰り返した挙句、最終的には、
実の兄弟姉妹間に生まれるより、血が濃くなってしまったんです。


ちなみに、イトコ婚・又イトコ婚までは近親婚として扱われます。
法律で禁止されていないだけで。リスクが上昇すると言っても極僅かですし、
たまにイトコ婚カップルが成立するくらいは、さほど気にする必要はないのですが。
その家系で、何世代にも渡って繰り返されるのは、流石にオススメできません。
不利な遺伝子が、それだけマスクされなくなってしまいますからね。




少々、極端な話をしましたが。

「血の濃淡」を以って、今上陛下を貶める方々は、
今後1000年、「血が、血が」と騒ぐのでしょうか?



……そう言えば、嫁いできた女性はあくまで「畑」、
家族の一員とは見做さない、そんな国がありました。






2019/05/06  不破 慈(曾祖母はアイヌ)   ※アップ翌日、一箇所修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

Y染色体の研究は、21世紀に入ってから進みました。
つまり、平成も半ばに差し掛かってから。一方、皇統は2600年。
科学的を「偽装」すれば知的と勘違いできる方々。存在自体が恥曝しですよ。

[タグ未指定]
[ 2019/05/06 10:55 ] 保守活動 -4.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)

人口4000人の人種? ~北パキスタンのカラシャ族

人口4000人の人種?
 ~北パキスタンのカラシャ族




前記事の補足としてアップしときますね~(^^)
「人種ガー!」って騒ぐ人がいると面倒だから♪

 技術的には可能だが、実現は困難 ~DNA判定 (2019/05/02)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1915.html



旧来の人類学における、「人種」と云う概念があります。
概ね、五大陸に基づいて区分されているようですが、2002年、
スタンフォード大学の研究では、面白い現象が起きました。


***


研究チームは、世界から集めた人類集団のデータを専用のPCに入力。
PCはゲノムに基づいて、集団を、先ず2つのグループに分けました。

 (1)アフリカ・ヨーロッパ・中東
 (2)東アジア・オーストラリア・南北アメリカ


次に3つに分けると、アフリカが分離されました。

 (1)アフリカ
 (2)ヨーロッパ・中東
 (3)東アジア・オーストラリア・南北アメリカ


そうして、4つ5つと分けていった時、6つ目に分離されたのは、
北パキスタンの高山地域に住む、人口4000人のカラシャ族でした。

 (1)アフリカ
 (2)ヨーロッパ・中東
 (3)東アジア
 (4)オーストラリア
 (5)南北アメリカ
 (6)カラシャ族(北パキスタン)



……ヒンドゥークシュ山脈の高地にある、カラシャ族のコミュニティ。
氷河と荒地に阻まれ、外界(下界?)からほぼ隔絶されています。
そこに辿り着くには、険しい山道と吊橋しかない。命懸けですね。

婚姻も同族内、つまり4000人の中で行われています。
それにより、彼等にはオリジナルの変異が蓄積されました。


実は日本国内でも、東北は他の本土集団と区分できますし、
沖縄にいたっては、本島と宮古島で線引きが可能です。



つまりは、地域環境と通婚圏。

あとは解像度の問題ですから、
サンプルを増やして解析すれば、
どこまでも細分化が可能なんです。





2002年の研究と云うのは、この業界では古いです。
しかし、旧来の「人種」と云う概念に、一石を投じる意味で、
その破壊力は大きいでしょう。 ※例外だと片付ける人もいますが


科学者も、各人、色々な取り組みをしているようです。
共通するのは、「旧来の人種論」が科学的に否定されたこと。

 「人種と云う言葉は誤解を招く。便宜的に地域名を冠して呼べば良い」
 「地域毎に区分できる以上、やはりカテゴリー分けの概念として必要だ」



「人種」と云う言葉が、意味合いを変えて生き残るのか、
それとも、過去の遺物として消滅するかは解りませんが。

日本が、国際連盟に人種差別撤廃案を提出してから、
今年でちょうど100年。 漸く、世界が追い付いて来ました。




2019/05/05  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

過激な人は、「地域名で呼ぶのも差別ダ!」、とか叫ぶんですよ(^▽^;
かと思えば、ニコラス・ウェイドみたいに、相変わらずの差別論者もいるし。
政治と同じで、極左と極右って、やっぱり現実が見えないんですよね(-。-;

