二番目の山羊

ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。先ずは横並び6件の記事からどうぞ!(PCの方)

分断工作でしょ? ~前記事の補足的に

皇室ヘイトの人と、
神経発達障害ヘイトの人と、
「DNAでアイヌ判定しろ」って
叫ぶ人の論調がそっくり。




以前から薄々、勘付いてはいたのですが。
年末ですし、保守内も大掃除が必要ですし。
コレを機にアップしておくのも良いかと思いまして。



***



皆様ご存知の通り、私は神経発達障害の当事者です。
ごく軽度ですが、自閉を抱えています(これでも)。

そして、私のようにIQ(知能指数)が高いクラスを、
便宜的にアスペルガー症候群(タイプ)と呼んだりします。
まぁ正確には、言語性IQが動作性IQより10P以上高くて、
はじめて「疑い(可能性)アリ」となるのですが。

逆のバージョンだと、高機能自閉症の扱いになります。
それらをまとめて広汎性発達障害、即ち自閉症スペクトラム。
その他ADHDやら学習障害やらを含めて、神経発達障害です。


そして、余命様でも警告されていました通り、
皇室ヘイトをする人達と、神経発達障害ヘイトをする人達は同じです。
悠仁様に対しても、愛子様に対しても「発達障害ガー!」と叫んでいる。
拙宅で、この辺は説明しました。  (↓)クリックで該当箇所に飛びます。

【小休止】 反皇室ブログは病身舞?(2017/07/28)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html#fushimi



***



そもそも、私は保守界隈に跋扈する
神経発達障害ヘイトをどうにかしたくて、活動を開始したのです。
否、この説明は正確じゃないですね。保守云々は抜きにして、
ネット空間のいたる所で、ヘイト文言が踊り狂っていました。
保守までバカでは、本当に国が滅んでしまいます。

そうこうするうちに、協会の不正を告発する
砂澤陣さんの活動を知り、アイヌ問題にも足を踏み入れました。
無関係に育ったとは云え、私もその血を引く一人。
義を見てせざるは勇なきなり、です。


暫くは自閉症の話も封印しなきゃ、って気張ってたんです。
でも、途中で気付きました。



差別文言垂れ流してるの、
同じ人達じゃん!( ̄〇 ̄;



……メインの担当はそれぞれにあるようですが。





[タグ未指定]
[ 2017/12/12 15:09 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ問題 | TB(0) | CM(0)

「DNA判定しろ!」 ~ネットユーザーの擬態科学

DNA解析をしたところで、
アイヌか否かは判定できません。




このところ、砂澤陣さんのブログで
繰り返し、注意喚起がなされていました。

 後進民族アイヌ  http://koushinminzoku.blog117.fc2.com/

時折、ネットのSNS等でアイヌのDNA云々論を真顔で語っている人を見かけるが・・・・・
本気で書いているのか?と疑いたくなるコメントが溢れていることに呆れてしまう
呆れるというよりも所謂アイヌ利権側の落ちこぼれ研究者やアイヌコンプレックスのアイヌ屋と同じベクトルでアイヌ論を展開しているのを見て顎が外れそうに……
後進民族アイヌ DNA云々論




二言目には、「DNA解析しろ!」と叫ぶネットユーザーがいるらしく。
なんでも、それにより「本当にアイヌ民族か否か判定する」のだそうで。



だから、アイヌ民族なんて
最初から何処にもいないよって
何度も説明してんじゃん!( ̄〇 ̄;




「アイヌ」の名称が使われるようになったのは、幕末~明治以降です。
北海道の何処にも、統一された民族なんて存在しませんでしたし、
何か呼び名がないと不便だから、「アイヌ」と呼んでいるだけで。

つまり、民族の名称どころか、
実在したどの部族の名称としても使われていなかった。

現代の観点から、「アイヌ集団」「アイヌ社会」、
「アイヌ文化圏」といった表現をすることはできても、
「アイヌ民族」や、まして「先住民族アイヌ」は違うでしょ?




そして、このアイヌ問題の本質は、
実態のないものに先住権を与え、補助金を出し。
障害も疾病も抱えていない人間に生活支援をする。

それにより、何が起きたか。
協会にコネがあれば補助金ガッポリ。
子供の大学進学だって、全部タダ。
通学の実態がなくても、費用は全額、懐に。

幹部役員のハンコ一つで、
国民の血税を、自分の財布として
使い込める制度を確立してしまったことです。




DNA云々を騒いで、何が解決するの?





[タグ未指定]
[ 2017/12/05 19:19 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ問題 | TB(0) | CM(0)

自閉症ワクチン説・補稿 ~水銀防腐剤が原因なら、水銀中毒でしょ?

【自閉症ワクチン説・補稿】
 自閉症も水銀中毒も、
  脳神経への障害として出る。





神経発達障害のお子さん(大人でも)には、
代謝経路に問題を抱えるケースも多いんです。

代謝経路は、食品からの栄養摂取のみならず、
有害物質の解毒作業にも関わってきます。

つまり、代謝経路にハンデを抱えるお子さんが、
ワクチン中の水銀防腐剤チメロサールを上手く排出できず、
水銀中毒として上乗せされ、障害が重症化している可能性は?