[タグ未指定]
[ 2019/05/05 15:28 ] アイヌ問題 -3.DNA調査・人類学 | TB(0) | CM(0)

技術的には可能だが、実現は困難 ~DNA判定

DNA判定
 ~技術的には可能だが、実現は困難



前のアイヌ記事で、少しだけ人類学に触れたので。

一部の保守活動家の間で騒がれていた、DNA判定。
刑事ドラマに登場する「DNA指紋法」について叫んでいたと思われます。
指紋と同じで、あくまで「個人の照合」が可能である、と云うもの。

 DNA指紋法のこと言ってたの?(゜。゜; (2018/12/10)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1860.html



実は、全ゲノム解析で出自を特定することも、
技術的には可能です。が、実現は難しい。


どういうことか? データベースの問題です。
利用できるデータが、圧倒的に不足している。





現段階でも、アフリカ系がヨーロッパ系か、
東アジア系かくらいなら、明確に区分できますけどね。
……って、それは流石にそーでしょ(^▽^;

でも、ネットで皆さんが騒いでいたのは、
和人か、アイヌ系か、朝鮮系か。その区分でしょ?


ちなみに現在、日本人のデータは20万人以上が登録されています。

  20万 ÷ 総人口1億(概算) = 0.2%



たったの0.2%を基に、
日本人か否か判定するの?





発掘された古人骨を、現在のどの集団と近縁か、
それぐらいを調べるには、差支えがないでしょう。

数十世代も経れば、個人のゲノムなど、集団の中に散逸してしまう。
我々は、過去に実在した誰かのクローンではないのですからね。


ちなみに現在、最もデータが登録されているのは、
ヨーロッパ系です。一番、研究が進んでいる地域ですから。


勿論、私も、科学の発展を強く望む一人ですし、
新大陸に連れて来られたアフリカ系子孫にとっては、
故郷について探るツールが、増えることになります。

Y染色体とmtDNAだけでは、確かなことは言えないんです。
西アフリカでは、どの地域も同じような頻度だからです。


一方の日本。
私としましては、そんな細かい出自の判定が可能になるほど、
センターにデータが充実する頃には、アイヌ利権問題も解決され、
日本を、日本人の手に取り戻せていることを願っています。




2019/05/02  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

アフリカ系子孫にしても、バラバラに連れて来られて、現在では完全に、
ゲノムがシャッフルされています。ただそれでも、彼等にとっては切実な問題です。
パーセンテージでも良い、遺伝学によって、何等かの答えを出せるなら、と思います。

[タグ未指定]
[ 2019/05/02 15:53 ] アイヌ問題 -3.DNA調査・人類学 | TB(0) | CM(0)

アイヌ協会の機嫌を損ねたら、野田サトル先生の作家生命は終わる

中川裕著、アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ、集英社新書 国立スコットランド博物館所蔵、イザベラが持ち帰ったアイヌのマキリ

前記事:アイヌの伝統工芸なんて個人作家からのパクリ (2019/04/24)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1913.html



……誤解されたくないので、蛇足ながら前記事の補足を。
私は皆様に対し、金カムを読むなとは申しません。そんな権限もない。
単に、エンターテイメントとして楽しんでいらっしゃるだけなのですし。

ただ、アイヌ聖地巡礼や、協会が主催するイベントには、
出向かない方が賢明かと。犯罪組織とは関わらないのが一番です。

 アイヌ聖地巡り、行っても良いけど食中毒に注意して! (2018/10/19)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1845.html



野田先生は完全に取り込まれてしまったようですが、
作品自体を違法性には問えない。日本は法治国家ですからね。

善意から、これだけの宣伝をして下さる作家先生です。
アイヌ協会側も、滅多な扱いはしないでしょう。



***



以前にいらしたんですが、 文化人類学者の河野本道先生。
近隣の図書館を駆けずり回って、やっと一冊、著書を見付けました。
アイヌと、シベリア少数民の生活用具を比較研究した内容でしたけれど。