実は、チメロサールが控えられるようになって以降も、
神経発達障害の有病率は、減少するどころか増加しています。

だからこそ、自閉症ワクチン説は否定されてきたのです。
しかし冒頭のように考えるなら、その事実と矛盾しないのでは?

問題が代謝経路にのみ存在し、そこから発症したケースもあるかと思います。
で、あるならば。それこそ本来の自閉症とは何の関係もない、水銀中毒です。



***



では、ウェイクフィールド論文で問題視されたMMRは?

MMRは生ワクチンです。
ウィルスが弱毒化され、生きているものです。
殺菌効果のある水銀なんて混入させたら、ワクチンとして成立しなくなる。

 ※日本でもよく行われた種痘が、この生ワクチンに類するものです。
   ウエボソ(植え疱瘡)と言って、アイヌもやってもらっていました。



前記事で私が抱える自閉症スペクトラムについて触れたので。今回は、巷を騒がす自閉症ワクチン説について解説します。先ずは、大隅典子先生の著書から引用します。脳神経や遺伝子の基礎研究に携わっているお医者様で...
夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説






[タグ未指定]
[ 2017/11/29 14:18 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

福島から水力エネルギーを発進!発信!全速前進!

今あるダムで
年間2兆円超の
電力を増やせる。


by竹村公太郎



【福島水力発電促進会議】
 https://www.fukushima-suiryoku.com/

安積疏水十六橋水門、福島水力発電促進会議の頁より



↑ 写真は明治13年(1880)に建造された、
安積疎水十六橋水門(あさか・そすい・じゅうろっきょう・すいもん)。
猪苗代湖(いなわしろこ)をダム化する時、設置された門なんです。

福島県の猪苗代湖。
琵琶湖・霞ヶ浦・サロマ湖に続いて、日本で4番目に広い湖です。


 会津富士と名高い磐梯山が聳え立っていてね~、
 縄文時代の土器とかも発掘されているんですよ~★
 ♪エンヤー、会津磐梯山は宝の山よ~♪~θ(^0^ )



…………スミマセン、話を元に戻しまして。 (←)



福島水力発電促進会議
2017年6月18日付で発足したそうです。
私はTVを観ないので判りませんが、NHKでも報道されたそうで。
ご覧になった方はいるでしょうか?




[タグ未指定]
[ 2017/11/18 10:52 ] 保守活動 -2.東北蝦夷・福島原発 | TB(0) | CM(0)

【原発7】 セシウムは除去できる! ~20km圏内、復活の牧場

【原発・7】
 福島第一原発20km圏内
  浪江町末の森 ~復活の牧場~



浪江町末の森山本牧場の元気な牛たち、2012年8月

広い囲いの中で頑張っています、浪江町2013年8月4日 福島第一20km圏浪江町で牛のセシウム検査を行う高田純医師、2012年2月4日 現地での個人線量調査および地表のセシウム面密度調査からの実線量評価のまとめ
※下画像3枚はクリックで拡大(194KB、45KB、195KB)




(引用)  ※高田純医師[写真中央]の著書より

 震災2年目の2012年正月明け、札幌医科大学物理学教授室に、福島県から年賀状が届きました。その差出人は、前年4月の最初の調査で偶然、現地で会った元浪江町議会議長の山本幸男氏でした。そのとき、私は牛たちの科学調査を約束したのです。
 避難先がわからず音信不通でしたが、届いた年賀状にあった携帯番号に、私はすぐに電話しました。
「札幌医科大学の高田純です。お元気ですか?」
「通行許可証があり、今も、牛の世話に行っています」
「私は、生きたままの牛の体内の放射能を計測できます」
「それはありがたい、ぜひ、浪江に来てください」

  (略)

「政府対策本部は、浪江町から二本松市への避難者に対する甲状腺中の放射能検査もしなければ、安定ヨウ素剤も一粒も配布しなかった、とんでもない」と、私は話す。
「浪江に取り残された牛も放置し、殺処分を勧めるだけで、非道だ」と牛農家。
牧草地の表土を10cm深さで削りとれば、セシウムは除去できる。きれいな草や飼料を与えれば、牛の体内は急速にきれいになる」


(高田純著、「決定版・福島の放射線衛生調査」、p133-136より)




***




私にも牧場をやっている親戚がいますし、
福島県内の畜産農家のために強調したいのですが、
放射性セシウムは、怖がらなくて大丈夫です。

そもそも、チェルノブイリとは
放出された線量の次元が違うと何度もお話しました。
でも、それだけじゃないんですよ?



放射性セシウムは、
体内に摂取してしまった場合も、
追い出すことが可能なんです。







[タグ未指定]
[ 2017/11/10 10:42 ] 保守活動 -2.東北蝦夷・福島原発 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

自らの障害に関連する記事が多くなりますが、ご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html


ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。