河野先生が、どれだけアイヌを愛して下さっていたか。
伝わって来るんです。有り難くて、涙が零れて来ました。

そんな先生を、アイヌ協会は裏切ったんです。
人権商売の邪魔になる人間は、誰でも差別主義者ですから。


※抜粋
 河野本道は、昭和58年から平成5年までアイヌ協会(当時はウタリ協会)で『アイヌ史』の編集委員を務めていた。これには私の姉のチニタも関わっていた。しかし、『アイヌ史』の編集作業に際し、原稿をまったく入れないどころか、協会に都合の悪い記述の訂正ばかり求めるアイヌ協会の体質に苦労しながらも、客観的な編集姿勢を貫かれた。
 それを気に入らなかったアイヌ協会は、彼に『アイヌ史』の編集作業を一任しながらも、出版されるや、アイヌ差別であると、河野に対してなんと損害賠償請求を起こしたのだ。
※砂澤陣著、「北海道が危ない!」p71-72/育鵬社2016.09



一度関わってしまった以上、野田先生は協会に逆らわない方が安全です。
打ち切りなんてことになったら、ファンの皆様にとっても悲しいでしょうし。

ヘタに動けば、作家生命を絶たれますよ。
失礼ながら、人権ヤクザの攻勢に堪えられるとも思えない。


それに、私が好む人類学の本も、軒並み、
アイヌ先住民族信仰に毒されていますしね(^▽^;

一部の保守活動家の間では、
国立科学博物館の篠田謙一先生に対し、
不可思議な信仰が生まれているようですが。

「アイヌの先住性を否定する研究をする国士ダー!」、とか?


思いっっっ切り、信じていらっしゃいますけど???(゜。゜;
「先住民族アイヌ」と云うフィクションを。

年代から言っても、教科書的に日本国憲法を信じていますしね。
あの世代は仕方ないんです。真面目な優等生ほどそうなってしまう。



科学者は、科学者の仕事さえ
きっちりやってくれれば、文句はありません。

何処にも違法性はないのですし。

イデオローグと学問、あるいはエンターテイメントは、
別の基準で語られるべきものでしょう。




2019/04/28  不破 慈(曾祖母はアイヌ)   ※タイトル変更、5/20

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


違法性云々の判断に関し、解り易い事例を。
今年2月に、CITY HUNTERの劇場版最新作が公開されました。
そこに、「御国真司」と云う武器商人が登場します。

コレ、私達を皮肉っているんですよ。「御国信じ」って。
左巻きからすれば、我々保守活動家など、戦前回帰のカルト信者ですから。

しかし、この手法は「アリ」なんです。
スタッフはきちんと、創作のルールを守っています。


以前のTVアニメ版では、「3」において、
オウム真理教・サブリミナル事件を起こしました。
コレは絶対にやってはいけない事です。ルール違反です。

勿論、この一件はアニメ製作側(あるいは局)が起こした問題であって、
原作者の北条司先生には関係のない話です。 ※政治思想は存じませんが


[タグ未指定]
[ 2019/04/28 16:33 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(0)

アイヌの伝統工芸なんて個人作家からのパクリ

中川裕著、アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ、集英社新書
※中川裕著、アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」/集英社新書2019.3




アイヌ協会の御用学者(中川裕)が書いた本です。
表紙に、金カムヒロインの女の子が描かれていますね。

彼女が手にしている工芸品や装飾品は、
野田サトル先生が、藤戸幸夫氏の作品を参考に描かれたものかな?
別に、個人の作品に文句はありません。それが漫画でも、現代アートでも。


さて、博物館や資料館などで、「アイヌの伝統工芸」と銘打ち、
経年処理が施された、小刀や彫刻を目にしたことがあると思います。

残念ながら、本物(の伝統工芸)はこちらです。




国立スコットランド博物館所蔵、イザベラが持ち帰ったアイヌのマキリ
※ツイン・タイム・トラベル イザベラ・バードと旅の世界(p56)/金坂清則/平凡社 2014.09

イザベラ・バードが持ち帰ったアイヌのマキリ(小刀) (2018/09/01)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1822.html





……一般に知られた、「アイヌの伝統工芸」なるものは、
砂澤陣さんのお父様である、現代アートの巨匠、故・砂澤ビッキが、
あくまで、「個人の作品」として、考案なさったものなんですよ。

死後にデザイン帳が盗み出され、気が付くと「伝統工芸」として登場し、
アイヌ協会の御用学者によって、学術研究の対象にまで引き上げられました。



個人から盗んだ「伝統」を養分に、
現代のアイヌ文化が華開いております。






2019/04/24  不破 慈(曾祖母はアイヌ)   ※人名修正(4/28)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


窃盗犯は秋辺得平。チュチェ思想の信奉者です。
以下、砂澤陣さんのブログから、一部をご紹介します。

……秋辺が犯した違法行為については何の解決もしていない状況で、アイヌ協会を形式的に除名された形にはなっておりますが、秋辺自体は、まだ公然と「アイヌ利権活動を続けています」
朝鮮との関係も深く金日成主席生誕100周年の記念に朝鮮学校で金氏の木像を作成する関係にもあり
沖縄大学と喜納昌吉との関係も深く長年に渡り左翼活動にアイヌの助成金を垂れ流していた張本人でもあり、アイヌ住宅購入資金による土地転がしやアイヌ文化活動という名目で荒稼ぎをしていたアイヌ協会の典型的人物……

アイヌ協会元釧路支部長兼副理事長『秋辺得平』こと『成田得平』(2013/01/04)
http://koushinminzoku.blog117.fc2.com/blog-entry-289.html


パチンコ屋に税金を注ぎ込むようなもの。


[タグ未指定]
[ 2019/04/24 10:43 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(10)

江戸の化粧は命懸け ~毒を含む鉛白粉(なまりおしろい)

江戸の化粧は命懸け ~毒を含む鉛白粉


薬屋のひとりごと」にハマりました。も~激々に激ハマリ!(≧▽≦)
原作小説はまだ読んでいませんが、漫画版を書店で手に取り、真っ逆様。
「どこまで私のツボを心得ているのよ、キャッホウゥウ!」と、心の中で絶叫し、
銀魂の始末屋さっちゃんが如く舞い上がっております。ご馳走様です(←???)
※ネタが解らない方、ゴメンナサイ

えっと、サンデーGXとビッグガンガン、両誌で違う漫画家さんが同時連載?
でもって、私が手に取ったのは、ビッグガンガンに掲載された方の単行本?
なんかも~、よく解らないので、ピクシブ百科事典をご覧下さい★(←)
架空の国が舞台ですが、分類は中華風ファンタジーになるみたい。

ピクシブ百科事典:薬屋のひとりごと
https://dic.pixiv.net/a/%E8%96%AC%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%94%E3%81%A8



……で、ここからが記事本題。

作中に、「毒を含む高級白粉」が登場するのですが。
コレ、原料に鉛が使われているものなんですよ。

おしろい焼け」なんて言葉もあるくらいですから。
使うほどに、本来の肌は茶色く、劣化していった様子です。

……って、そりゃそうだろ(沈)



手持ちの本に、京都の遺跡から出土した、
江戸期の人骨を調査した話が載っているので、ご紹介しますね。


※一部引用
 江戸時代を通じて、骨の鉛濃度は現代人よりも高い水準にあった。ことに女性と子供では、中期から後期にかけて死亡した者の骨で高くなる傾向があり、なかには、とびぬけて高い値を示す骨があった。ちなみに、犬の骨も人骨と同様に高い濃度を示したが、猪や豚の骨では現代の水準と変わらなかった。
(略)
 当時の白粉は鉛を成分にしていた。元禄期以降、白粉問屋が販売網を拡大させたなどの記述が見られるように、当時の世相を反映して、ことに武家や商家の女性たちの間では白粉塗りが流行したのではあるまいか。もちろん、白粉だけが原因ではなかろう。建物の装飾や錆止めには、鉛丹という赤褐色の顔料が用いられたようだし、陶器類の釉薬に、膏薬や丸薬の糖衣のために、鉛が多用されたようだ。
※片山一道著、「骨が語る日本人の歴史」p149より、ちくま新書1126(2015.05)



勿論、鉛白粉は江戸期に限った話じゃないんです。
古代から、洋の東西を問わず、ずっと使用されていて。
でも高級品ですから、一般人には手が届きませんでした。

それが、庶民文化が華開き、人々の生活が向上した江戸時代、
それも後期になるほど、鉛害(汚染)に悩まされるようになるなんて。

せいぜい、中流階級の女性アイテムだったにしても。ちょっと皮肉ですね。




2019/04/20  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

宜しければ、アイヌ問題の記事もどうぞ~★
  女子13歳ともなれば、昔はお嫁に行く年齢 (2018/07/13)
   http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1814.html

[タグ未指定]
[ 2019/04/20 12:02 ] 保守活動 -4.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(2)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

アニメ開始に託けて二次ネタを増やす予定です。その他、母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[1]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[3]


ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。